簡単キャンドルの作り方

キャンドルブッシュ

キャンドルは自然光や蛍光灯にはないあたたかみがあります。火の光で体感で暖かさを感じることができるのはもちろんのこと、ゆらゆらと揺れるオレンジの光は私たちに癒しを与えてくれます。

キャンドル作りに必要なもの

・ろうそく
・たこ糸
・ろうそくを溶かす小鍋(ボウル)
・紙コップ、牛乳パック、空瓶、耐熱性のグラス等
・割りばし
・色付け用のクレヨン(蜜蝋100%のものがおすすめ)

キャンドルの作り方

1.まずは3分の1の量のろうそくを小鍋に入れて中火にかけます。(またはボウルを湯銭にかけます)ろうそくが溶けはじめてきたら弱火にして残りのろうそくも加えましょう。少しずつとかしていくのがポイントです。

色を付けるようであればここでクレヨンも溶かします。(クレヨンもカットしておくことで溶かしやすくなります)また、クレヨンはいろんな色を溶かすことでオリジナルな色のキャンドルが出来上がります。

香りを付ける場合もここで入れましょう。
アロマオイルは5滴から試してみます。

2.ろうがしっかり溶けたら瓶や紙コップに注ぎます。注いだら、ろうが固まらないうちに割りばしにつけたたこ糸を垂らしましょう。紙コップの真ん中にたこ糸がくるように割りばしをセットします。

3.ろうが固まったら表面から1センチほど出たところでたこ糸を切ります。

4.大きさにもよりますがキャンドルは2時間ほどで完成です。
固まったら紙コップや瓶もお洒落に演出してみましょう。

キャンドルを作るポイント

大きいグラスや瓶は安定したキャンドルができます。固まったキャンドルは取り出す時に冷蔵庫で冷やすとろうが取り出しやすくなります。

鍋は、溶かしたろうが付着しているのでお水を入れて沸騰させて落としましょう。
たこ糸は、専用のキャンドル芯を使うことで芯が動かず、最後まで綺麗に真ん中で光るキャンドルが出来上がります。

キャンドルをお洒落に飾るひと手間

容器は彫があるものを選べばそのデザインに沿ったキャンドルが出来上がります。他にも型抜きを使えば小さくてかわいいキャンドルが出来て、卵や製氷皿といった容器でも雰囲気のあるキャンドルになります。

グラデーションの綺麗なキャンドルを作るときには、最初に注いだ色のろうが固まってきた頃(20分が目安)次の色のろうを流し込みグラデーションをつくります。

他にもグラスを左右に傾けて注いでいくグラデーションや、小さなキューブ状のろうをしきつめて最後に普通のろうを繋ぎに注げば、キューブ状のグラデーションが可愛いキャンドルが出来上がります。

キャンドルを華やかにするアイテム

キャンドルはイメージに沿ったアイテムと合わせることでより雰囲気の出る可愛らしいキャンドルが出来上がります。

ろうも青と白のゼリージェルを使ったキャンドルで、貝殻や小石を側に飾り、イルカやペンギンなどのガラス細工も置けば海の雰囲気を作ることができます。他にもゼリージェルは気泡を作って爽やかさを演出するのもおすすめです。

ボタニカルキャンドルとは

キャンドルはドライフラワーやドライフルーツ、レモングラスやライム、レモンやラベンダー、花びら等、植物性の色鮮やかなものと一緒にいれることでとても華やかなキャンドルが出来上がります。

また、そのイメージに合ったアロマの香りもプラスしてより癒しのあるキャンドルを作ってみましょう。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

レジンキャンドル作り方

大人気のアロマヒーリングセラピストについての口コミや評判まとめ

本当に大人気のアロマヒーリングセラピスト、アロマは心を落ち着かせてくれたりストレス発散などの効果があるようで、 ストレス社会といわれている…

ページ上部へ戻る