キャンドルのリラックス効果8選【お風呂や睡眠前に!】

キャンドルブッシュ

お風呂とキャンドルのリラックス効果

お風呂に入るとリラックスできることは、みなさん毎日の生活で経験していると思います。お風呂でキャンドルを灯すと、キャンドルの炎の揺らめき1/f(エフ分の1)と呼ばれるゆらぎで人をリラックスさせる癒しの効果があります。
お風呂に入ることにより体の外側から、キャンドルを灯すことで体の内側から癒されましょう。

お風呂の疲労回復やリラックスを引き出す効果

温熱効果

温かいお湯に浸かることで体が温かくなり、血管が拡張して血液循環が良くなり、体の老廃物が汗と一緒に排出され、新陳代謝が高まります。

水圧効果

湯船に入ると全身に水圧がかかりマッサージ効果があります。

浮力効果

お湯につかると浮力が働くため、身体が軽くなり、関節や筋肉にかかる負荷が減少し、筋肉の緊張が解きほぐされます。

キャンドルのゆらぎ効果

キャンドルの炎の1/fのゆらぎは、脳のアルファは状態に整える効果があります。1/fゆらぎとは、星の瞬きや、波、人の心拍数、小川のせせらぎ、そよ風など、自然現象に見られるリズムのことです。
人間の鼓動も同じリズムを刻んでいますので、心に快感と癒しをもたらしてくれるリズムなのです。
キャンドルが燃焼する際に発生する微量の水分からマイナスイオンが放出され、空気の対流により部屋中に広がります。

キャンドルのくつろぎ効果

キャンドルの炎の明るさは、落ち着いた雰囲気を作り出す効果があります。キャンドルを灯すことにより普段と異なるくつろぎの空間を演出できます。

キャンドルのアルファ波を出す効果

リラックスしている時や集中している時の脳は、アルファ波の状態となります。キャンドルを灯すとアルファ波が出るので、心も体も良い状態に整えることができるのです。

キャンドルの心を落ち着かせる効果

炎のオレンジを見ることにより、料理をおいしく見せたり、心を心を穏やかにする効果もあります。悩みがあるときに、炎を見ることにより心を炎に投影させるセラピーの効果もあります。

アロマキャンドルの使用効果

マイナスイオン効果

アロマキャンドルは燃焼することにより大量のマイナスイオンを発生させます。

燃焼中のキャンドルから放出されるマイナスイオンの数は20,000個/cmと言われており、森林や滝から放出される3,500 ~5,000個をはるかに上回ります。

アロマキャンドルを灯すことにより森林浴以上のマイナスイオンを味わうことができるのです。

消臭効果

アロマキャンドルの効果は、タバコや部屋の嫌な臭いを消す効果があります。キャンドルの炎が空気中にある嫌な臭いの微粒子成分を燃焼し臭いを消してくれるのです。

タバコ、トイレ、ペットのにおいが気になる場合は、キャンドルを灯すことで良い効果をもたらします。

集中力アップ効果

ラレベンダーの香りのアロマキャンドルは、集中力をアップさせます。集中力アップは新しいアイデアや思考力の向上という効果をもたらします。

お風呂におすすめ!「ぷかぷかキャンドル」

お風呂に浮かべて楽しめる「ぷかぷかキャンドル」には12種類の色と香りがあります。

お風呂でも大丈夫なLEDキャンドル

火が心配だったり、臭いが苦手という方には、お風呂に持ち込めるLEDキャンドルがあります。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル手作り資格

口コミや評判で人気!キャンドルアドバイザー認定試験を卒業と同時に資格取得!

仕事でキャンドルアドバイザーの資格を取得する事になり独学で勉強したのですが落ちてしまい、 ネットで調べていると試験を受けずに資格の取得方法…

ページ上部へ戻る