手作りキャンドルで素敵なイベントを…♪

キャンドルブッシュ

クリスマスやハロウィン…あなたは大切な時間をどのように過ごしていますか?特別のイベントであれば盛り上げていきたいもの。そんなときの必須アイテムが可愛いキャンドルです。今回は、あなただけの手作りキャンドルにトライしてみませんか?

ベースになるキャンドルの作り方

最初は、基本形です。この基本的な作り方さえマスターしておけば、後は応用するだけで色んなキャンドルが作れますよ♪

・材料

・ろうそく ・クレヨン ・紙コップ・鍋 ・割りばし ・はさみ

全部100円ショップでそろいます♪

・作り方

クレヨンを細かく刻みます。

ロウソクをバラバラにしてください。

ロウソクをお鍋で溶かします。直接火にはかけずに湯煎してください。そして、ロウソクの芯を取っておきます。

取っておいたロウソクの芯を割り箸に挟んで、まっすぐにセッティングしてください。

溶けたロウソクの中に刻んだクレヨンを入れます。よく混ぜてくださいね。

芯をセッティングした紙コップに色をつけたロウソクを流しこみます。1~2時間ほどで固まります。

紙コップをはさみで切って取りだせば、キャンドルのできあがり♪

・香りをつけたいのなら…

素敵なキャンドルには、素敵な香りが欠かせない…という方は、クレヨンを溶かすときに、アロマも加えてください。香りがついて、素敵なアロマキャンドルになります。

お好みの香りで、キャンドルを楽しんでください♪

・色んな容器がつかえます

使える容器は、紙コップだけではありません。牛乳パック・ガラスの瓶・マグカップなどなど…

マグカップで作れば、ロウソクを流しこむだけで型を外さなくても大丈夫。簡単にキャンドルができます。

お好きな容器で試してみてくださいね♪

グラデーションキャンドルの作り方

・作り方

カラフルなキャンドルがお好みなら、色を分けたロウソクを10~15分(冷蔵庫で)ごとに流しこみます。鮮やかなグラデーションキャンドルのできあがりです。

お好きな色を流しこむだけで、こんなに可愛いキャンドルになります!

ラッピングをすれば、心のこもった、プレゼントになりますね。

使う容器によって、大きさもいろいろ♪

卵の殻キャンドルの作り方

・作り方

卵の殻を使ったキャンドルです。卵の殻を紙コップの替わりに使うだけです。中身を出した卵を洗って乾かせば、あとは、紙コップと同じ使い方です。

ポイントとして、洗剤で洗えば、殻がむきやすくなりますよ♪

色のある卵が並ぶと、なんて可愛いのでしょう。ソフトでやさしい感じがしますね。

これは「アナと雪の女王」をイメージしたキャンドルです。ペイントすることにより、こんなに可愛くなりました。

火を灯すのが、かわいそうな気がします…

ドライフラワーキャンドルの作り方

・作り方

大き目の容器を用意して、その中心にロウソクを入れます。あとは、お好みのドライフラワーをすき間に入れるだけ。最後に溶けたロウソクを流しこめばできあがりです。

太目のロウソクがあれば、容器に入れるだけで簡単に作れますが、ない場合には、先に、中に入れるキャンドルを作ってくださいね。

素敵なキャンドルですね。こんなのが作れちゃいます!

このクラスになると、火を灯すことができるのでしょうか?

癒されます。プレゼントにしても喜ばれそうですね。

キャンドル作りにトライ!

おしゃれなキャンドルが簡単に作れますね。いちど作ると、また作りたくなるそうです。あなたも、キャンドル作りにトライしてみてはいかがですか?素敵な時間が過ごせますよ…♪

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル手作り資格

口コミや評判で人気!キャンドルアドバイザー認定試験を卒業と同時に資格取得!

仕事でキャンドルアドバイザーの資格を取得する事になり独学で勉強したのですが落ちてしまい、 ネットで調べていると試験を受けずに資格の取得方法…

ページ上部へ戻る