香りがよいカヌレ型蜜蝋キャンドルの簡単な作り方

キャンドルブッシュ

蜜蝋とは

蜜蝋とは、ミツバチの巣じたいのことではなく、ミツバチの巣の内壁のことです。
ミツバチは蜂蜜を食べたのち、腹部にあるロウセンからロウを分泌して蜜蝋を体内に作ります。
そのロウを足で集めて、ハチミツやローヤルゼリーでいっぱいになった巣枠に蓋をして巣を構築していきます。

未精製のものは、花粉っぽいような黄色で、精製のものは白くにおいも少なくなります。

蜜蝋キャンドルの効果

ビーズワックス(蜜蝋)キャンドルは、お部屋のほこりやニオイ、花粉やカビなどの有害物質を除去する効果で知られるマイナスイオンでお部屋を包みます。
蜜蝋は燃えるときに煙が立たず、またその炎に金色の輪をかざします。

ろうそくを灯すだけでお部屋の空気がきれいになります。蜜蝋は、今も昔も神聖なものとされています。蜜蝋はマザーネイチャー(母なる自然)の本質そのものとされています。

売られているキャンドルのほとんどは、パラフィンというものからできています。パラフィンワックスは、石油から精製される天然ワックスをさらに精製し作られています。
ものによってはススが出たり、有害な場合もありますので、蜜蝋で手作りを楽しんでみましょう。

他に植物系で大豆が原料のソイワックスというものがあります。
100%のソイ(大豆)ワックスは、燃えるほど空気中の不純物を減退させ、空気清浄効果があります。

さらに生物分解性であることから環境にやさしい特性を持っています。

キャンドルの炎には、ライトテラピー効果があります。非常に癒し効果のある1/fゆらぎやアルファー波を享受できるのです。

不規則にゆらくキャンドルの炎は、「1/fゆらぎ」のリズムを刻んでいます。これを利用したのがライトテラピーです。

リラックスしたい時は、部屋の照明を落としてキャンドルの柔らかなひかりを見つめてください。お気に入りのBGMを加えるとさらに効果的です。

小川のせせらぎやそよ風など、自然現象にみられるリズムが「1/fゆらぎ」です。人間の鼓動も同じリズムを刻むことから、生体に快感を与えるリズムとして知られています。

キャンドルのほのかな灯りにより陰影が強調され、部屋が広く見える効果や、人が美しく見れる効果があるといわれています。

蜜蝋キャンドルの簡単な作り方

蜜蝋キャンドルの材料

・蜜蝋またはソイワックス
溶かして固まると体積が少し減少します。オイルを5%位足すとロウの溶ける時間が短くなります。
・芯(タコ糸)
・流し込む型(紙コップや耐熱ガラス)
・割りばし(割っていないもの)
・なべ
・蜜蝋を直接入れて溶かすための専用容器(100円ショップのナベやアルミ缶、ロウをと買うための専用の器)

蜜蝋キャンドルの作り方

1.耐熱の容器、またはそのまま出来上がりの容器として使える耐熱ガラスに蜜蝋をいれ、なべで湯煎にかけ溶かします。

2.芯になるものを少し長めにとり、溶けたロウに軽く浸してまっすぐになるようにします。
3.紙コップやその他、型に入れます。
4.画像のように芯を割りばしを使って真ん中に立つようにします。
5.固まったら芯はちょうどいい長さにカットして、型から外します。紙コップなら破いてください。紙コップをカヌレ型のものにすれば、カヌレ型蜜蝋キャンドルも作れますよ!

蜜蝋キャンドルを作る際の注意点

片づけるとき、溶けたロウはティッシュパーパーでふき取ってください。シンクに流したりすると大惨事になります。固まって排水溝が詰まることになります。

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

レジンキャンドル作り方

大人気のアロマヒーリングセラピストについての口コミや評判まとめ

本当に大人気のアロマヒーリングセラピスト、アロマは心を落ち着かせてくれたりストレス発散などの効果があるようで、 ストレス社会といわれている…

ページ上部へ戻る