ボタニカルキャンドルで癒しのひと時を…♪

キャンドルブッシュ

お花や押し花に飾られた、ボタニカルキャンドルって可愛いですね。お部屋のインテリアとして飾っておきたいくらいです。そんな、火を灯すのがもったいないような素適なボタニカルキャンドルをご紹介します。やさしく可愛い姿に癒されてください♪

ボタニカルキャンドル

今、さまざまな分野で「ボタニカル」が取り入れられています。「ボタニカル」とは植物を意味します。その「ボタニカル」を使って、キャンドルのまわりを飾ったボタニカルキャンドルに人気が集中しているのです。

ギフトに最適なボタニカルキャンドル

キャンドルのまわりを飾るお花の種類や色で、コロッとイメージが変わるので、いろいろなシーンに使えます。お部屋でのキャンドルタイムとして楽しむのも素適ですが、ギフトとしても、たいへん喜ばれるキャンドルです。

ボタニカルキャンドルをパッケージして、リボンをほどこすと、こんなに可愛いギフトになります♪

手作りも簡単

・材料

紙コップ・割りばし・押し花・クレヨン・ガムテープ・アロマオイル

ほとんどが100円ショップでそろいます♪

・作り方

ロウソクをバラバラにして、芯を取っておます。バラバラにしたロウソクをお鍋で湯煎してください。なお、芯は、真っすぐになるように伸ばしておきましょう。

真ん中に穴を開けた紙コップに芯を通して、ガムテープでおさえます。穴からロウソクが漏れてもいいように、念のためにその上から紙コップを重ねます。芯が紙コップの中心にくるよう割り箸で挟んで、紙コップにセッティングしてください。

湯煎して溶かしたロウソクを紙コップに流しこみます。少し時間をおいて、流しこんだロウソクを元のお鍋に戻します。そして、すぐに押し花の表面を紙コップに貼り付けるのです。

最後にお鍋に戻したロウソクを、もう一度紙コップに流しこんでください。冷えて固まれば紙コップをはがしてできあがりです。ロウソクは時間をかけ、自然に冷やしたほうが、ひびが入ったりしにくいのでしばらくお待ちください。

キャンドルに色を付けたいときは、あらかじめ、お気に入りの色をカッターなどで刻んでおきます。そして、刻んだクレヨンを湯煎したロウソクに入れて混ぜればOK。

香りを付けたいときは、アロマオイルを湯煎したロウソクに数滴落とせば素適な香りが…♪

ボタニカルキャンドルの種類

カラフルな色使いで、とても印象的な空間になりました。これだけ並べると迫力もそなわりますね。

ボタニカルキャンドルは、見た目だけでも素適なので、どこにおいても周囲のインテリアを華やかにします。お気に入りのインテリアとコーディネートするのも楽しいですよ♪

秋をイメージした、落ち葉で飾ったボタニカルキャンドルです。簡単に手作りできるので、プレゼントにするのも素適ですね。

イニシャルキャンドルをボタニカルにすると、こんな感じに…ホワイトベースのイニシャルキャンドルに可愛いお花がアクセントになっています。

ボタニカルキャンドルのまとめ

大流行のボタニカルキャンドル…その理由も当然ですね。火を灯すのがもったいないような素適なキャンドルばかりなので、ギフトにしても喜ばれます。あなたも、お気に入りのボタニカルキャンドルで、大切な時間を演出してみてはいかがでしょうか…?

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

レジンキャンドル作り方

大人気のアロマヒーリングセラピストについての口コミや評判まとめ

本当に大人気のアロマヒーリングセラピスト、アロマは心を落ち着かせてくれたりストレス発散などの効果があるようで、 ストレス社会といわれている…

ページ上部へ戻る