キャンドルの炎の火について

キャンドルブッシュ

キャンドルを使うときには火をつけますが、この火の存在に疑問を持ったことはないでしょうか?

どうして燃えるのか、燃えるとはどういう状態なのか、考えると不思議なことだと思います。

そこで、ここではその火について、いろんな角度から見ていきたいと思います。

火がつくとはどういうことか

燃えるという定義は、「燃料と酸素の強い発熱を伴う酸化反応および、それに関連した諸反応」となっております。

ちょっと曖昧でわかりにくいですが、実はこの燃えるというメカニズムについては、いまだはっきりとしたことがわかっていないのです。

このことについては、あとで燃焼のサイクルを説明するときに、附せてお話していきます。

火の温度はいったいどれくらいなのか

火をともすものはキャンドル以外にもいろいろありますが、種類に関係なく、火の温度は約2200℃前後になります。

かなり高温ですがね。理想的な条件・状況で火をつけることができれば、どんなものでも変わりません。

しかし、あくまで理想的な条件がそろっている時のことです。

たとえばキャンドルの場合、火が赤々と燃えていても、その周りは密室ではないので火は外気にさらされています。

こうなると、火の持っている熱量が周りの空間に奪われてしまいます。そのことにより、実際の火の温度としては約1400℃前後になるといわれています。

もちろん、これも火をともすものの種類に関係なく、どんなものでも同じことになります。

火が燃えるサイクルとは

ここではキャンドルを例に、燃焼についてのサイクルをお話しします。

  1. キャンドルに火を近づけともそうとすると、その時熱によって、ロウの上部が溶ける。そのロウが芯に染みこみます。
  2. そのロウは火によってさらに熱せられ、ロウが気化し燃焼ガスへと変化、燃焼するための素になります。
  3. その変化した燃焼ガスと、空間にある酸素が結合すると、燃焼反応がおき高い熱を発します。
  4. この時反応できなかった燃焼ガスは分解され、火独特の赤い色と光を発します。
  5. 以上の3~4でできた高温の熱で、さらにロウが溶けます。

このようなサイクルをもって燃焼はおき、キャンドルなどは火がつき燃えているのです。

なぜ火の色は赤いのか

だれしも火の色は何色かと考えたとき、だいたいの人は赤色と答えるでしょう。

ではなぜ、火の色は赤色なのでしょうか。

それは、先ほどのサイクルの話でもでてきましたが、燃焼ガスには反応しなかったものもでてきて分解されるとお話ししました。

実はその分解されたときに、炭素が発生し、その炭素が燃やされるため赤色に見えるのです。

そして、その反応がおこることにより、黒い煤が発生するのです。

これが、火が赤く見える答えになります。

しかし、ここで間違ってはいけないのは、火の色は赤1色だけではないということです。

炎色反応と聞いたことはあると思いますが、この反応は燃える物質によって色が違うことを表しています。

これは、主に花火などで使われ、全部違う美しい色を発しますね。

他の物質も、同じようなサイクルを経て、美しく燃え上がっているのです。

このように、火はただ燃えているのではなく、いろんな化学反応がおこることによって燃えているのです。

美しい火についていろいろ知っていただけると、キャンドル好きとしてうれしいです。

どうぞ皆さんも、美しい火の世界へ飛び込んでみてください。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

アクセサリーキャンドル資格

仕事と趣味を活かしたキャンドルアドバイザー

仕事と趣味を活かしたキャンドルアドバイザー 心や体を優しい光で癒してくれるキャンドルは、自分で形や色、香りなどを自分好みに自由に組み合わせ…

ページ上部へ戻る