100均のクラフトバンドでミニバスケットを作ろう

100均のクラフトバンド

100均には色々な色や用途のクラフトペーパーバンドが売っています。

もちろん100円で買えちゃうんですが、何がすごいってクラフトペーパーバンドで作る小物レシピが一緒に入っているんです。

この作り方を読みながらなら誰でも簡単にそして安く初めてのクラフトができてしまいます。

100均のバンドでは小さいカゴとかになりますが慣れてきたらバンドの本数を増やして大きい作品を作ってみるのも良いですね。

まずは100均のバンドで練習してみると良いと思います、簡単なのでお子様と一緒に作れて楽しいですよ。

ミニバスケットの材料

今回はクラフトバンドを使ってミニバスケットを作ってみたいと思います。

必要な材料は100均で揃えることができます。

・クラフトペーパーバンド(ミニバスケットの説明書が入っているもの。バンドは5mでした。)

・カード(キャッシュカードなどお手持ちのもので結構です。バンドをさくのに使用します。)

・洗濯バサミ(さいたバンドをまとめておくのに使用します。)

・ハサミ

・ボンド

・目打ち(紐を編みめに差し込む時にあると便利です。)

クラフトバンドでミニバスケットの作り方

①説明書の通りにバンドをさきます。(ハサミで切り込みを入れてからカードを滑らせて溝に沿ってさいていきます。)

②裁ち方別にバンドをまとめて洗濯ばさみでとめておきます。(バラバラにならないようにとめておきます。)

③横ひもの真ん中に印をつけ中央に合わせて交互に並べます。

④横紐と縦紐を交互に互い違いに編んでいきます。

⑤始末紐にボンドをつけ、横ひもの両端に固定します。

⑥4辺の紐を直角に立ち上げます。

⑦編みひもの両端を1.5cmほど重ねてボンドで接着して輪にしておきます。

⑧⑥で作ったカゴの底の部分と⑦の輪っかを互い違いに編み込んできます。

⑨余ったたて紐外側にボンドをつけて外縁紐を接着します。

⑩補強紐を内側の上端にボンドで貼り付け、内縁紐を補強紐に沿って貼り付けます。

最後に持ち手紐を作り、本体に接着して完成です。

クラフトバンドのミニバスケット活用法

100均のキットでできるカゴは結構小さめなので大きいものは入れられないのですが、質感も素朴で可愛らしくインテリアにもよく馴染む落ち着いた雰囲気ですのでお部屋のどこに置いても良いと思います。

お子さんと一緒に作って、小さいおもちゃを収納したり、ちょっとしたお菓子なんかを入れても良いですね。

玄関に置いて、鍵などのお出かけに持って行く小物をまとめて置いても良いと思います。玄関の上はごちゃつきがちなスペースですので、ミニバスケットを使って小物を収納すればお客様への見た目も良いですし、「鍵どこいったっけ?」なんて探すことも無くなりますね。玄関のミニバスケットでしたら100均で買ったハンコを入れておけば、宅配便の時にすぐに押せて便利ですよ。掃除の時も小物がごちゃついて掃除しにくいなんてことも無くなりストレスフリーです。

100均のクラフトバンドバスケットはサイズが小さめなので、お友達にちょっとしたプレゼントをしたい時にも役立ちます。ミニバスケットにお菓子やプレゼントを入れて透明な袋でラッピングしたらお洒落な贈り物になりますね。手作りクッキーなんかも良いかもしれませんね。中身も入れ物も手作りなんてとても喜ばれると思います。

色々な活用方法のあるクラフトバンドバスケット是非作ってみてください。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

ページ上部へ戻る