100均のくるみボタンを使ってハンドメイド

100均のくるみボタンキット

くるみボタンってご存知ですか?くるみボタンとは「木や金属、プラスチックなどの芯を布や皮毛糸などで包み込んだボタンです。あのコロンとした昔の子供用の服によく付いていたようなボタンですね。

100均にくるみボタンキットというものが売っています。これは好きな布で簡単にくるみボタンが作れるキットになっています。キットなので布以外の必要なものは全て入っていますので、このキットとお好みの布はぎれを100均で買えばすぐにでもくるみボタンが作れます。

大きさも12mmから38mmと幅広く、色々な用途に使えそうですね。

アンティーク柄のはぎれや北欧風、ポップな柄のくるみボタンを作ってみるのも可愛いですし、意外なところで和柄なんかも素敵だと思います。

出来上がったくるみボタンはもちろんボタンとして使用するのも良いのですがアレンジ次第で色々なハンドメイド雑貨にすることもできます。

100均のくるみボタンを作ってみよう

100均のくるみボタン制作キットを使ってくるみボタンを作ってみましょう。と言っても、材料もほぼキットに入っていますし、説明書通りに作れば誰でも簡単にできてしまいます。お好きな柄の布をご用意ください。

100均のくるみボタンキット、ダイソーのものには「打具(ボタンの金具と金具を押し込んではめるための道具)、打具台(ボタンの金具と布をはめ込むときにはめ込んで固定する台、ボタンの金具2種(金具と金具の間に布を挟み込むことで固定します。)、型紙(くるみボタンに使う布をこの型紙で裁断します。)」が入っています。あと必要な物は「お好きな布」と「ボンド」です。

100均のくるみボタン作り方

①お好きな布を型紙の通りに裁断します。

②切った布を打具台に裏側が上を向くように置きます。

③糸を通す穴のない方のボタン金具を膨らみが下を向くようにして布の上から打具台に押し込みます。

④打具台にはめ込んだボタン金具のお皿上に凹んでいる部分にボンドを塗ります。

⑤記事をボタン金具のくぼみに折りたたんでいきます。

⑥綺麗に折りたたんだら、その上からまたボンドを少量塗ります。

⑦その上に糸を通す穴のある方のボタン金具を乗せます。(糸を通す穴が上むきに。)

⑧上から打具を乗せてぎゅっと押し込みます。(金具が打具台に斜めに入っているときちんとはまりません。大抵は打具で力づくで押し込めます。)

⑨くるみボタンを打具台から取り出します。(ボタンの金具を持って引っ張らないように。外れてしまいますので。打具台が柔らかいので台を広げて取り出してください。)

⑩台からボタンを取り出せたら完成です。

100均のくるみボタンをアレンジしよう

可愛い布で作ったくるみボタンはそれだけでもボタンとして使えばお洒落ですが、アレンジを加えて色々なものに加工するともっとお洒落です。

例えば、ブローチ。くるみボタンを刺繍やビーズでデコってリボンをつけて後ろに安全ピンをつけたらフェミニンな雰囲気のブローチになります。くるみボタンを2個使いしても可愛いです。

簡単にできるのはヘアゴムです。作ったくるみボタンの糸通しの穴に丁度良い太さのゴムを通して結ぶだけ!結び目が気になる方は丁度ボタンの隠れる位置に結び目が来るように糸通し穴の部分と一緒に結ぶと良いです。

他には、ピアスにしたり、磁石をつけてマグネットにして冷蔵庫に貼ってもお洒落です。上級者はくるみボタンを二個裏を合わせて間をファスナーで繋げばマカロンポーチになります。ピアスや指輪の収納に良さそうですね。

色々とアレンジの幅の広がるくるみボタン簡単なので作ってみてください。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

ページ上部へ戻る