石塑粘土(せきそねんど)で陶器風ブローチアクセサリーの作り方

キャンドルブッシュ

石塑粘土(せきそねんど)とは

油粘土や紙粘土、軽量粘土…いろんな粘土があります。

石塑粘土(せきそねんど)ってご存知ですか?石塑粘土は、石粉から出来ていて柔らかく、成形しやすい粘土です。

乾燥したら、強度も増します。石膏のような感じです。

そんな石塑粘土を使って、かわいらしい陶器風のブローチを作ってみませんか?こちらは石塑粘土で作られたきんとんうんの形のブローチです。

石塑粘土(せきそねんど)でアクセサリーを作ろう!

クッキー生地のように薄く伸ばして、クッキーの型で型取りする方法や型に石塑粘土を詰めて、型取りする方法など、作り方はいろいろあります。

着色もアクリル絵の具や色鉛筆、パステルなど多種多様です。

こちらはおすすめのニス、パジコさんの『シーラースーパーグロス厚塗りツヤ出し』です。コーティングはニスを使ってもいいですし、レジンでも♡

ニスやレジンはピカピカつるつるするので、まるで陶器のように仕上がります。

ブローチピンは乾いてから、ボンドで接着します。

石塑粘土(せきそねんど)でブローチアクセサリーの作り方

石塑粘土を好きな形に作ります。ヒビがあると割れやすいので、水を使ってヒビをなくすように埋めておくのがオススメです。

型抜きで形を作った場合は、縁をならしておくと陶器風に、縁をならさないようにしておくと素朴な感じに仕上がります。

しっかり乾燥させてから、表面にやすりを掛け、着色します。

きちんと乾燥するまで季節や作品の厚みによりますが、1日掛かります。色鉛筆やパステルで着色する場合は、カッターなどで削り、柔らかい布でこすって色を付けます。

ニスを塗って、ブローチピンを貼り付けて出来上がりです。

裏にもニスを塗る場合は、ブローチピンを貼り付けてから塗りましょう♡ニスを塗ってからだとはがれやすくなります。ニスの代わりにトップコートでも代用できます♡

石塑粘土(せきそねんど)のメリット

石塑粘土がすばらしいのは、乾いてから削ったり、掘ったり出来るということ!

紙粘土は石塑粘土と似ていますが、乾いてから削るとケバケバになってしまいます。

石塑粘土で作ったかわいいブローチのデザイン集

北欧風のこんなにかわいいモチーフで作られたブローチやオーナメント。他にもピアスやキーホルダーなども作れます。石塑ねんどの白色が生かされているので、着色も簡単です。

こんなにポップで小さいのも作れちゃいます。ブローチピンをピンバッチの金具に変えてもいいですね。

かわいいデザインや作り方が載った本も販売されているので、ぜひ挑戦してみて下さいね♡

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピキャンドルレジン

キャンドルデザインマスター認定試験の口コミや評判まとめました!合格してアーティストの仲間入り?

女性に人気のアイテムのキャンドルを使用して、癒し効果などを作り上げる人気のキャンドルデザインマスターについて ご紹介させていただきます!人…

ページ上部へ戻る