紙コップでキャンドルの作り方【はがれない&くっつく時の対処も!】

キャンドルブッシュ

かわいいキャンドルが簡単に作れます

キャンドルには色々なデザイン、色、形がありついついコレクションしてしまいます。買うと結構よい値段がしますし、ここが功だったらと思うこともあります。
今回は、100円均一ショップの材料や自宅であるもので簡単にオリジナルキャンドルを作れる方法を紹介いたします。

キャンドルの作り方

材料

・なべ(大)ひとつ
・なべ(小)ひとつ(100円ショップ)
・ろうそく3号 4本(100円ショップ)
・クレヨン 一色(100円ショップ)
・紙コップ ひとつ
・カッターナイフ
・割りばし 4本
・輪ゴム ひとつ
・ガスコンロ(キッチンのコンロでかまいません)
・新聞紙
・キッチンペーパー
・はさみ
・チャッカマン
・なべ敷き

作り方

①なべ(大)に水を入れ、火をかけます。できるだけお湯はロウソクを湯煎で溶かすために利用します。火はお湯が沸騰したらとろ火にしておきます。※注意:ロウソクをなべに入れて直接火にかけないようにしてください。高温(約220℃) になると発火してします恐れがあります。

②ロウソク4本をなべ(小)に入れます。このとき、ロウソクを割って入れると溶かす時間を短縮できます。

③ロウソクの入ったなべ(小)をお湯の入ったなべ(大)に入れ、湯煎でロウソクを溶かします。

④ロウソクが完全に溶けたら、残ったすべての芯をキッチンペーパーの上に取り出します。この芯のうち一本は、これから作るキャンドルの芯に再利用します。

⑤芯を一本取り、キッチンペーパーで覆いながら、余分なロウをこそぎ取り、芯をまっすぐにします。※注意:芯は熱くなっているので十分キッチンペーパーで覆ってください。

⑥割りばし2本を輪ゴムで止め、⑤の芯をはさんで、紙コップ(または使用したい容器)の中心にたらします。

⑦クレヨンをカッターナイフで削ります。

⑧削ったクレヨンを溶けたロウソクの中に入れます。
⑨たまに湯煎をしながら、クレヨンを完全に溶かします。色の濃さはお好みで調整してください。

⑩色のついたロウソクを、⑥で作った紙コップに流し込みます。このとき、割りばしを使って注ぐとこぼれにくくなります。

⑪ロウソクが入っていたなべは熱いうちにキッチンペーパーできれいにします。※注意:なべは熱いので注意してください。また、このなべではもう食べ物は料理しないようにしてください。
⑫ロウソクを常温でおいておけば、約1時間半~2時間で固まります。このとき、水につけておけば、固める時間を短縮できます。

⑬はさみで紙コップに切り込みを入れ、あとはびりびり破いていきます。切り込みをしっかり入れることで、くっつく・はがれない原因を防ぎます!
⑭はさみで芯を約1センチ残して切り取ります。

これで完成です。火をつけるときは、ロウが垂れてもいいように、キャンドルの下に燃えないお皿などを敷いておきましょう。火をつけたら、キャンドルのそばから絶対に離れるようにしてください。

アロマキャンドルやかわいいケース入りキャンドルも作ろう

紙コップを使用しましたが、お気に入りのガラスケース、マグカップ等かわいい容器を使用するのも楽しいです。ただし、熱に弱いケースは使用しないでください。

アロマキャンドルの簡単な作り方

上記基本の⑧の段階で、アロマオイルを垂らして入れると簡単アロマキャンドルも作れます。数的垂らし入れながら、お好みの香りに調整してください。

アロマオイル自体やクレヨンの量が多すぎると香りが消されてしまうこともあるようなのでご注意ください。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピキャンドルレジン

キャンドルデザインマスター認定試験の口コミや評判まとめました!合格してアーティストの仲間入り?

女性に人気のアイテムのキャンドルを使用して、癒し効果などを作り上げる人気のキャンドルデザインマスターについて ご紹介させていただきます!人…

ページ上部へ戻る