夜にリラックス!キャンドルのおすすめの香りと使い方

キャンドルブッシュ

キャンドルで夜にリラックスしよう

何をやってもうまくいかない時、何をやるにもやる気が出ない時、情緒不安定で眠れないことは、誰にでもあることです。
このような時にやさしいく温かいキャンドルの炎は、あなたの身も心も癒してくれます。

キャンドルのあかりは、単なる雰囲気だけのものではありません。身体と脳のストレスを和らげる効果を持っています。

その秘密は1/fゆらぎです。キャンドルの炎には、小川のせせらぎ、木漏れ日、さざなみの音など、自然界の音にあるといわれる1/fゆらぎが存在します。
リラックスしたい時には、部屋の照明を落としてキャンドルの柔らかな光を見つめてください。1/fゆらぎと人間の鼓動は同じリズムを刻むことから、生体に快感を与えるリズムとして知られています。

お風呂-キャンドルでリラックス

お風呂は、身体を癒すのにもってこいの場所です。しかもお風呂とキャンドルの相性は抜群です。
暖かいお湯の中で、暖かいキャンドルの光を眺めていると自然と心が安らぎます。

お湯に浮かせるタイプのキャンドルが大人気です。
綺麗なお花の花びらをお湯に散らすともう気分は最高です。

食卓-キャンドルでリラックス

お友達や恋人とプチホームパーティーを開くと楽しいです。外に食べに行く暇のない人でも、自宅で高級レストランのような雰囲気を味わえます。
キャンドルは、緊張感を和らげ、仲間のコミュニケーションをスムーズにいかせる働きがあります。ピリピリした空気をやさしく癒してくれるキャンドルは、食卓を囲むときにも最適です。食べ物はおいしそうに人の顔を美しく見せます。
九やンドルの明かりは副交感神経を刺激することで、リラックスだけでなく「食欲増進」にも効果があります。副交感神経が働くと、心身の緊張が和らぎ胃や腸といった消化器官が活発になるので、お料理を美味しく食べられることにつながります。

寝室-キャンドルでリラックス

寝る前の数分間、キャンドルの明かりに照らされながら一日を振り返るのもいいかもしれません。落ち着いた気持ちで、現状を見直すことができるでしょう。
キャンドルは燃焼する際にマイナスイオンを放出します。キャンドルが燃焼する際に発生する微量の水分からマイナスイオンが放出され、空気の対流により部屋中に広がります。
燃焼中のキャンドルから放出されるマイナスイオンの数は、20,000個/cmといわれており、森林や滝から放出される3,500~5,000個/cmをはるかに上回ります。キャンドルに火を灯せば、家に居ながらにして森林浴気分が味わえるのです。

アロマキャンドルでリラックス

さらにアロマキャンドルを使用すると、癒しの効果が高まるようです。 一日の終わりに、頑張った自分にご褒美を与えましょう。

キャンドルなどの優しい光でリラックスをするのは、深い眠りにつくためのテクニックの1つです。
このとき、アロマを取り入れると、より一層のリラックス効果が高まります。オススメはラベンダーです。

ラベンダーは、リラックス効果のある代表的なアロマです。憂鬱な気分を明るくして、脈拍を整えてくれます。疲れたときは無理をしないようにしましょう。

ユラユラ揺れる炎が、私たちの心の奥底に安心感を与えてくれます。
あなたの明日からの生活が、よりキラキラしたものになりますよう祈念いたします。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

ページ上部へ戻る