100均でスイーツデコの作り方と必要な材料

キャンドルブッシュ

スイーツデコ、作ってみたいけど何が必要かわからない・・・・
どうやって作るのかわからない・・・
などなど、作ってみたいのによくわからないから始められない!という方のためにスイーツデコを作るうえで必要な材料をご紹介!100均で揃います。
主役は粘土ですが、そのほかにもあると便利なものなど、まとめてみましたのでご覧ください♪

スイーツデコの材料

粘土

100円ショップで買える紙粘土で十分です。
作業用に粘土板もあると、作業もしやすく机が汚れません

計量スプーン

マカロンやアイスなど半円のものを作りたいときは必須♪

歯ブラシ・スポンジなど

お菓子の質感を出すために毛の部分を使います。

つまようじ

粘土に細工をしたりボンドを薄くのばしたりと大活躍しますので何本か必要です。

ガラス絵の具

お菓子にかけるソースの部分に使います。
こちらも百円ショップで購入できます。

アクリル・水彩絵の具

粘土の着色用に使います。
着色の場合は使い捨ての手袋などを使って粘土をこねたりすると手が汚れないので楽になります♪

チャック付きの袋

使わない粘土を保存するために使います。

カッター

材料を切る時に使います。

透明ニス

つや感を出す・強度UP

色を塗る時に使います。

シリコン

ホイップクリーム用)

コーキングガン

シリコンを絞るため

※シリコンとコーキングガンの使い方はこちらの動画を参考にしてみてください。

ホイップクリームは粘土と水とボンドを混ぜ合わせても作れますので、お好みでどうぞ♪

木工用ボンド

粘土でホイップクリームを作りたい場合や、粘土同士をくっつける場合に使います。
大体のお菓子がこの材料で作れます。
自分の使いやすい道具などを探してみてください。

スイーツデコの絵の具の種類

材料の中でガラス・アクリル・水彩と種類の違う絵の具が出てきましたが、どのように違うのでしょうか?

ガラス絵の具

ソースとして着色したいときに主に使うガラス絵の具ですが、塗った後にニスなどを使ってコーティングしないとほかのものについてしまう可能性があります。
乾くと透き通って見えるのでチョコソースやラズベリーソースなどが必要な時に試してみてください。

アクリル絵の具

作った作品に後から着色したい場合におすすめ!
乾くと耐水性になります。

水彩絵の具

粘土自体に着色する場合に使います。
アクリル絵の具のほうが発色がいいという説もあるので、お好みで変えてみてください。

油絵の具

シリコンを着色したい場合は絶対にこれ!
シリコン自体が油性なので水彩絵の具などでは混ざりにくいのです。

やはり用途によって種類も分けたほうがリアルさを追求できそうですね。
よく使う色などを種類別でもっておくといざというときにいいものが作れます♪

スイーツデコの作り方と材料のまとめ

スイーツデコに使う基本的な材料をご紹介しました。
特殊な材料はほぼなく、コツさえつかめば簡単に作れてしまうのがとても楽しいですよね♪
お子さんと一緒に粘土遊びをしたり、趣味として作るのも○
楽しんでおいしそうなスイーツを作ってください♪

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル手作り資格

口コミや評判で人気!キャンドルアドバイザー認定試験を卒業と同時に資格取得!

仕事でキャンドルアドバイザーの資格を取得する事になり独学で勉強したのですが落ちてしまい、 ネットで調べていると試験を受けずに資格の取得方法…

ページ上部へ戻る