100円均一でワックスバーやフローティングキャンドル・蜜蝋キャンドルの作り方

手作り

目次

ワックスバーとは

アロマキャンドルは好きだけど、火が心配だから寝るときには使えません。アロマワックスバーとは、蜜蝋をベースにした液を板状に成形し、その中アロマオイルとポプリやハーブを混ぜ入れ固めたものです。

火も電気も使わずに、つるしたり置いておくだけで香りが充満するルームフレグランスです。ワックスバーなら、そのままで香るから、お部屋に置いておくだけで、香りが1年ほど持続します。

さらに材料の蜜蝋は、空気や不純物を浄化したり、マイナスイオンを発生するので良い香りにしてくれるだけでなく、空気もきれいにしてくれます。

意外と簡単に手作りもできます。お友達や恋人へのプレゼントにもおすすめです。

ワックスバーの通販サイト

en market@enmarket_goen

Varo Candleの火を使わないアロマ「ワックスバー」を入荷いたしました。

とても華やかでギフト品としても大人気です。デザインにより香りもことなりますので、香りをお試しになる場合は、池袋PARCO二階の店舗へお越しください。

Himawari.@Hpattunsun

今流行しているワックスバーです。ほんのりローズの香りにしました。トイレに飾っても綺麗ななうえに、香りも楽しめます。

お部屋がいい香りになり、その上燃やさないから安全で、可愛いワックスバーです。

友人からワックスバーをいただきました。甘くて濃厚なチェリーの香りで、可愛くおしゃれで、幸せいっぱいになります。

手作りのワックスバーです。初めてにしては上出来です。

ワックスバーの作り方

材料と分量

・蜜蝋 (20g)
・ソイワックス (20g)
・ドライフラワー、ドライパーツ、スパイスなどど (お好みで)
・アロマオイル (2~30滴)
・空き缶※洗浄済みの清潔なもの (1缶)
・割りばし (1膳)
・なべ (1つ)
・クレヨン、使わなくなった口紅※ワックスバー本体のカラーリングに使用します (お好みで)
・クッキングシート
・型 ※型抜きマフィン用シート (お好みで)
・パット ※料理用 (1つ)
・弦うためのリボン

蜜蝋

パラフィンワックス

プリザートフラワーやドライフルーツ、リボンなどの飾りです。

作り方

なべで蜜蝋とパラフィンワックスを溶かし、そこにアロマオイルや染料(なくてもOK)を垂らします。

ロウを型に流し込み、固まらないうちにプリザードフラワー等を載せていきます。ピンセットがあると便利です。

固まれば完成です。リボンを通すのもいいです。

ワックスバーのデザイン集

リンゴにシナモンとおいしそうな香りがします。

たくさん作って並べると可愛いです。

ドライフルーツドライフとシナモン、比較的簡単に手に入りそうです。

まるでチョコみたいです。コロンとした正方形にオレンジの組み合わせです。

これはすごい、まるで本物のリースです。

染料で好きな色にできるのも魅力です。これは元気の出る黄色です。

ハートやお花の形もかわいいです。クッキーの型で抜けます。

ストロべりーの香りがします。ラッピングもかわいいです。

丸い形も素敵です。お部屋にぶら下げると楽しくなります。

キャンドルの香りを楽しみたいという方は、たくさんいらっしゃいますね。お気に入りの香りで、お部屋を満たしたい…キャンドル好きは、どなたも、そう考えます。そこで、超ビッグなキャンドルを作って、香りいっぱいのお部屋にしようではありませんか!

