100円均一の材料でベビーシューズの作り方とキャンドルゼリーのレシピ

キャンドル

ちっちゃくてかわいい『ベビーシューズ』

みてるだけでも癒されますよね♡

そんなベビーシューズを手作りしてみませんか?

ひとつひとつパーツが小さいので、すごく簡単♡とは

言い切れませんが、ゆっくり丁寧に作ってみましょう。

■バックストラップが本格的なベビーシューズの作り方

パターンはこちらから★

【材 料】

お好きな柄のコットン生地

ドミット芯

接着芯

靴底、ストラップ、バイアスに使う生地(薄いフリースがおすすめ)

レース等の飾りつけのリボン

マジックテープ

作り方①

パターン通りにそれぞれを裁断します。

接着芯をアイロンで貼り付けておきます。

作り方②

靴底用の表布と裏布、ドミット芯を重ねて、

ミシンを使ってぐるっと周りを縫います。

作り方③

靴底の布がズレるのを防ぐためにステッチを掛けます。

作り方④

ストラップを作ります。

縦長に半分に折り、中心に向けて左右に折りたたみ、

アイロンを掛けます。

布端を片方だけ少し折り込み、もう一度アイロンを掛けます。

もう片方は、後から隠れる部分なのでそのままでOKです。

作り方⑤

周りにグルッとステッチを掛け、マジックテープを縫い付けます。

作り方⑥

かかと側のパーツの裏布の方に写真の位置にストラップを置き、

少しステッチを掛けて、固定します。

2つ、左右対称に作ります。

作り方⑦

中表になるようにかかとのパーツの表布を重ねて、

カーブ側のみステッチします。

作り方⑧

布を表に返して、アイロンを掛けておきます。

少し面倒ですが、パーツにマメにアイロンを掛けることで仕上がりが全然違ってきます♪

後からそれぞれのパーツを縫い付けやすくもなるので、マメにアイロンを掛けて下さいね♡

作り方⑨

飾りのリボンとマジックテープを縫い付けます。

作り方⑩

トゥ部分を縫います。

大きいカーブの部分は縫わなくてもいいです。

作り方⑪

ひっくり返してアイロンを掛け、リボン等で飾り付けします。

出っ張っている部分があれば、キレイにカットしておきましょう。

作り方⑫

作り方③で作った底の部分に、かかと部分トゥ部分の順に

それぞれのパーツを縫い付けます。

作り方⑬

バイアスで縁をくるんで、縫っていきます。

共布のバイアステープがなくても、市販のバイアステープを

使用しても構いません。

完成です。

左右のストラップ付けの際、左右対称につけるのを

間違ってしまわないように注意して下さいね。

詳しい作り方はこちらからどうぞ♪(海外のサイトです)

使用する布やリボンを変えるだけでガラッと印象が変わるので、

ぜひ挑戦してみて下さいね♡

雰囲気にも温かみの出るキャンドルは、透明なジェルで作るキャンドルゼリーもおすすめです。キャンドルゼリーは透明のグラスにカラフルなサンドや貝殻、サンゴ等のお好みのパーツを飾ってオリジナルなキャンドルにしましょう。

キャンドルゼリーとは

グラスにカラーグラスサンドやガラス細工、お好みのパーツを配置して、その上からゼリージェルを流し込んで作るキャンドルです。

透明なグラスの中のキャンドルゼリーはいろんな角度から見ても楽しめて、燃焼時間も普通のキャンドルより長く、癒しの時間をゆっくり楽しめます。

キャンドルゼリーの材料

2色入りカラーグラスサンドや、丸い形のグラスボール(耐熱性のガラス容器)、ロウソクの芯、ゼリージェル、ガラス細工、貝殻などのパーツは100円ショップでも購入可能です。

コーナーとしてもまとまっているので探しやすくて便利です。

普通のキャンドルゼリーであれば耐火性のグラスと、ロウソク芯とゼリージェルがあれば作れます。

容器は3種類

基本的なグラスの形は3種類あります。

丸い形が可愛い「ボウル」とグラスのかたちの「ラウンド」正方形の「スクエア」です。

見せ方にもこだわった形を選んでゼリージェル(40ml程)が1~2本分入る程度の大きさを選びましょう。

キャンドルゼリーの作り方

1.キャンドルゼリーはチューブから耐熱容器に絞り、湯煎でゆっくりと溶かしてかき混ぜます。このときゼリーは丁寧にかき混ぜて気泡は入らないようにしましょう。

海をイメージしたキャンドルゼリー等であれば、あえて激しくかき混ぜて気泡を作ってもお洒落なキャンドルになります。

2.溶かしたジェルを容器に入れて冷まします。この時、キャンドルの芯も忘れずに入れましょう。

キャンドルに入れたいパーツやストーン等があればここで一緒に入れて固めます。キャンドルゼリーは約1時間で完成です。

カラーサンドを使ったキャンドルゼリー

キャンドルゼリーだけでも可愛らしいキャンドルはカラーサンドでもっと可愛くするのもおすすめです。カラーサンドをだんだんに入れて色の濃淡を作ったり層を作りグラデーションが綺麗なキャンドルを作りましょう。

カラーサンドはうまく敷き詰めれば絵を描くことも出来ます。
入れ方のコツは、グラスを外側から見たときの絵やグラデーションを考えながら入れることです。

グラスの形によってもサンドの入れ方は変わってきます。

パーツの入れ方

ガラス細工は層にしたサンドの上に散らしてジェルを上からかけて固めても異素材ミックスのようなおしゃれ感が出すのも人気です。

また子供も簡単に作れて楽しめるキャンドルゼリーは自由研究にもおすすめです。竹串のようなものを使えばちょっとしたアレンジも可能です。

慣れてきたらグラデーションの色を増やしたり散らし方も変えてオリジナルなグラデーションを楽しみましょう。

スプーンを使えば適量のサンドをほどよく散らすことができ、竹串で外側から見える部分を整えながら入れれば失敗も少なくなります。

グラスも扇形のものを使ってみたりしても普段とは変わったキャンドルゼリーが出来上がります。
他にも、キャンドルゼリーはドライフラワーや木の実のパーツを入れれば最近のボタニカルなキャンドルゼリーが楽しめるでしょう。

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格人気

キャンドル資格ランキング

たまには電気を消してキャンドルのもとで幻想的な時間を・・。お風呂に浮かべて優雅なバスタイムを・・。枕元に置いてリラックス効果を・・。今、日常…

手作りデコの記事

関連リンク

ページ上部へ戻る