睡眠前にキャンドル!短時間で疲れを取る方法

キャンドルブッシュ

疲れを取るキャンドルの癒しの効果

アロマキャンドルを普段使っていますが香りで癒されます。キャンドルについ調べてみると、驚きの効果が他にもあったのでまとめてみます。

癒し効果たっぷりのキャンドルで疲れをとると、毎日を楽しく過ごせるようになるでしょう。

さらにキャンドルの灯りのゆらめきいは、「1/fゆらぎ」と呼ばれる効果があります。1/fゆらぎは心臓の鼓動と同じリズムなのでリラックスできるのです。

星のまたたき、さざなみ、小川のせせらぎ、そよ風など、リラックスできる自然現象にみられるリズムに含まれています。

キャンドルのマイナスイオンの効果

マイナスイオンを発生して疲労感、不眠、ストレスの解消効果があります。キャンドルが燃焼するときに発生する微量の水分からマイナスイオンが部屋中に広がります。

マイナスイオンは森林や滝から放出されよりも多く、自宅に居ながらにして「森林浴効果」が期待できます。

燃焼中のキャンドルから放出されるマイナスイオンの数は、20,000個/cmといわれており、滝から放出される3,500~5,000個/cmを大きく上回っています。

1時間使用した時に脳が感じる癒しの効果はスパ1時間と同じです。仕事が忙しくてなかなかいけないよいう人にもおすすめです。

炎にには、空間を浄化し、生命力や波動を高めてくれるパワーがあります。ロウソクが神社や教会などで灯されるのもこのためです。

緊張感を和らげ、こにゅにけーションを取りやすくさせる効果もあります。
ピリピリした空気を優しく癒してくれるキャンドルは、食卓を囲むときにも最適です。
キャンドルの明かりは、「食欲増進」にも効果があり、お料理をおいしく食べることにつながります。

睡眠前にキャンドルを使おう

キャンドルと白熱灯の間接照明の組み合わせがベストです。間接照明だけよりも、より高いリラックス効果があるというデータが出ています。

キャンドルの炎を見つめながら癒しのBGMを聞けばさらに効果がアップします。

キャンドルで疲れもすっきり!仕事も充実!

左右の脳のバランスが調整されるので、アイデア力や企画力などが強化されます。
感性が豊かになり、潜在意識が活性化され、中に隠れているパワーが目覚めてくるようです。

心のエネルギー消費量が下がるので研ぎ澄まされた精神状態うになります。

落ち着いた状態が持続すると、リラックス効果の上を行く精神状態になります。
瞑想などで使用されることも納得できます。

食事中にキャンドルを使おう

食事中に使うと「炎」という目のやり場が生まれるので、緊張感を和らげてくれます。

人の囲むテーブルのキャンドルは、料理をやさしく照らし、お互いの顔をほんのりと照らしてくれます。

緊張感を和らげコミュニケーションを取りやすくさせてくれます。

バスルームではフローティングキャンドルを使おう

時にはバスルームで電気をつけずにキャンドルを灯してみてはどうでしょう。お湯に浮かぶフローテイングキャンドルがおすすめです。

ゆらめくキャンドルを見ながら癒しの効果は抜群です。

睡眠時にキャンドルで心地よい眠りにしよう

だんだん気分が落ち着いて心地よい眠りをさそってくれます。ティーライトと呼ばれるカップ入りのキャンドルがおすすめです。

炎よろ背の高いホルダーを選べば安全に使えます。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格

口コミや評判でも話題のアロマライフインストラクター認定試験とは

アロマライフインストラクターの認定試験のネットや評判でも話題で人気のようです、仕事のためやより良い生活を送るためにアロマライフインストラクタ…

ページ上部へ戻る