キャンドル効果にビックリ!あなたのハートを癒します♪

キャンドルブッシュ

心身ともに疲れちゃった…そんなときに、驚きの癒し効果を与えてくれるのが、キャンドルの揺らめく灯りです。キャンドルの癒し効果は、見ための美しさだけではありません。その効果についてご紹介します。キャンドルに火を灯すのが最高の癒し効果があるのです!

心が安らぐキャンドルの灯り

キャンドルに火を灯すと、心が癒されますね。ゆらゆらと揺らめく灯りを眺めていると気分が落ち着き、心だけではなく体の疲れまでが和らぐようなきがします。

疲れているときは、何もしないで、のんびりと過ごすのもよいかも知れません。しかし、キャンドルに火を灯すことにより、いつもとは違うリフレッシュした気分を味わうことができるとしたら…

キャンドルの癒し効果

ゆらゆらと揺らめくキャンドルの炎で癒されるのには理由があるのです。その理由についてご紹介しましょう。

・「1/fゆらぎ」効果

「1/fゆらぎ」とは、自然界における一定のリズムのことをいいます。たとえば、川のせせらぎや人間の心拍数などのように、リズムを刻む現象のことです。そして、キャンドルの炎の揺らめきも、「1/fゆらぎ」のひとつなのです。

つまり、同じようにリズムを刻むので、炎の揺らめきのリズムと人間の心拍数のリズムが共鳴し、心が癒されるのです。

・マイナスイオン効果

キャンドルが燃えるときに水蒸気が発生し、マイナスイオンが放出されます。そのマイナスイオンの量は、森で森林浴をする際のマイナスイオンとかわりません。つまり、お部屋のなかで、森林浴をしているのと同じような効果があるのです!

・睡眠効果

ブルー系の光の蛍光灯は、眠気のもとになるメラニンを減少させてしまうので、睡眠をさまたげる原因になります。ところが、キャンドルの放つオレンジ系の光りは、眠りにつきやすくする作用があるのです。

理由は、朝日と夕日の色の違いにあります。人間は、ブルー系の朝日で目を覚まし、オレンジ系の夕日の後に眠りにつく習慣があるからです。

キャンドルを使う場所

キャンドルを使用するシーンは、いろいろあります。自分を癒したいと思えば、キャンドルに火を灯せば、どこでも癒しの空間になるのです。

お風呂では、キャンドルの癒し効果もMAXになります。一日の疲れを取るために入るお風呂。そこに、さらにキャンドルの火を灯す…絶好の癒しスポットになりますね♪

眠れない夜にも、キャンドルは効果的です。寝室に広がるアロマキャンドルの香りが、眠りに導いてくれるはずです。

お休み前は、キャンドルの灯りで過ごすのも、心を落ち着かせ、眠りにつきやすくなります。

キャンドルのコーディネート集

・フローティングキャンドル

フローティングキャンドルをグラスに浮かべると、ゆらゆらと炎の揺らめき方も変わります。また、おしゃれなアイテムを浮かべると、さらにハイセンスなキャンドルになりますね。

・キャンドルホルダー

空き瓶に糸や布をデコレートするだけで、素適なキャンドルホルダーになります。並べて飾れば、ちょっとリッチな雰囲気に…♪

・お花とワイングラス

お花とワイングラスを使って、こった演出をしています。キャンドルのコーディネートは、その方のセンスしだいなのです。

・ワイングラスとランプシェード

キャンドルを入れたワイングラスにランプシェードをのせただけで、素適なキャンドルに早や代わり!手元を照らすには、かなり実用的なキャンドルですね。

キャンドルの癒しについてのまとめ

キャンドルの癒し効果については、化学的な裏づけがありました。その効果を信じることも、また効果を高めるように作用するでしょう。いずれにしても、キャンドルに火を灯してください。そして、目いっぱい癒されてください…♪

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

レジンキャンドル作り方

大人気のアロマヒーリングセラピストについての口コミや評判まとめ

本当に大人気のアロマヒーリングセラピスト、アロマは心を落ち着かせてくれたりストレス発散などの効果があるようで、 ストレス社会といわれている…

ページ上部へ戻る