100均でプラバンアクセサリーとあづま袋の作り方

プラ板というと聞き覚えのある方もいるのではないでしょうか?
小さいころに遊んだりしませんでしたか?
違うもの?と思うかもしれませんが、あの「プラ板」です♪

プラスチックの板に絵をかいたりしてトースターで温めて小さく縮ませるプラ板は子供たちの間のおもちゃでしたね。
でも今は大人の女性の間で100円ショップでかえてしまう材料でオリジナルのキーホルダーやアクセサリーが作れるということで
大人気になっているんですよ♪

プラバンアクセサリーの作り方

1.油性ペンなどでプラ板に絵をかきます。
2.適度な大きさにカットします。
(焼くと縮むのでカットも絵も思っているより大きめがおすすめ♪)
3.穴などをあけたい場合は焼く前に!
4.オーブントースター(120度程度)で焼きます。
出来上がり♪

プラバンアクセサリーの色付け方法

油性ペン

一番簡単にできるのが油性ペン。
塗りつぶす場合はムラなく塗るように心がけるのがポイント♪
アルコールを含んだ布などで少しだけふき取ってぼかすのも○
水性ペンはプラ板に定着しないので×

色鉛筆

油性ペンよりも細かい絵が描けるのが魅力♪

色鉛筆で塗る前に着色する面をやすり(400番ぐらい)でやすってから着色をするときれいに色を塗ることができます♪

アクリル絵の具

色が自分で作れるのがポイントとなる絵の具ですが、
焼く前に塗ると色が濃くなってしまうので、焼いてから着色します。
色が混ざらないように乾くのを様子見しながら塗るのが面倒な部分もありますが
「表面に油性ペンで絵を描いて、裏から塗る」
という方法をとると絵に立体感が出てプラ板とは思えない高いクオリティの作品に仕上がります♪

着色が終わったらニスなどでコーティングすると絵の具が取れてしまわないのでおすすめ♪

ポスカ

普通の油性ペンよりも発色がいいのがポスカ着色!
ポップな明るい作品に仕上げたいときにはポスカがおすすめ♪

クレヨン

色鉛筆と同じようにやすりで裏面を削ってから着色します。
ぼかし感を出したいときにおすすめ♪

マニキュア

絵の具と同じように焼いてから着色するマニキュア着色のいいところは
「ラメ加工」ができること♪
重ねて塗ることで自分好みの色の濃さに調節できるのも○

マスキングテープ

絵なんか描けない!塗れない!というぶきっちょさんにはマスキングテープをはるだけでもかわいい♪
焼いてからプラ板をはりつけて表面につや出し液、ニスなどを塗るだけ簡単♪

プラバンアクセサリーの作り方のまとめ

プラ板の基本的な作り方と着色方法によっての違いなどをご紹介しました。
それぞれ発色の違いが個性的で同じ絵でも絵の具でやってみたりクレヨンでやってみたり楽しみ方がたくさんあります♪
どれも注意点としては「焼く前に着色をすると焼いた後色が濃くなる」ということです。
あらかじめ薄めに色を塗ると案外ちょうどいい仕上がりになるかも知れません♪
仕上がったらニスなどでコーティングしておけば色落ちもせず、つやっとしたかわいい作品ができますので着色方法にかかわらずコーティングするのがおすすめです♪

あづま袋って知っていますか?サブバックやエコバック、小物の整理に便利な袋です。

みゆき袋や三角袋とも呼ばれていて、丈夫で便利なんです♡そんなあづま袋って簡単に作れて、風呂敷よりも手軽で使いやすいので、あなたも作ってみませんか?

手拭いを使ってあづま袋を作ろう!

あづま袋は縦:横が1:3の布で作られています。縦が30cmなら横は90cm。それには手ぬぐいがしっくりくるんです。

最近、100円ショップにはかわいい柄や変わった柄の手ぬぐいがたくさん売られています。

それに手ぬぐいを使うと布の端が処理されているので、簡単に作ることが出来ます。

あづま袋の作り方

① 手ぬぐいの表側を上に向け、横幅を3等分にして折り目をしっかりとつけます。

② 左側の1/3を右側に向けて折り、写真の①のラインを縫います。

③ ②で縫い合わせた布を開いて、bのラインが見えるようにします。

④ 右側3/1の布を左側に倒して、写真の②のラインを縫います。※手順③を忘れると重なった状態のまま縫ってしまって、袋にならないので、忘れないようにして下さいね♡

⑤ 表に返します。

⑥ 完成です。

ふたつのとがったところを結ぶと持ち手になります。手ぬぐいを使って作ると、ミシンなら5分ぐらいでできちゃいますよ♡

もちろん布端が処理されていない生地や手縫いでも作れます。

その場合は、同じ大きさの布を中表に縫い合わせて、ひっくり返したものを使うか、手ぬぐいのように布の端を処理してから作りましょう★

ラッチバッグやお弁当袋に!あづま袋の作り方

お弁当箱用のあづま袋の布は、弁当箱の横幅に少しプラスした長さ×3で布の横幅を決めます。縦はその長さの1/3にします。

ほら♪お弁当箱にぴったりです。

あづま袋の使い方

簡単に作れて便利なあづま袋はいろいろな場所で活躍すること間違いなしです。

例えば…

普段使いのあづま袋…これでもかわいいんですが、中身が丸見えになりがちなかごバックに入れてみたり…

和服の装いにもあづま袋はぴったりです。

もちろん洋服にもぴったりです。

ねこちゃんにもぴったり!?ちょっと微妙な表情ですが…

大きなあづま袋の作り方

こんな大きなあづま袋や逆に小さいものを作りたい時、必要な布の寸法を計算してくれるサイトを見つけました。

サマンサの簡単洋裁室さんのHPで寸法が計算できますよ。作り方も載っているので、すごく便利です。

自由に好きな大きさのあづま袋作りに挑戦してみて下さいね♡

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格

口コミや評判でも話題のアロマライフインストラクター認定試験とは

アロマライフインストラクターの認定試験のネットや評判でも話題で人気のようです、仕事のためやより良い生活を送るためにアロマライフインストラクタ…

ページ上部へ戻る