キャンドル(蝋燭)にまつわる怖い話

キャンドルブッシュ

キャンドルを使った怖い話と言えば、百物語ですね。

今からその百物語について書いていきたいと思います。

百物語

昔から、「集まって怖い話をしていると”寄ってくる”」とききますよね。そのため、会談は厳禁という風習を持つ地域も少なくありません。しかし、「やるな」言われればやりたくなるのが人間の心理。そういった怖い話の持つ性質を利用して行われるのが百物語です。

百物語とは何か

百物語は、字に通り百個ある物語をみんなで語り合う会なのです。しかし、百物語で語られるのは普通の物語ではないのです。それら全てが「怖い話」なのです。参加者がそれぞれ一人一人が怖い話を持ち寄って、100篇の怖い話を作法に従って語り合う。これが百物語なのです。

百物語の作法とは

百物語は、ただ100篇の怖い話を持ち寄って語り合えばよいなんてそんな簡単なやり方ではありません。一種の儀式的な取り決めの元に行われるイベントなで、古い式の百物語は、一定の作法に従って行われます。それは新月の夜を選んで、参加者は一箇所に集まります。この時に、参加者は「青い着物」を「逆合わせ」にして着てくることが求められます。集まった部屋に青い紙を巻いた行灯と、百本の点火した灯心を用意します。行灯は別の部屋においても大丈夫です。参加者はそれぞれの怖い話を語り、1話語り終えたら灯心を消化していきます。これを百回繰り返し、100話語り終えたとき何かの怪異が起こるらしい…

百物語の目的とは

百物語の肝とは、「怖い話を百話集め語る」ことで怪異を呼び出すことにあります。そのため、99話目で終了ということにすることも珍しくないです。本当に呼び出せる怖い話と言うものは本当にごく僅かなのですが、「塵も積もれば山となる」の例え通り集めれば集めるほど相乗効果で呼び出す力が強くなるとのこと…

百物語が呼び出す怪異とは

江戸時代の百物語、武士たちは実は好んで行っていたそうです。当時は太平の世であったため、鍛えた剣を振るう機会がなかった武士たちは、「何時何が起きても対応できる力を鍛えるため」と称して百物語を行っていたようです。しかし、「百物語を行いどんな怪異に出会ったか」という記録はほとんど残されていない。おそらく、仲間内とは言え怪異と出会ったことで晒した醜態が明らかになるのを嫌って、詳細な記録をほとんど残さなかったのではないかと私は考えます。

書物で体験する百物語

百物語を行うには、複数人を集め場所を用意しなければなりません。そういった難しさに悩んでいたのは江戸時代でも変わらないです。その為に登場したのが「読む百物語」と言われる根岸鎮衛による「耳袋」です。「耳袋」は、一冊に付き100話の怖い話を集めた、全10巻の構成になっています。つまり、「耳袋」一巻を一夜で読みきれば百物語を行ったのと同じになります。現代で耳袋といえば「新耳袋」が有名だと思いますが、オリジナルはこの根岸鎮衛の耳袋になるのです。

しかし近年百話物語も少しずつ変わっていき、気軽にできるようになっています。といいますと、昔では一人一話なので、行うには百人必要でしたが、現代では一人何話でも話して言いそうなので、百人もいらない。また、「新耳袋」も1冊99話の構成になっているので、怖い話を1話自分で用意すればそれだけで一人百物語が出来るということになっています。つまり私の考えですが、ホラーがなじんできた世の中誰でもこの恐怖を感じれるように、誰かが変えて噂を流し広がったのではないのかと考える。

皆さんこの百物語。試すも試さないもすべてはあなた次第です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

レジンキャンドル作り方

大人気のアロマヒーリングセラピストについての口コミや評判まとめ

本当に大人気のアロマヒーリングセラピスト、アロマは心を落ち着かせてくれたりストレス発散などの効果があるようで、 ストレス社会といわれている…

ページ上部へ戻る