100均のLEDキャンドルライトでおしゃれなインテリアの作り方

キャンドルブッシュ

キャンドルで部屋をお洒落に飾りたい!夏は高温多湿、キャンドルの火は気が重たくなります。
それに火がついていると置き場所も制限があるし、子供がいると危ないですね。もう、そんな心配は不要です。今回は100均で手に入るLEDキャンドルライトを使った手作りキャンドをを紹介いたします。
キャンドルづくりには、ダイソーやセリアにあるLEDキャンドルライトが使えます。本物の炎みたいな雰囲気と明るさをもった光の炎です。きっと、あなたのお部屋の雰囲気を盛り立てます♪

LEDキャンドルライトとは

キャンドル(ろうそく)の炎に似せたLEDライトです。消費電力は小さく、熱はほとんど出ません。更に、キャンドル(ろうそく)の炎のように二酸化炭素や、ススによる部屋の汚れを気にしなくてすみます。夏でも静かに落ち着いた気分を楽しむことが出来ます。

100均で買えるLEDキャンドルライトは、本物のキャンドルのように、お部屋をほんのり照らしてくれます炎のユラユラと揺れる様がうまく再現されていて、じっと見ていると、ほっこりとした気分にしてくれます。

電池で点灯します。わざわざコンセントにつなぐ必要はありません。

LEDキャンドルライトを探そう

お洒落なキャンドルづくりも、出来るだけお金をかけないで作りたいもの。安心して下さい。ダイソーやセリアで材料は手に入ります。それどれの店に置かれているLEDキャンドルライトにも特徴があります。それをいくつか紹介いたします。

ダイソーのLEDキャンドルライト

  • LEDキャンドルは小ぶりですが2個で100円となっています。
  • 電池はテスト用なので、長時間の保証はありません。新しい電池の準備もお忘れなく。
  • 点灯スイッチはキャンドルライトの下にあり、表からは見えないようになっています。
  • ホルダー付きのLEDキャンドルライトもあります。
  • ホルダーをLEDキャンドルライトにかぶせます。間接照明としてお部屋の雰囲気を引き立てます。

セリアのLEDキャンドルライト

  • ダイソーにあるものより、少し背が高めになります。
  • センサースイッチが内蔵されており、フッと息を吹きかけるとキャンドルのライトが消えるようになっています
  • 明かりの色は、透明色の他、何種類かあります。

LEDキャンドルライトでおしゃれなインテリアの作り方

LEDキャンドルライトの幻想的な炎は魅力的です。小物との組み合わせで、お洒落なキャンドル雑貨に変身します。光の炎は火災の心配もなく、クラフトバッグなどの紙質と一緒に使っても安心です。さらに、小型で軽く、飾りビンに入れたり、吊るしたり、いろいろな飾りつけに挑戦できます。

長期に使用してもススでお部屋が汚れることもありません。「あれと組み合わせたら・・・」と考えることが楽しくなります。

模様の入った和紙の筒にキャンドルライトを入れました。和紙の落ち着きと、ほのかな光の融合です。

要らなくなった排水口のゴミ受けを利用しました。全体をアンティーク調に見せるために塗装しています。LEDキャンドルライトにも塗装をしました。

クラフトバッグにLEDキャンドルライト入れました。袋から漏れてくる暖か味のある光は格別です。無地のクラフトバッグに内側にレースシートを貼るとオリジナルの一品ができます。

使わなくなったランタンを利用しています。一緒にドライフラワーなどを入れるのはどうでしょう。

私たちは日常をエネルギッシュに働いていますが、時々、好きな音楽を聴いたり、肉体と精神を休めたいという気分になります。チョロチョロと揺らぐ光火(ひかりび)は何も求めず、静かに語りかけるようです。是非、喧騒(けんそう)を忘れたひと時を大切に。

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピキャンドルレジン

キャンドルデザインマスター認定試験の口コミや評判まとめました!合格してアーティストの仲間入り?

女性に人気のアイテムのキャンドルを使用して、癒し効果などを作り上げる人気のキャンドルデザインマスターについて ご紹介させていただきます!人…

ページ上部へ戻る