かわいいギフトボックスキャンドルの作り方【簡単!】

キャンドルブッシュ

とってもキュートなギフトボックス型のキャンドルです。思わず箱を開けたくなっちゃいますね!お花やお菓子を添えてプレゼントしたらきっと喜んでもらえますよ!!
ちょっとしたプレゼントやお礼を込めたギフトにぴったり!!一緒に作ってみませんか?

ギフトボックスキャンドル作りに準備するもの

・キュービック型のキャンドル(立方体のキャンドルをご自分で作ってもOKです)
・厚さ1~2mmのロウを細長く切ったもの(こちらも作れますよ)
・ナベとロウ(最後に作品をディップするためにナベにロウを溶かしておきます)

ギフトボックスキャンドルの基本の作り方

今回はキュービック型のキャンドルからスタートしています。お好みの色のキャンドルを準備してくださいね。キュービックの作り方は後から紹介します。

細長いロウを隙間を作らないように注意して三面に貼り付けます。

くっつきにくい場合はドライヤーを軽く当てるか、指で挟んでロウを軟らかくしたらくっつきやすくなりますよ♪底部分で余ったロウは指でちぎってくださいね。

同じ要領で4本のロウを貼り付けます。上から見るとこんな感じになります。

次にリボン作りに入ります。リボン用のロウを2本画像のように貼り付けます。

リボンの丸まった部分の製作です。まずは細長いロウを半分に軽く曲げ曲げたものの先端同士をくっつけます。

細長いロウを下に敷きリボンの中心をくるっとくるみます。余りは指でちぎってくださいね。

指を入れるようにしてリボンに膨らみを出し十字の真ん中に固定します。

最後に溶かしておいたロウの中でディップして、リボンがボックスにくっついたら完成です!!ヤケドしないように軍手をはめることをオススメします。いくつか並べて楽しみたいですね。

ギフトボックスキャンドルのキュービック型の作り方

キュービック型のキャンドルは牛乳パックを使うと簡単に作れますよ!!牛乳パックでは大きいという方はスクエアガラスを使ってくださいね。

ローソク、ナベ、スクエアガラス、全て100円SHOPで揃いますよ。慣れるまでは座金付きのキャンドル芯を利用したら簡単にできますよ。

小ナベにローソクを折り入れて一回り大きいナベ(またはホットプレート)の中で湯せんして溶かします。

荒熱をとってからロウをスクエアガラス(または牛乳パック)に注ぎ入れます。

ローソクの芯を使う場合は割り箸を利用してロウの中央に芯を垂らします。座金付きのキャンドル芯の場合はロウを入れる前にセットしてくださいね。

ロウが固まったら余分な芯をカットしましょう。
ロウが固まると中心がへこむことがあります。目立つ時は溶かしたロウを足して平らにしてくださいね。

ギフトボックスキャンドルの細長いロウの作り方

溶かしたロウをステンレストレーかクッキングシート(箱型に折ります)で固めて作ります。ロウが羊かんくらいの硬さになったらトレーから取り出してください。

太さを合わせるため定規を当ててカッターで切断します。

ギフトボックスキャンドルのまとめ

・火の取り扱いや火傷には十分ご注意ください。

・カーテンなど燃えやすい物の近く、溶けやすい物の上では使用しないでください。

・小さなお子様やペットの手の届かないところでご使用ください。

・非常に高温になるので使用中や使用直後には絶対に触れないでください。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

ページ上部へ戻る