「キャンドルサービス」トーチ選びはキャンドルから

キャンドルブッシュ

キャンドルサービスの際に使用するトーチは客席テーブルを回ってキャンドルに火を灯していくのに必要なものです。キャンドルサービスはトーチにもこだわってお洒落で丈夫なものを選びましょう。

トーチとは

結婚式のメインイベント「キャンドルサービス」で使うキャンドルのことです。

長さも比較的長いキャンドルサービスのトーチは丈夫なものを選ばないと折れてしまうことがあります。

スイッチタイプのトーチ

トーチはスイッチONで着火できるもを使えば演出もスマートに行えます。コンビニでも売っているライター用のガスだけ用意すれば大丈夫です。

火が消える心配も少ないスイッチタイプのトーチは確実にキャンドルサービスを行いたいときにも最適です。

・詳細
長さ80cm
金属製ゴールド色

《使用手順》
1.ガス開閉スイッチを押してガスを出します。
2.点火スイッチを押して点火させます。
3.調節レバーで炎の大きさも調節可能です。

飾り花は無い場合もあるのでリボンや大きめの飾り花も用意して見た目にも可愛らしさを演出しましょう。

ロウソクタイプのキャンドルトーチ

使い切りタイプのトーチは先端のみキャンドルでできていて使い切りやすくお手軽に使用できます。

・詳細
長さ63cm
リボン付き
アクリル製取手
燃焼時間20分

《使用手順》
1.ロウソクに折れや曲りがないか確認します。多少曲がっている場合はドライヤー等で温めながらゆっくり曲げると簡単に直すことができます。
2.アクリル製のグリップのビニールをはがし、ロウソクを差込み固定します。
3.使用の際は点火してから斜め45度程度に先端を持ち上げてロウが垂れないようにします。

中には折れやすいものがあったりと本番では向かないトーチです。
レビューも定評があるもので短めのキャンドルを選べば安心です。

トーチのキャンドル

長くて思いの外細いキャンドルは折れないかどうかハラハラしがちです。そのような繊細なキャンドルは梱包もプチプチ等で頑丈に巻いてあり持ち運びにも便利です。

キャンドルは折れるものと考えていた方がいいでしょう。

トーチの飾り花

トーチを彩るのに欠かせない飾り花は自分の好きなものを選べばより感情のこもるキャンドルサービスになります。飾り花以外にも手軽にリボンを付けてキャンドルサービスを際立たせるのにも最適です。

キャンドルサービス自体には「ゲストの方も幸せになれますように」という願いも含まれています。そのためキャンドルサービスの飾り花もゲストの方を想った優しい花やリボンを付けるとより想いが伝わるでしょう。

キャンドルリレーとトーチ

最近では灯火に感謝と祝福の気持ちを込めて、新郎新婦とゲスト全員の手で繋いでいくタイプのキャンドルリレーも人気です。

《進行手順》
1.新郎新婦が入場!入り口でご家族の方や親しいご友人から種火を受け取ります。

2.新郎新婦はゲストのテーブルをまわり、各テーブルの方にキャンドルの灯火を差し出します。テーブルでは灯火を受け取った人から他の人にも灯火を差し出します。

3.ご家族や親しい友人から、新郎新婦の持つトーチにゲストの想いをつないだキャンドルの灯火が返されます。そして想いを込めてウェディングキャンドルに点火し永遠の愛を誓います。

キャンドルリレーでは、はじめは1つだった暗闇の中の灯火が、ゲストにも繋がれて会場に明かりが増えていく様子はとても幻想的です。ゲストも参加型なので楽しみながら祈ることができておすすめのキャンドルサービスとなっています。

このキャンドルリレーでも最後を飾るトーチの役割は重要です。最後の最後にボキッと折れることがないように慎重に灯してあげましょう。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

ページ上部へ戻る