廃油で簡単!手作りキャンドルの作り方【自由研究におすすめ】

キャンドルブッシュ

廃油でキャンドルを作ろう!

揚げ物やてんぷらなどの料理で使った油を何回も使う方もいらっしゃるとは思いますが、その後に捨てててしまうのはもったいないという方も多いと思います。
今回はそんな家庭の廃油を使って自然にもやさしいエコロジーなアロマキャンドルの作り方をご紹介いたします。

廃油で手作りキャンドルとは

てんぷらや揚げ物などで使用した廃油を再利用してつくるのが、廃油キャンドルです。市販されている油を固める凝固剤と少しの材料で自宅でも簡単にできます。

タコ糸やジャムの空き瓶、割りばしなど、すべて家にある素材で簡単に作れる、エコなキャンドルです。キャンドルにアロマオイルを混ぜると、燃やしたときにいい香りがするのでおすすめです。

クレヨンでカラフルに色付けし、アロマオイルで気になるにおいをカバーします。アイデア次第で自分だけのキャンドルが作れるのも魅力です。

廃油で手作りキャンドルのデザイン

カラフルできれいなキャンドルです。何か力強いパワーを感じます。

オシャレです。コーヒーのアロマとはどんな感じなのでしょうか。コーヒーの香りとアロマを楽しめるキャンドルは、ぜひ作りたい1品です。

雰囲気が出ていてとてもきれいなキャンドルです。

自宅で好みの沢山のキャンドルを並べてみるととてもきれいで癒されます。

では家庭で廃油キャンドルの作り方を説明します。

廃油で手作りキャンドルの作り方

材料

・廃油(200ml)
・凝固剤(60g)
・芯 (太めのタコ糸)
・湯煎用のあき缶(スチール)
・容器(空き瓶)…ジャム瓶などは雰囲気が出やすいのでおすすめです。
・わりばし
・好きな色のクレヨン
・アロマオイル
・ロウソク10号

※凝固剤については、市販されているパラフィンや固めるテンプル等の廃油凝固剤をご利用ください。なお、凝固剤がない場合でも、ロウソクを溶かし、廃油200mlに対しロウ60-70mlを混ぜれば廃油キャンドルができます。

作り方

①お好みの色のクレヨンを砕きます。
②使用済みの廃油をコーヒーペーパーなどを使用し、2~3回濾してきれいにします。この場合油を少し温めてからがよいでしょう。
③濾した油を熱して砕いたクレヨンを入れてください。約80度を目安に加熱しながら溶かし込みます。
④油凝固剤をいれて、軽くかき混ぜます。
⑤火を止めて60度までさまし、アロマオイルを入れてかき混ぜてください。このとき温度が高すぎると香りが蒸発し、低すぎると油が固まります。
⑥容器に注いでください。
⑦芯を割りばしに挟んで、容器の中央にセットします。

これであなただけのオリジナルキャンドルの完成です。エコで楽しく、ご自宅で簡単に作れますのでぜひ作ってみてください。

注意点

油に不純物が混ざっているとススやにおいが出やすいので、必ず良く濾してからつきましょう。同様に、クレヨンやアロマオイルが多いとススが出やすくなるので、やや控えめに入れるのがコツです。

熱い油を扱う際には軍手などをして、やけどなどしないように十分注意してください。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピキャンドルレジン

キャンドルデザインマスター認定試験の口コミや評判まとめました!合格してアーティストの仲間入り?

女性に人気のアイテムのキャンドルを使用して、癒し効果などを作り上げる人気のキャンドルデザインマスターについて ご紹介させていただきます!人…

ページ上部へ戻る