大人気!キャンドルセラピーとは【効果とやり方もご紹介★】

キャンドルブッシュ

キャンドルセラピーとは

キャンドルに火を灯し、ゆらゆらした火を見ていると不思議と落ち着いてくる、そういう経験はありませんか。キャンドルにアロマオイルが含まれていると、なお良いです。

キャンドルセラピーを一言でいうと、キャンドルを灯しそれを眺める資格からの癒しとアロマテラピーによる収穫からのアプローチを融合させたものといえます。

キャンドルセラピーの効果

どのようにリラックスするのでしょうか

キャンドルを灯してリラックスしている方は、結構いらっしゃると思います。悩み事があったり精神的に不安定な時にキャンドルの灯しは、人の心を落ち着かせるものです。

キャンドルの炎を見ることは、脳内にベータエンドルフィンなどの快感ホルモンを分泌させて心地よい状態を作りだします。

このようなの時に人はリラックスして癒しを感じるものです。

精神統一、精神安定、集中力増加などを養う療法にも取り入れられ、不眠解消にも効果があるといわれています。

なぜ心地よくなるのでしょうか

ロウソクの炎のゆらぎは、人のこころを落ち着かせるものです。炎のゆらぎは、「1/fゆらぎ」と言われるものです。

これは自然界に存在する川のせせらぎ、月の光、小鳥のさえずりなど規則性と不規則性の間にあるリズムです。

炎のゆらぎのリズムは、人間の心拍数のリズムと同じであるため、見ているうちに落ち着いた気分になるのです。

また、炎のオレンジの色は料理を美しく見せたり、心を穏やかにする効果もあります。

悩みがあるときに、心を炎に投影しやすいから心を落ち着かせる効果があるのです。

キャンドルに火を灯した際に発生する微量の水分から、多量のマイナスイオンが発生して通常のい森林浴をはるかに上回る効果があります。

さらにキャンドルの光は色、温度が低いので落ち着いたくつろいだ雰囲気を作り出す効果もあります。

効果的なキャンドルセラピーのやり方

キャンドルセラピーには、こうでなくてはいけないという決まりはなく、幅広く利用することができます。

眠る前に寝室で灯しておくと、深い眠りにつけるようになります。ずっと見ていなくともキャンドルの炎の灯されている空間にいるだけでも効果があります。

お風呂の中でゆったりとお湯につかりながらお風呂の灯りを消してキャンドルの炎を見ることもできます。

お風呂に岩塩を入れると、塩で体についた疲れや汚れを取りさり、キャンドルの灯りでこころを落ち着かせることができるのです。

キャンドルセラピーを利用してリラックスすることは、自分を見つめなおす貴重な時間ともなります。

キャンドルセラピーが人気の理由

キャンドルセラピーは、疲れた方やリラックスしたい方に簡単にできる方法です。自宅に居ながらにして寝室でもお風呂でもリフレシュすることができるのです。

・疲れている方

・リフレシュしたい方

・心がつらい方

・悩みがある方

・悲しいことを忘れたい方

キャンドルさえ購入すれば、簡単にリラックスできるので試してみる価値は十分にあります。

時間がなくとも温泉に行けない方でも、自宅に居ながらにしてキャンドルを灯すと場所を選ばずに心を体をリラックスできるのです。

キャンドルセラピーを利用され、少しでも多くの方の心と体が癒されることを期待しております。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格人気

キャンドル資格ランキング

たまには電気を消してキャンドルのもとで幻想的な時間を・・。お風呂に浮かべて優雅なバスタイムを・・。枕元に置いてリラックス効果を・・。今、日常…

ページ上部へ戻る