初心者にも安心!!キャンドルゼリーの作り方とは

キャンドルブッシュ

雰囲気にも温かみの出るキャンドルは、透明なジェルで作るキャンドルゼリーもおすすめです。キャンドルゼリーは透明のグラスにカラフルなサンドや貝殻、サンゴ等のお好みのパーツを飾ってオリジナルなキャンドルにしましょう。

キャンドルゼリーとは

グラスにカラーグラスサンドやガラス細工、お好みのパーツを配置して、その上からゼリージェルを流し込んで作るキャンドルです。

透明なグラスの中のキャンドルゼリーはいろんな角度から見ても楽しめて、燃焼時間も普通のキャンドルより長く、癒しの時間をゆっくり楽しめます。

キャンドルゼリーの材料

2色入りカラーグラスサンドや、丸い形のグラスボール(耐熱性のガラス容器)、ロウソクの芯、ゼリージェル、ガラス細工、貝殻などのパーツは100円ショップでも購入可能です。

コーナーとしてもまとまっているので探しやすくて便利です。

普通のキャンドルゼリーであれば耐火性のグラスと、ロウソク芯とゼリージェルがあれば作れます。

容器は3種類

基本的なグラスの形は3種類あります。

丸い形が可愛い「ボウル」とグラスのかたちの「ラウンド」正方形の「スクエア」です。

見せ方にもこだわった形を選んでゼリージェル(40ml程)が1~2本分入る程度の大きさを選びましょう。

キャンドルゼリーの作り方

1.キャンドルゼリーはチューブから耐熱容器に絞り、湯煎でゆっくりと溶かしてかき混ぜます。このときゼリーは丁寧にかき混ぜて気泡は入らないようにしましょう。

海をイメージしたキャンドルゼリー等であれば、あえて激しくかき混ぜて気泡を作ってもお洒落なキャンドルになります。

2.溶かしたジェルを容器に入れて冷まします。この時、キャンドルの芯も忘れずに入れましょう。

キャンドルに入れたいパーツやストーン等があればここで一緒に入れて固めます。キャンドルゼリーは約1時間で完成です。

カラーサンドを使ったキャンドルゼリー

キャンドルゼリーだけでも可愛らしいキャンドルはカラーサンドでもっと可愛くするのもおすすめです。カラーサンドをだんだんに入れて色の濃淡を作ったり層を作りグラデーションが綺麗なキャンドルを作りましょう。

カラーサンドはうまく敷き詰めれば絵を描くことも出来ます。
入れ方のコツは、グラスを外側から見たときの絵やグラデーションを考えながら入れることです。

グラスの形によってもサンドの入れ方は変わってきます。

パーツの入れ方

ガラス細工は層にしたサンドの上に散らしてジェルを上からかけて固めても異素材ミックスのようなおしゃれ感が出すのも人気です。

また子供も簡単に作れて楽しめるキャンドルゼリーは自由研究にもおすすめです。竹串のようなものを使えばちょっとしたアレンジも可能です。

慣れてきたらグラデーションの色を増やしたり散らし方も変えてオリジナルなグラデーションを楽しみましょう。

スプーンを使えば適量のサンドをほどよく散らすことができ、竹串で外側から見える部分を整えながら入れれば失敗も少なくなります。

グラスも扇形のものを使ってみたりしても普段とは変わったキャンドルゼリーが出来上がります。
他にも、キャンドルゼリーはドライフラワーや木の実のパーツを入れれば最近のボタニカルなキャンドルゼリーが楽しめるでしょう。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル手作り資格

口コミや評判で人気!キャンドルアドバイザー認定試験を卒業と同時に資格取得!

仕事でキャンドルアドバイザーの資格を取得する事になり独学で勉強したのですが落ちてしまい、 ネットで調べていると試験を受けずに資格の取得方法…

ページ上部へ戻る