キャンドル作りは簡単

キャンドルって、案外、簡単に作れるのです。そこで、バケツを使って、お店にもないようなビッグなキャンドルを作ってみましょう。もちろん、香りも付けますよ。

大きなアロマキャンドルを作り、お好みの香りで、お部屋を包みこむのです。リラックスできそうですね♪

ロウソクとアロマオイルで大丈夫

キャンドルを作るのに必要なものは、おおかた100円ショップでそろいます♪

・材料

ロウソク・クレヨン・お鍋(大・小)・アロマオイル

お好みにより、アロマオイルで香りを付けますが、このアロマオイルも100円ショップで購入できます。

大きな容器であれば、バケツでなくてもかまわないのですが、ビッグなキャンドルということなので、バケツを用意しました。飾っておきたくなる可愛いバケツもありますね。

ビッグなキャンドルを作るので、キャンドルの芯も太めで長いものが必要になります。

・作り方

お鍋で、バラバラに砕いて、芯をとったロウソクを溶かします。直火ではなく湯煎してください。

キャンドルに色を付けたいときには、刻んだクレヨンを湯煎したロウソクに入れて混ぜます。

そして、香りを付けたいときには、湯煎したロウソクにアロマオイルを落とします。普通サイズのキャンドルなら、数滴でよいのですが、ビッグキャンドルなので多い目に落としましょう。

一般的に、キャンドルの芯は割り箸に挟んで、容器の中心にくるようにセッティングするのですが、ビッグキャンドルの場合は、芯を数箇所にセッティングしてもかまいません。

あとは、湯煎して溶けたロウソクを流しこんでください。冷めて固まれば、できあがりです♪

キャンドルの香り集

もちろん、香りはお好みで!

・オレンジ

爽やかなオレンジの香りです。柑橘系のスッキリした香りが、お部屋を包みこみます。

・カモミール

ほんのりと甘くフルーティーな香りが、お部屋に広がります。

・シソ

スッキリとしたその香りが、気分を爽やかにします。そもそも食材なので、キッチンに置いてもいいですね。

・ローズ

バラの持つ気高く上品な香りが、お部屋を素適に演出してくれます。

・ラベンダー

ラベンダーの持つ爽やかな香りは、もはや定番といわれています。

ビッグキャンドルの種類

流しこんだロウのまわりにドライフラワーやフルーツを入れると雰囲気も変わります。

バケツ自体が可愛いので、飾っておくだけでも素適ですね。

シンプルなバケツにカラフルな色のロウを流しこむと、こんな感じに…

2色以上の色を使いたければ、ひとつ目の色を流しこんでから冷めて固まるのを待ち、その後、ふたつ目の色を流しこみます。

ビッグキャンドルのまとめ

ビッグサイズのキャンドルの作り方も普通サイズのキャンドルの作り方と同じです。材料をたくさん用意しなければならないという違いを除いて…でも、材料は100円ショップで購入できるので安心ですね♪

今度のお休みに、ビッグキャンドルにトライしてみては…?

遠い昔から、人は火を恐れ、崇(あが)めたものです。オレンジ色の光を放って揺れるキャンドル(ろうそく)の炎、吸い込まれそうでもあり、何かこわばったものが溶けそうな気持になります。

和名(わめい)であるキャンドル(ろうそく)も、最近ではお洒落にキャンドルです。そのキャンドルが進化発展しています。その一つに、水に浮かぶキャンドルがあります。そこで今回は、水に浮かぶフローティングキャンドルの作り方や、幾つかの作品を紹介いたします。

フローティングキャンドルとは

キャンドル(キャンドル)に火を灯して、ポタポタと水面に落とせば、落ちた蝋(ろう)は水面に浮きます。この性質を利用して、水面(みなも)に浮かべて、その優雅さを楽しむキャンドルです。作り方の工夫でいろんな形のものがあります。そして、お洒落な皿に浮かべたもの、水草の入った金魚鉢で灯っているものなど、作品は様々です。

フローティングキャンドルの材料

フローティングキャンドルの材料となるキャンドル(ろうそく)やパラフィン、型などは100均で入手できます。湯煎(ゆせん)用の鍋、割り箸など、自宅にあるものは、それを使って下さい。

仏具用ロウソク またはパラフィン
型(詳細は後述)
クレヨン または専用の顔料
割り箸や竹串
湯煎(ゆせん)用の鍋と容器
新聞紙やキッチンペーパー など

フローティングキャンドルを作ろう!

