誕生日に使いたいキャンドルと演出方法

キャンドルブッシュ

演出に必要なアイテムについて

今回はサプライズの演出にあたって、必ず用意しなければいけないアイテムがいくつかあります。なので、サプライズを行う前にしっかりと準備や手配がとても大事になってきます。それでは、これらのアイテムの使う用途や注意点を説明したいと思います。

まず一つ目は、「『キャンドル』です。やはりサプライズするにあたって最も肝となるアイテムで、部屋を飾りつけする時に使用します。万が一の対応や追加の飾り付けがで来るように多く用意しておくことをおすすめしますが、予算がギリギリの人は最低でも50個は用意しておいて下さい。

そして二つ目は、『ケーキ』です。誕生日といったらやはりケーキが必要ですよね。普段は誕生日などのお祝いとして用意しますが、今回のサプライズでは相手の気を引くためにも使用します。見た目のインパクトが欲しいので、当日に食べきれないかもしれませんが。ホールケーキが良いと思います。

そして三つ目に「ライター」です。キャンドルに火を灯す時に使用します。キャンドルの量がとにかく多いときは、火を素早く灯すことができるチャッカマンタイプのライターを用意しましょう。

演出に必要なアイテム一覧

  • キャンドル
  • ケーキ
  • ライター

サプライズキャンドルの方法

やってまいりました。サプライズ当日、相手がお風呂に入るのをかくにんしたら準備を開始します。まず最初に、テーブルに用意しておいたキャンドルをハート形に並べていきます。約50~60個のキャンドルを隙間開けて並べれば、それなりに大きなハート形を作ることが出来ます。そして、ハート型を作ったら真ん中にホールケーキを置きましょう。ちなみにホールケーキにもろうそくを立て忘れないように!

そして、相手がお風呂から出るタイミングで、全てのキャンドルに火を灯していきます。今回はキャンドルの数が多いので、時間に余裕をもって灯して下さい。全て灯し終わったら部屋の明かりを落し、プレゼントを持って部屋のどこかへ隠れましょう。

何も知らない相手がお風呂から出て来ると、真っ暗な部屋にハート型に囲まれたキャンドルの光が目に映ります。その中央にはなんとキラキラ輝いている美味しそうなホールケーキが飛び込んできます。そしてそれにあっけにとられている相手の背後からそっとあなたが出てきてプレゼントを渡してあげましょう。

もしもキャンドルが余った場合

キャンドルが余った場合には、基本お任せで使っても良いのですが、たとえで言うならば、お風呂からハート形のキャンドルがあるところまで並べ、キャンドルの道を作るとより効果的な演出が期待できます。

ロマンチックにプレゼントを渡せるサプライズ

普通にプレゼントを渡すよりも、部屋を暗くすることで何倍もロマンチックな雰囲気を作り上げることが出来ます。相手は感動しこの誕生日を忘れないでしょう。相手に素敵な誕生日にしたいと思うのであれば、ぜひ!キャンドルを使ったバースデイサプライズを取り入れてみてはいかがでしょう。自分なりにアレンジしてみるともっといいサプライズになるかもしれませんね。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

アクセサリーキャンドル資格

仕事と趣味を活かしたキャンドルアドバイザー

仕事と趣味を活かしたキャンドルアドバイザー 心や体を優しい光で癒してくれるキャンドルは、自分で形や色、香りなどを自分好みに自由に組み合わせ…

ページ上部へ戻る