虫除けやハンドクリームにも!ソイキャンドルの効果7選

キャンドルブッシュ

ソイキャンドルとは

ソイキャンドルとは、大豆油を原料として加工された固形のソイワックスから作られたキャンドルのことです。アロマキャンドルとしてよく使用されています。

このソイワックスは、パラフィンワックスやロウ蜜より融点が低く、通常のロウソクはロウソク単体で使う場合が多いため融点調節のため混ぜて作っているようですが、ソイキャンドルは火を灯すと全体が溶けるため、缶などの入れ物に入れて使います。

ソイキャンドルは人体にも環境にも優しい安全なキャンドル

石油系のパラフィンに比べ、長く使えるメリットがあり、なおかつ水溶性なので安全でもあります。
そして、火を灯すことで空気を浄化する作用があるといわれていますので、自分がリラックスしながらお部屋の空気もきれいにできます。また、煤や煙がでにくいので、大変使いやすいです。

ソイキャンドルの溶けたロウはボディクリームとして使用できます

溶けたソイワックスは、ハンド・ボディクリームとして使用できます。

手や指先、乾燥する箇所のなどになじませると、高い保湿効果のあるソイオイルが、しっとりとお肌を優しく包みます。

ソイキャンドルキャンドルにはいろいろな効果があります

キャンドルの炎は「1/fゆらぎ」という癒しのリズム

不規則に揺らぐキャンドルの炎は、「1/fゆらぎ」のリズムを刻んでいます。

リラックスしたい時には、部屋の照明を落としてキャンドルの柔らかな光を見つめて、お気に入りのBGMをかけると効果があります。

小川のせせらぎやそよ風など、自然現象にみられるリズムが「1/fゆらぎ」です。

人間の鼓動も同じリズムを刻むことから、生体に快感を与えるリズムとして知られています。癒し系と呼ばれる歌手の声や、クラッシックの名曲、日本民謡などの音楽にも「1/fゆらぎ」が見られます。

燃焼中のキャンドルはマイナスイオンを放出します

キャンドルが燃焼する際に発生する微量の水分からマイナスイオンが放出され、空気の対流により部屋中に広がります。
大気汚染や電磁波の影響でプラスイオンに満たされた空気は、疲労感や不眠。ストレスの一因とされています。プラスに偏ったバランスを失った状態を中和させてくれるのがマイナスイオンです。

燃焼中のキャンドルから報酬されるマイナスイオンの数は約20,000個/cmといわれており、森林や滝から放出される3,500~5,000個/cmをはるかに上回ります。

キャンドルを灯すと家に居ながらにして森林浴気分を味わえるのです。

キャンドルの灯りで不眠解消

キャンドルの炎の色であるオレンジ色は、心を穏やかにし、緊張感をほぐしてくれる効果があります。
炎をじっと見つめている必要はありません。照明を少し落として、ゆらゆら揺れる炎が照らしだす空間にいるだけで、その効果を実感できるのです。

キャンドルは空間のエネルギー自体を浄化してくれる効果があります自体を浄化してくれる効果もあります

炎には、空位案譲歩すし、空間を譲歩し生命力や波動をを高めてくれるパワーがあります。ロウソクや神社や教会で火をつけらているののもこのためです。

お部屋の換気や掃除をしているのに、なんとなく空気がよどんでいるように感じるときは、キャンドル灯火をつけて、キャンドルの灯火をつけて場の浄化をしてみましょう。

キャンドルをつけると消臭効果も期待できます

キャンドルの炎は煙の微粒子を燃焼させるのです。タバコの煙が気になるときは、キャンドルを灯すと本当にタバコの煙が消えます。

ソイキャンドルを灯して癒しの時間を過ごしましょう。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格

口コミや評判でも話題のアロマライフインストラクター認定試験とは

アロマライフインストラクターの認定試験のネットや評判でも話題で人気のようです、仕事のためやより良い生活を送るためにアロマライフインストラクタ…

ページ上部へ戻る