市販のロウソクやパラフィンを湯煎(ゆせん)で溶かし、クレヨン(または専用の顔料)で着色して作ります。案外、簡単に作れるのですが、いくつか気をつけたい点があります。また、火を使いますので、お子さまだけで作業をさせないようにご注意ください。

パラフィンは可燃性です。溶かす際は、直火にかけないで、必ず湯煎してください。溶けてすぐの蝋(ろう)は、とても熱いので、やけどしないように気をつけてください。

湯煎(ゆせん)で余った蝋(ろう)は、流しなどに直接捨てないでください。蝋(ろう)が固まって、排水溝のつまりの原因にもなります。

フローティングキャンドルの作り方

1.湯煎(ゆせん)する蝋(ろう)の準備をする。

写真左は市販のキャンドル(ろうそく)。右はホビー用のパラフィンで、粒上のパラフィンが入っています。パラフィンを利用する場合は、別売りの芯が必要になります。たくさん作る場合には、小さな粒になっている市販のパラフィンが便利です。

2.芯の取り出し

キャンドル(ろうそく)を手で折って芯を抜いてください。小さなキャンドル(ろうそく)なら、そのまま湯煎(ゆせん)にかけ、割り箸を使って芯を取り出してください。

フローティングキャンドルの型と芯の準備

1.シリコン型(底あり)を利用する場合

シリコン型には底があるので、そのまま蝋(ろう)を流し込めます。こちらは、割り箸の間に芯を挟んで固定しています。

2.抜き型(底なし)を利用する場合

写真のようにアルミ箔で箱を作り、その上にクッキーの抜き型を置きます。箱の大きさは、蝋(ろう)を流し込む時に、無駄が少なくなるように考えてください。

型の中央に、芯を垂らします。割り箸の間に挟んだり、竹串に結んだりして、蝋(ろう)が固まるまで、芯を固定できるようにします。

フローティングキャンドルの蝋の湯煎のやり方

1.クレヨンを削る

色を付けたい場合は、クレヨンを細かく削っておきます。少し濃い目の色を使用すると、少量でも色が付きやすくなります。

2.蝋(ろう)を小鍋に入れる

少し大きめの鍋に湯を沸かし、その中にロウを入れた一回り小さい容器を入れて、割り箸でかき回します。写真のアルミ缶は取っ手がありませんが、作業性を考えれば取っ手付きをお勧めします。

3.色を付ける

蝋(ろう)が溶けたら、削ったクレヨンを入れてかき混ぜます。

フローティングキャンドルの蝋型に注ぐ固め方

1.シリコン型(底あり)

シリコン型(底あり)に、蝋(ろう)を注ぎます。

蝋(ろう)が固まる前に、芯が真ん中になるように調整します。

蝋(ろう)がしっかり固まれば、芯を割り箸からはずします。

芯は上部1cmほど残して切ってください。

2.抜き型(底なし)編

アルミ箔で作った箱全体に蝋(ろう)を注ぎます。

蝋(ろう)が固まる前に、芯がきちんと真ん中になるように調整します。

色を何層かにしたい場合は、最初の色の蝋(ろう)が固まってから、次の蝋(ろう)を注ぎます。

蝋(ろう)が固まれば、芯を挟んでいた割り箸をはずし、抜き型もはずします。

型の周りの余分な蝋(ろう)は、また溶かして別に使ったください。

出来上がりです。芯は上部1cmほど残して切ってください。

フローティングキャンドル(水に浮くキャンドル)として利用できます。

フローティングキャンドルのデザイン集

ハート型にすると、とてもかわいいですね!

こちらはお花の型です。色々な型を用意して作ると、気分もアップ!

