100均で簡単なあづま袋の作り方【エコバッグやランチバッグに人気!】

キャンドルブッシュ

あづま袋って知っていますか?サブバックやエコバック、小物の整理に便利な袋です。

みゆき袋や三角袋とも呼ばれていて、丈夫で便利なんです♡そんなあづま袋って簡単に作れて、風呂敷よりも手軽で使いやすいので、あなたも作ってみませんか?

手拭いを使ってあづま袋を作ろう!

あづま袋は縦:横が1:3の布で作られています。縦が30cmなら横は90cm。それには手ぬぐいがしっくりくるんです。

最近、100円ショップにはかわいい柄や変わった柄の手ぬぐいがたくさん売られています。

それに手ぬぐいを使うと布の端が処理されているので、簡単に作ることが出来ます。

あづま袋の作り方

① 手ぬぐいの表側を上に向け、横幅を3等分にして折り目をしっかりとつけます。

② 左側の1/3を右側に向けて折り、写真の①のラインを縫います。

③ ②で縫い合わせた布を開いて、bのラインが見えるようにします。

④ 右側3/1の布を左側に倒して、写真の②のラインを縫います。※手順③を忘れると重なった状態のまま縫ってしまって、袋にならないので、忘れないようにして下さいね♡

⑤ 表に返します。

⑥ 完成です。

ふたつのとがったところを結ぶと持ち手になります。手ぬぐいを使って作ると、ミシンなら5分ぐらいでできちゃいますよ♡

もちろん布端が処理されていない生地や手縫いでも作れます。

その場合は、同じ大きさの布を中表に縫い合わせて、ひっくり返したものを使うか、手ぬぐいのように布の端を処理してから作りましょう★

ラッチバッグやお弁当袋に!あづま袋の作り方

お弁当箱用のあづま袋の布は、弁当箱の横幅に少しプラスした長さ×3で布の横幅を決めます。縦はその長さの1/3にします。

ほら♪お弁当箱にぴったりです。

あづま袋の使い方

簡単に作れて便利なあづま袋はいろいろな場所で活躍すること間違いなしです。

例えば…

普段使いのあづま袋…これでもかわいいんですが、中身が丸見えになりがちなかごバックに入れてみたり…

和服の装いにもあづま袋はぴったりです。

もちろん洋服にもぴったりです。

ねこちゃんにもぴったり!?ちょっと微妙な表情ですが…

大きなあづま袋の作り方

こんな大きなあづま袋や逆に小さいものを作りたい時、必要な布の寸法を計算してくれるサイトを見つけました。

サマンサの簡単洋裁室さんのHPで寸法が計算できますよ。作り方も載っているので、すごく便利です。

自由に好きな大きさのあづま袋作りに挑戦してみて下さいね♡

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル手作り資格

口コミや評判で人気!キャンドルアドバイザー認定試験を卒業と同時に資格取得!

仕事でキャンドルアドバイザーの資格を取得する事になり独学で勉強したのですが落ちてしまい、 ネットで調べていると試験を受けずに資格の取得方法…

ページ上部へ戻る