キャンドルのリラックス効果【疲労回復におすすめ!】

キャンドルブッシュ

キャンドルのリラックス効果とは

私たちの日常には仕事のストレスや人間関係など、大なり小なり精神面で披露を感じることがあります。気分を変えるために、運動をしたり好きな映画を見たり、解決法も人それぞれです。ここにもう一つ、お勧めがあります。それはキャンドルの不思議な力です。キャンドルは誰もが手にしたこともあり、入手することもわりと簡単です。キャンドルを御自身の部屋に飾ったり、灯したりして癒しの空間を作り上げるのです。

最近ではキャンドルの材料を100均で揃えて、オリジナルを自作される方もいます。市販品にもいろんな特徴をもったキャンドルがあります。そこで今回は、キャンドルを使った『癒しの空間』作りを紹介いたします。

キャンドルの効果・効能一覧

部屋をすこし薄暗くして眺める炎

何をやってもうまくいかない時、何をやるにもやる気がでない時、情緒不安定で眠れない時、そんな時もあると思います。

やさしく温かいキャンドルは、あなたの身も心も癒してくれます。

お風呂で寛ぎながらフローティングキャンドル

お風呂とキャンドルの相性は抜群、身体を癒すのにもってこいの場所です。暖かいお湯の中で、暖かいキャンドルの光を眺めていると自然と心が安らぎます。お湯に浮かせるタイプのキャンドルが大人気です。綺麗な花びらをお湯に散らせば、疲れも吹き飛びます。

食卓が華やかに!キャンドルを飾ろう!

お友達や恋人とプチホームパーティーを開くのもいいかもしれません。外に食べにいく暇がない人でも、自宅で高級レストランの雰囲気が味わえます。

ピリピリした空気をやさしく癒してくれるキャンドルは、食卓を囲むときにも最適です。張感を和らげ、コミュニケーションを取りやすくしてくれます。

キャンドルの明かりが副交感神経を刺激して、リラックスだけでなく「食欲増進」にも効果があります。副交感神経が働くと、心身の緊張がやわらぎ、胃や腸といった消化器官が活発になるのです。お料理を美味しく食べられます。

寝室でキャンドルを飾って瞑想してみる

寝る前の数分間、キャンドルの明かりに照らされながら一日を振り返るのもいいかもしれません。
落ち着いた気持ちで、現状を見直すことができるでしょう。

キャンドルが燃焼する際に発生する微量の水分からマイナスイオンが放出され、空気の対流によって部屋中に広がります。家に居ながらにして森林浴気分を味わうことができます。

気持ちが落ち着いてくると、不思議と五感が研ぎ澄まされてきます。そんな時、ふと名案が浮かんだり、決断の勇気が湧いてくるものです。

キャンドルの香りの効果

アロマオイルを入れたアロマキャンドルはゆらぐ炎と共に、ほのかな香りを放ちます。一日の終わりに、がんばった自分にご褒美を与えましょう。

やさしい光でリラックスすれば、自然と筋肉もほぐれてきます。 このとき、アロマの香りを取り入れると、より一層リラックス効果が高まります。

香りのオススメは【ラベンダー】です。

ラベンダーはリラックス効果のある代表的なアロマです。憂鬱な気分を明るくして、脈拍を整えてくれます。

ありふれている言葉ですが「気分転換」が大切です。肉体的には運動をすれば肩こりや気分を変えられます。運動は続かないという人には、今回紹介したようなキャンドルセラピーをお勧めします。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

レジンキャンドル作り方

大人気のアロマヒーリングセラピストについての口コミや評判まとめ

本当に大人気のアロマヒーリングセラピスト、アロマは心を落ち着かせてくれたりストレス発散などの効果があるようで、 ストレス社会といわれている…

ページ上部へ戻る