日が落ちて夕暮れ近づく時、水面に揺らぐ幻想的な炎はいつまでも眺めていたくなるものです。お洒落なガラスの器に可憐な花と共演するキャンドルは如何でしょうか。

ジャーサラダで爆発的人気のメイソイジャーとは

キャンドル作りに作りにとてもキュートなメイソイジャーサラダとキャンドルで休日の夜をリフレッシュしましょう。

メイソンジャーでキャンドル作りの材料

メイソイジャー

http://www.masonjar.jp/

メイソイジャーの通販専門店 Mason Jar Shopです。アメリカのBall社が生み出したメイソイジャーは、世界的な人気を博している便利なガラス容器です。タンブラーなど保存容器以外にも様々な用途にご利用頂けます。ストローや各種のふたなどの付属品も豊富な品揃えです。

蜜蝋

固形のものより小粒のビーズタイプの方がお手軽に作れます。

【購入店情報】

*ネイチャーガイダンスは、大量買い付けの際はお値段が安いですが、キャンドル等の芯は販売していないのでこれからキャンドル作りをする方は下記の2店の方がオススメです。

*キャンドルマートならキャンドル用品は何でもそろいます。芯から道具まで全て揃います。キャンドル材料通販専門店です。手作りキャンドルの材料、キャンドル用パラフィンワックス、蜜蝋、ソイワックス、ジェル ワックス、キャンドルの芯、型、顔料、キャンドル用フレグランスなど品揃えが豊富です。

*マンデイムーンは、キャンドル用品は少なめです。手作りコスメの素材屋さんなので蜜蝋と一緒にココナツオイルなども購入できます。ナチュラルスキンケアコスメとコスメ原料のオンラインショップです。

*ネイチャーガイダンスは、コストパフォーマンスに優れた良質なアロマオイル (エッンシャルオイル・精油)や蜜蝋、アクセサリー業者・デザイナー向けの安価で高品質な天然石ビーズ・アクセサリーパーツ・14khf/ゴールドフィルドパーツを卸価格にて販売しております。 お客様にお得なポイント還元やプレゼント、送料無料の特典などがあります。

キャンドル芯(座金)

キャンドル芯はタコ糸でも作れますが、燃焼不良になったり煤が多いのであまりおすすめできません。座金は無くてもよいですが、あると簡単ですし最後まで無駄なくキャンドルを使えます。

なべ(大、小)、はさみ、新聞紙

みつろうは湯煎で溶かすので大き目の鍋と小さめの鍋もしくは耐熱ガラスやアルミの計量カップを準備してください。注ぎ口のあるタイプだとこぼれにくく使いやすいです。

メイソンジャーでキャンドルの作り方

新聞紙を2~3枚敷きそのうえで作業します

万一こぼれた場合にかたずけが楽にできます。

なべに湯を沸かす

沸騰したら弱火にして蜜蝋を湯せんし溶かします。

座金におキャンドル芯をセットし、両面テープや接着剤で座金をジャーに固定します

割りばしに芯を挟みセッティングします。

座金を使わない場合のメイソンジャーでキャンドルの作り方

蜜蝋が溶けたらキャンドル芯を蜜蝋に浸します(蜜蝋は湯せんしたまま)

余分な蜜蝋を新聞紙の上にあげ粗熱がが取れたらまっすぐにします。
ジャーに少しキャンドルを流し固まる前に芯をつけ固定します。
割りばしに芯を挟みセッティングします。

湯せんからあげた蜜蝋を3に流し込み完成です

蜜蝋は蜜蝋固まると表面がひび割れやすいです。ひび割れた際は上から少量流し込んでください。

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

レジンキャンドル作り方

大人気のアロマヒーリングセラピストについての口コミや評判まとめ

本当に大人気のアロマヒーリングセラピスト、アロマは心を落ち着かせてくれたりストレス発散などの効果があるようで、 ストレス社会といわれている…

手作りデコの記事

関連リンク

ページ上部へ戻る