羊毛フェルトで刺繍のコツ【100均のキットで作れる!】

キャンドルブッシュ

羊毛フェルトをご存知ですか?

フェルトの原料の羊毛をフェルティングニードルという専用の針で刺していき、丸く固めて動物などを作るクラフトです。

羊毛フェルトとは

羊毛フェルトでこんなにかわいい動物を羊毛を刺し固めて作るんです!ここまでの作品はさすがに簡単にはいかないです。

今にも動き出しそうですよね♪

羊毛フェルトには、色々な色が揃っています。こんな羊毛フェルトを使って、刺繍が出来るって知ってますか?

今回は羊毛フェルトを使った、羊毛刺繍をご紹介したいと思います。

羊毛刺繍は、刺繍のようにチクチク羊毛フェルトを刺していき、ふわふわ、もこもこの手触りで立体的に飛び出したようになります。

普通の刺繍と組み合わせてバリエーションが広がります♡

羊毛フェルトでトートバックに刺繍する

羊毛刺繍に必要な材料

① カッティングマット※ フェルティングマットを突き抜けてしまうと机に傷が付くので、念のために敷いておきます。厚紙などでもOK.

② フェルティングマット※ 針で布を貫通させるので、必ず使用しましょう。

③ フェルティングニードル※ 針の太さはお好みで構いません。刺繍する布が厚い場合は太めを使用します。

④ チャコペン※ 布に下絵を描く時に使います。時間がたつと消えるものや水で消えるものを使うといいでしょう。

⑤ 刺繍したい布(今回はトートバック)※ラミネート加工されている布や、厚めの布は羊毛刺繍に向きません

⑥ 羊毛フェルト※ 好みの種類、色のものを用意して下さい。

⑦ せっけん水

⑧ ビニール袋※ ⑦⑧は、刺し終わった裏側を処理する時に使います。

羊毛フェルトで刺繍のやり方とコツ

① まずはチャコペンで下絵を描きます。

② 下書きにそって、羊毛を刺していきます。羊毛をちぎって、輪郭に沿って丁寧に刺します。全体の色をつけてから、細かい模様をつけます。

③ 裏側にも羊毛が突き出ているので、石鹸水をつけ、ビニール袋でこすると繊維同士が絡んで取れにくくなります。

④ せっけん水を手洗いで落とし、タオルで挟みこむようにして乾かします。

⑤ 完成です。

羊毛フェルトの作品デザイン集

羊毛刺繍のブローチです。フェルトに好きな図案を刺繍してから、周りのフェルトをカットし、裏にブローチピンを貼り付けて作ります。

カラフルでかわいいこのポーチも模様は羊毛フェルトで刺繍しています。シンプルなポーチも羊毛刺繍でかわいいポーチに仕上がります。

羊毛刺繍をするときは、フェルティングニードルは鋭いので、指を突き刺してしまわないように注意して下さいね♡

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

ページ上部へ戻る