結婚式に伝統的なキャンドルサービスの意味合い

キャンドルアロマオイル

今や結婚式では定番のイベントとなったキャンドルサービスはそれぞれのテーブルにあるキャンドルに火を灯していくものです。これはどのような意味合いがあるのでしょうか。

キャンドルサービスとは

新郎新婦がゲストテーブルをまわり、最後にメインテーブルのキャンドルにあかりを灯す演出です。

キャンドルのライトは「あたたかな家庭の象徴」とも言われています。またキャンドル自体には「古くから闇や悪霊を払い、聖なる天使を呼ぶ」という言い伝えもあります。

他にも火は古くから「神の使い」として信仰されています。キャンドルサービスには、その火をそっと吹き消して「願い事を叶え封じ込める」といった素敵な意味があります。

別々の道が一つになる

新郎新婦の持つキャンドルは、2人の歩んできたそれぞれの歴史がキャンドルに灯りがつくことで1つになったことを意味しています。

また欧米では「キャンドルの数だけ天使が舞い降り幸せになれる」という言い伝えがあります。

そして、ゲストの方からたくさんの祝福を受けてメインキャンドルに火を灯し「永遠の愛を誓う」というスタイルになりました。

現在のキャンドルサービスの意味合い

最近ではゲストの方へのご挨拶のためにテーブルをまわることが多いキャンドルサービスですが、本来はゲストのために行うものです。

ゲストテーブルでは参列してもらった「ゲストの方々の幸せを願い」キャンドルサービスが行われます。

そのキャンドルサービスも最近では、各種テーブルにあるマジックキャンドルがカラフルに点灯していくものや、火をリレー形式で灯していくキャンドルリレーなどもあり、暗闇の中で光るキャンドルはとても幻想的できれいです。

使い終わったキャンドルはお持ち帰りとしても好まれています。

キャンドルリレー

最近ではキャンドルに火をともさないタイプのキャンドルサービスも人気です。

家族やグループ毎に新郎新婦と写真を撮ってもらい、自然な会話で両家の仲も深められる点でも好まれています。

マイクリレー

ゲストの方にマイクを渡してテーブルスピーチをしていただく方法です。

スピーチしてもらうゲストは事前に伝えておいても良し、いきなりマイクを渡して一言もらうのも良しのサプライズな演出で人気があります。司会の方とは打ち合わせをしておくことで、その時の雰囲気に合わせたマイクリレーがスムーズになります。

色紙にメッセージ

ゲストの方に色紙を回して寄せ書きをしてもらいます。

書いてもらった寄せ書きはお見送りの時に飾ったり、結婚式が終わったあとの思い出としても最適です。

ケーキデコレーション

ケーキカット用のケーキは自分たちでデザインを考えて用意するのもいいですが、ゲストの皆さんにデコレーションしてもらうのもおすすめです。

絵が下手な人からの頑張って書いてもらったケーキもまた味わい深く、見た目にも楽しいケーキになるでしょう。

ウェディング・ツリー

海外の結婚式では定番になっている演出です。

枝だけの木の絵にゲストが拇印とサインをしていき、二人の結婚の証人になってもらいます。拇印はネイルをしている方は難しいのでスタンプやシールを使ってやる場合もあります。

キャンドルピラミッド

メインキャンドルの周りにピラミッド状にミニキャンドルを飾りつけます。

ミニキャンドルはお色直しや新郎新婦が中座している時に1つずつ点火してもらい、最後に新郎新婦が点火して完成です。

以上のようにキャンドルサービスはゲストの方への想いも寄せて素敵な思い出になるようにしましょう。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格

口コミや評判でも話題のアロマライフインストラクター認定試験とは

アロマライフインストラクターの認定試験のネットや評判でも話題で人気のようです、仕事のためやより良い生活を送るためにアロマライフインストラクタ…

ページ上部へ戻る