驚きのエコDIY!廃棄する天ぷら油…キャンドルに変身♪

キャンドルブッシュ

お料理で何度もくり返し使った天ぷら油。そろそろ捨てないと…って思っていませんか?まだまだ、使い道はあります。廃棄決定の天ぷら油でアロマキャンドルが作れるのです!今までお腹を満たしてくれていた天ぷら油が、これからは心を癒してくれるのです♪

天ぷら油で作れるアロマキャンドル

もう、捨てないと…と、思っていた天ぷら油で、オリジナルのアロマキャンドルを作ることができます。環境にやさしく、お財布にもやさい…と、いうことありませんね♪

・材料

天ぷら油(廃油であれば、他の油でもOK) 100ml~200ml・テンプルやパラフィンなどの廃油凝固剤(ロウを溶かしたのでも可)・アロマオイル・クレヨン・キャンドルの芯(タコ糸で可)・割り箸・容器・お鍋

・作り方

カッターなどで、お好みのクレヨンを刻んでください。クレヨンは、キャンドルに色を付けたいときに熱した廃油に入れます。

あまり焦げていない廃油をコーヒーのフィルターなど濾過用のペーパーで、2~3回こしてください。不純物はなるべく除いておきましょう。なお、焦げた廃油でも使えるのですが、キャンドルの色に影響がでます。

お鍋で廃油を熱します。温度が80度くらいになれば、廃油のなかに、刻んだクレヨンとロウを入れて混ぜます。クレヨンは、少しずつ入れて調整してください。淡い色のほうがきれいになるかな…

クレヨンとロウを入れたら、つぎに廃油凝固剤を廃油100mlにつき5~6mgの目安で入れて混ぜます。これから作るキャンドルンの大きさにあわせて調節してください。

廃油の温度を60度くらいまで冷ましてから、お好みのアロマオイルを入れます。廃油が熱い状態でアロマオイルを入れると香りがとぶので、必ず温度を下げてから入れてください。入れる量は、10滴前後で調整してください。

割り箸に芯を挟んで、容器の中心にたらします。かならす、芯が容器の底まで届いているか確認してください。短いとキャンドルの火が、途中で消えてしまいます。

容器に廃油を流しこみ、しばらく待ちます。自然に冷めて固まるまで待てばできあがりです。

思ったよりも簡単に作れたのではないでしょうか?後は、キャンドルに火を灯し、素適な時間を過ごすだけですね♪

アロマキャンドルのセッティング

せっかく作ったキャンドルなので、コーディネートにもこだわりたいものです。セッティングの仕方ひとつでずいぶん雰囲気も変わりますからね。

お気に入りのランタンに入れてみると、こんなにおしゃれになりました。ランタンだけ見ていると、どこか異国の地にいるような錯覚におちいります。

キャンドルは性質として水に浮くので、形によっては、水をはった器に浮かべることもできます。お花をデコレーションすると、印象的な雰囲気になりますね。

紙や布を巻きつけたメイソンジャーもおしゃれなキャンドルになります。巻きつけた麻ひもが、クラシックな雰囲気を演出しています。

廃油を利用した手作りキャンドルのまとめ

天ぷら油の再利用キャンドルはいかがでしたか?捨てようと思った廃油がこんなに可愛いキャンドルに生まれ変わるなんて驚きですね。あなたも地球環境のエコロジーを目指し、アロマキャンドルを作ってみませんか…?

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピキャンドルレジン

キャンドルデザインマスター認定試験の口コミや評判まとめました!合格してアーティストの仲間入り?

女性に人気のアイテムのキャンドルを使用して、癒し効果などを作り上げる人気のキャンドルデザインマスターについて ご紹介させていただきます!人…

ページ上部へ戻る