キャンドルトマトの品種「キャンドルライト」とは

キャンドルブッシュ

キャンドルの光のように明るいオレンジのキャンドルトマトは、果肉がしっかりと、そして独特の食感が美味しいトマトです。形も縦長でまさにキャンドルのようなトマトはいつもと違うトマトを食べてみたい方にもおすすめです。

キャンドルトマトの品種

キャンドルライトはナス科のトマトです。
販売時期は4月中旬~5月下旬、5月下旬~6月上旬で収穫時期は7月以降となっています。

1つ25gで、長さ4.5cm程度の縦長のミニトマトは、茎葉の成長も中程度で栽培しやすい品種です。

直売所から家庭菜園にも向いているキャンドルトマトは耐病性もあります。トマトはビタミン・ミネラル・リコピンなどの栄養も抜群の野菜です。

キャンドルライトの栽培

1.畝を作り、野菜用の肥料または化成肥料を苗ごとに一握りずつまいていきます。
開花後は小さい実がついたら野菜専用液肥を週1回与えるといいでしょう。最初の水やりは少量ずつかけて様子を見ます。

土は温度を保ち雑草も生えにくくするために有機物やポリエチレンフィルム(マルチ)で覆ったりやワラを敷いておきましょう。

2.およそ10~15日で根付き、小さいわき芽が伸びてきたら早めにかきとります。

※わき芽とは
枝が分かれるところに出てくる小さな芽のことです。
わき芽は放っておくとどんどん生い茂り、風通りが悪くなるほか害虫が発生する原因にもなります。

またわき芽は栄養分を吸収して実のつき方が悪くなったり小さくなってしまうこともあります。
わき芽は生えている方向と逆の方向に折って摘みましょう。3日に1回のペースで最低でも1週間に1回は摘みます。

3.苗から10cm程はなれたところに長さ1.8~2mの支柱を立てます。

茎を支柱に縛る時には紐にゆとりを持たせて「8の字」に縛りましょう。
苗が伸びたら支柱に寄せて先端が垂れないようにします。

4.7月の梅雨明け後はトマト苗も大きくなるので今までより多く水やりをします。そして、果実が熟してくる頃にはまた水やりを少なくしましょう。

鉢植え・プランターは水がなくなりやすいので、定期的に見て水を与えます。夏の乾燥時は葉水(葉っぱに霧吹きで水を吹きかける)などの対策も行いましょう。

真夏の高温で過乾湿の時期は窒素肥料を多く使用したり、カルシウムが欠乏することで尻腐病(果実 の尻部分や地面に近い茎部分が腐敗すること)やすじ腐れ病(果実が成熟してくると表面に濃い褐色斑点が現れたり、緑または黄色の状班ができる)が発生します。

土は深く耕して堆肥はカルシウム入り肥料を加えて、ポリエチレンフィルム(マルチ)などで土の中の水分の急激な変化を避けるように注意しましょう。

病害がでてきたときには

近くの販売店に聞いた上で適切な農薬を使用します。
すぐに使えるスプレータイプの薬剤もおすすめです。

害虫にはオオタバコガ・トマトハモグリバエ・ヒラズハナアザミウマ・タバココナジラミなどがいます。

販売価格

キャンドルトマトの品種「キャンドルライト」は16粒で700円(税込756円)、「キャンドルライト」のミニトマトの小袋は16粒で679円(税込)が目安です。

ちょっとした名前の違いでもキャンドルトマトの見た目から味も変わるのでよく見て購入しましょう。

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格

口コミや評判でも話題のアロマライフインストラクター認定試験とは

アロマライフインストラクターの認定試験のネットや評判でも話題で人気のようです、仕事のためやより良い生活を送るためにアロマライフインストラクタ…

ページ上部へ戻る