かわいい手作りワイヤーポーチの作り方【簡単!】

キャンドルブッシュ

ガバッと開いて中のものがすっごく取り出しやすくて便利なワイヤーポーチ。

ファスナーポーチが作れたら意外と簡単に作れそうです。

ワイヤーポーチとは

口の部分にワイヤーが入っていて、開いたままキープできるポーチです。

こんなのが入っています。でもこんなの使わなくてもいいで~す。

針金ハンガーで十分♡ひっかけるところにキャップがついているものが理想ですが、

なくてもOK♡クリーニングの針金ハンガーで十分です。

ワイヤーポーチの作り方

同じ長さで2本用意し、ペンチを使って曲げておきます。

針金の先がとがっているので、ハンガーについているキャップをボンドでつけるか、ビニールテープを巻いて保護しておきましょう。

ビニールテープは時間がたつとべちゃべちゃするので、ホームセンターなどに売っているべたつかないタイプがオススメです。

これをしないと布を突き破ってしまいます。

ワイヤーポーチの型紙の作り方

市販の口金には、たいてい型紙が付いています。針金ハンガーを使う場合、当然型紙は自分で作らないといけませんよね。

でもむずかしく考えなくてもOK♡

型紙の展開図はこんな感じ。縦+横とは口金に使う針金ハンガーの全長のことです。

高さはどれぐらいの深さのポーチにしたいかによって変わりますのでお好みで。横は針金ハンガーの長辺の長さ、縦は針金ハンガーの短辺×2です。

↑こちらが分かりやすいですね。

ハンガー口金を配置すると底部分にぴったりです。

ワイヤーポーチの作り方のコツ

私のおすすめは底マチ部分をトートバックのようにあとから付けるタイプ。

こんなマチや

こんなマチが簡単です。

そうすれば型紙はペタンコのファスナーポーチと同じ!

ワイヤーの長さとポーチの深さ+ワイヤー短辺×2の長さの長方形で型紙の完成です。もちろん縫い代はプラスして下さいね♡

作り方もファスナーポーチと同じです。ただ違うところは、ワイヤーを入れるところが必要になるだけです。

ファスナーポーチを作ったらステップアップでワイヤーポーチを作ってみてはいかがでしょうか?

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

アクセサリーキャンドル資格

仕事と趣味を活かしたキャンドルアドバイザー

仕事と趣味を活かしたキャンドルアドバイザー 心や体を優しい光で癒してくれるキャンドルは、自分で形や色、香りなどを自分好みに自由に組み合わせ…

ページ上部へ戻る