100均ビーズでアクセサリーの作り方と紙皿のリメイククラフト

100均のビーズはすごい

100均の手芸コーナーに色とりどりのビーズが売っているのをご存知ですか?

透明カラフルなもの、パール、小粒なものからワンポイントになる大粒のものまで。

形も丸だけではなく、星やハート色々な種類があります。

女の子がいたら喜んでたくさん欲しがりそうな売り場になっています。

このビーズ売り場にはもちろんビーズを通すためのテグスも売られていて伸びるものもあるのでお子様のアクセサリーなどをお手軽に作ることができます。

100均のビーズでキッズアクセサリーを作ろう

100均のビーズは可愛くてカラフルなものが多いので、お子様のアクセサリーを作るのにピッタリです。

ブレスレットやネックレス、指輪まで作っても数百円で済むのも100均の良いところですね。

作り方もとっても簡単なのでお子さんと一緒に作ると楽しいと思います。

小さいお子様の場合はビーズを口に入れたりしてしまわないように十分注意してくださいね。

100均ビーズのキッズアクセサリー材料

・お好きな100均ビーズ

・伸びるテグス

・ハサミ

以上です。全て100均で揃います。

100均ビーズのキッズアクセサリー作り方

①指輪、ブレスレット、ネックレスなど作りたいものに必要な分より少し長めにテグスをカットします。

②テグスの先にビーズが落ちないようにするためのストッパーをつけます。(大粒のビーズをテグスに通してテグスをビーズに一周させて固定します。あとで外すのでデザインには含みません。)

③ビーズを好きな順番でテグスに通していきます。(真ん中にくる部分にポイントとなる大きめのビーズを入れたり、ビーズを同系色のグラデーションにしたり、色々なビーズでカラフルなものを作ったりと、お子様と相談しながら作ると楽しいですよよ。)

④作りたいものの長さまでビーズを通せたら、ストッパービーズを外しテグスの端と端をぎゅっと結びます。(この時せっかく通したビーズがテグスから取れてしまわないように気をつけてください。)

⑤爪楊枝の先にボンドをつけてテグスの結び目につけてくっつけます。

ボンドが乾いたら完成です。

100均ビーズのアレンジ方法

可愛いビーズアクセサリーができたでしょうか?お子様と一緒に作れば良い思い出にもなるし、お子様も自分の作品を大事にしてくれることでしょう。これがきっかけでハンドメイドにはまってしまうかもしれませんね。

他には100均のビーズでどんなものが作れるのでしょうか?色々なアイデアをご紹介します。

・パールビーズを使った大人用のシックなブレスレット(使用するビーズによっては大人っぽいものもできます。)

・ビーズを使ったピアス(100均のピアス金具を使えばピアスも作れます。好きなビーズをいくつか通すだけでもお洒落なピアスが簡単にできますよ。)

・ビーズとフエルトを使ったブローチ(フエルトにビーズを縫い付けていき、裏に補強素材とブローチピンをつければ完成です。ビーズの配色はデザインによって色々な雰囲気のブローチが作れますね。)

・ビーズのガラガラ(ペットボトルにカラフルなビーズを入れてしっかりと口を密閉すれば赤ちゃんのガラガラも作れます。可愛いビーズのおかげで輸入トイのようなお洒落なおもちゃが作れますよ。)

・ビーズでランプシェード(ビーズを繋いだものを何本かたらせばランプシェードや小さめののれんも作れます。カラフルでとっても可愛いですが作るのはちょっと大変かも?)

100均のビーズは色々なアレンジで使えて100円で色々な種類が入っているのでお得です。

ぜひ100均のビーズを使ってハンドメイドしてみてくださいね。

100均の紙皿を活用してハンドメイド

100均には色々なハンドメイド素材が売っていますね。100均に売っているものはハンドメイド素材でなくてもアイデア次第で作品を作ることができます。

100均の中をウロウロして何か素材になりそうなものを探すのも楽しみの一つです。

商品は全て100円なので良いアイデアで可愛いものを作れると得した気分になりますよね。

何か欲しい雑貨などがあったら、購入する前にまずは100均のもので代用できないか、100均にあるものでハンドメイドできないか考えてみると良いでしょう。

手作りが好きな方なら、買うよりも作った方が楽しいし安上がりなら嬉しいですものね。

今回はそんな100均グッズの中から紙皿を使ったハンドメイド術をご紹介します。

100均の紙皿の種類

100均の紙皿と言ってもたくさんの種類があるのをご存知ですか?

白いオーソドックスな浅いお皿から、深いもの、汁物用のお皿、ポップな柄付きのものやシックでオシャレな大人っぽいものと本当に色々な種類があります。

お家にお友達がたくさん来た時などはお菓子をのせたり、取り皿に使ったら後片付けも楽で良いですね。

色も柄も可愛いものがたくさんあるので、お子さんのおやつをのせても喜ばれると思います、

ただの白い紙皿だと寂しいし安っぽい感じになりますが100均のカラフルな紙皿だとお洒落でちょっと気取った感じが出せるので良いですね。

女の子のおままごとに使うのも良いと思います。普通のお皿みたいに使えるし、落としても割れたりしないので使いやすいです。柄もお子さんの好きなものを選ばせてあげれば紙皿といえども愛着がわいて大事に使ってくれるのではないでしょうか。

100均の紙皿を使ったハンドメイド作品

そんなナイスな紙皿ですがこれを使ってハンドメイドすることもできます。どんなアイデアがあるのでしょうか。

・紙皿のお子様冠・・・浅い白いオーソドックスな形の紙皿の真ん中に絵を描きます(周りのスジの部分は輪に残すのでその部分に絵が1箇所つながるように書いておきます。)紙皿を半分に折り周りのスジの入っている部分はぐるっと1周残して、折り目からハサミを入れ描いた絵の通りに切ります。絵の部分を立ち上がらせて、周りの残した輪の部分を頭にかぶれば完成です。お子様のお誕生日などに王冠やティアラを作ったら素敵ですね。半分に折ってから真ん中からスジの部分へと何本か均等に切れこみを入れて立てるとギザギザの王冠ができます。

・紙皿でミニBOX・・・紙皿はかわいい柄のものがおすすめです。形は普通の浅いもので。紙皿の端から真ん中に向かって4か所切り込みを入れます。(左上に上から下に切り込み、右上に右から中央へ向かって切り込み、右下は下から上へ、左下は左から中へ)皿のスジの部分までくらい。真ん中の丸い部分はBOXの底になります。切り込みを入れて4辺を起こしていきます。箱の形になるので最後はマスキングテープか紐などで縛ってとめて完成です。お菓子を入れてラッピングしたら可愛いプレゼントボックスになりますね。

・紙皿フリスビー・・・紙皿を2枚ものを乗せる方を内側にしてテープで貼り合わせるだけでできます。可愛い柄の紙皿で作ったり、白い紙皿に絵を描いたりしてデコっても良いと思います。このフリスビーならどこかへ飛んで行ってなくしてしまっても惜しげがないですね。

どうですか?紙皿って食べ物を乗せる以外にもこんなに使い道があるのですね。アイデア次第で他にも色々リメイク出来そうですね。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル手作り資格

口コミや評判で人気!キャンドルアドバイザー認定試験を卒業と同時に資格取得!

仕事でキャンドルアドバイザーの資格を取得する事になり独学で勉強したのですが落ちてしまい、 ネットで調べていると試験を受けずに資格の取得方法…

ページ上部へ戻る