ソイワックスを使った蜜蝋キャンドルの作り方【簡単!】

キャンドルブッシュ

蜜蝋とは

蜜蝋(蜜蝋、Beeswax、Cera alba)はミツバチ(働きバチ)の素を構成するロウを精製したものです。

ロウは働きバチののロウ分泌線から分泌され、当初は透明であるが、巣を構成し、巣が使用されるにつれ花粉、プロポリス、幼虫の繭、さらには排泄物などが付着しています。

養蜂において蜜蝋以外のものを基礎として巣を構築させた場合、それらが蜜蝋に混入する可能性もあります。精製の方法には太陽熱を利用する陽熱法と、加熱圧搾法があり、効率の点では加熱圧搾法のほうが優れています。

最大の用途は、クリームや口紅など化粧品の原料で、ロウソク、ワックス、クレヨン、接着剤、ガム、リトグラフ、エッチング、ろうけつ染めなどにも用いられます。

ロウソク作りにおいては、パラフィンワックス製のものに融点を高める目的で混ぜられる場合もあります。

蜜蝋の通販サイト

キャンドルスタジオ代官山/キャンドル専用材料ショップ…キャンドル制作に必要なワックスを販売しています。

蜜蝋キャンドルの作り方

ハーブを使ってのクラフト及びアロマキャンドルの作り方を紹介します。

天然素材の蜜蝋を使って作られたキャンドルは、火をつければ優しい甘い香りが楽しめます。揺らめく小さな灯火から心癒される時間が得られるでしょう。
また、エッセンシャルオイルを使うことで、室内香として使えます。パラフィンなどで作ったロウソクより煙が少なく安心して使うます。

市販されているシリコン型で作る簡単なロウミツキャンドルの作り方です。国産はちみつ「みつばちの郷」の公式通販サイトで紹介されています。

岐津兼養老町より「顔の見えるはちみつ」を全国の届けています。養蜂家にもお客様にもより近いハチミツ屋を目指します。

市販のシリコン型を使用した蜜蝋キャンドルの作り方を紹介しています。

花のデザインで蜜蝋キャンドルの作り方

今回は、天然素材の蜜蝋と、どこでも入手できるロウソクを使って、かわいいお花のキャンドルを作りました。

土台部分はロウソクを溶かして作っており、フラワーの部分は蜜蝋から作っています。
少し手間のかかる作業ですが、フラワーの作り方は花びらを一枚ずつ作る方法ではなく比較的簡単です。

今回は、天然素材の蜜蝋と、どこでも入手できるロウソクを使用して、かわいいお花のキャンドルを作りました。

蜜蝋を使ったローズのレシピです。制作方法は、本格的に教室で教えている技法と同じです。
また一度作った花びらは、温度が下がってしまうと、柔軟性が無くなり手で形成しづらくなってしまうため、お湯を用意し、必要に応じて湯につけながら作業するのが良いでしょう。

ロウで蜜蝋キャンドルの作り方

ロウミツキャンドルの作り方もあります。手作りハンドメイド好きの方にアロマキャンドル、ハンドメイドリップクリームも簡単レシピですぐにできます。

パームで蜜蝋キャンドルの作り方

キャンドルスタジオ代官山のキャンドルアーテイスト(兼ショップスタッフ)のブログに紹介されています。

パームワックスとはパーム(ヤシ)の葉っぱを精製した植物性のワックスです。パームワックスにはフェザータイプとクリスタルタイプがあり、その名の通り、フェザータイプは固まると羽根のような模様が浮かび上がり、クリスタルタイプは、キラキラと輝く綺麗な雪の結晶のような模様が浮かび上がります。
このレシピはパームワックスをモールドに注ぐだけで手間はさほどかかりませんが、パームワックスの特性を理解し、注ぐ温度や固める速度による模様の出方の違いなどを考慮する必要があります。

ソイワックスで蜜蝋キャンドルの作り方

ソイキャンドルを作りました。ラジオDJのなりたまさみの日々の音楽ライフで紹介されています。

地震で用意した容器にオリジナルのタッセルつけて、大豆ワックスを注いで作るソイキャンドルの作り方が紹介されています。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル手作り資格

口コミや評判で人気!キャンドルアドバイザー認定試験を卒業と同時に資格取得!

仕事でキャンドルアドバイザーの資格を取得する事になり独学で勉強したのですが落ちてしまい、 ネットで調べていると試験を受けずに資格の取得方法…

ページ上部へ戻る