簡単!100均でボタニカルキャンドルの作り方

簡単なキャンドル作り

紙コップやグラスを型にして、自分の好きな色のきれいなキャンドルを作りましょう。

準備するもの

なべ(大) ひとつ

なべ(小) ひとつ

ろうそく3号サイズ4本

クレヨン

紙コップひとつ

カッターナイフ

割りばし 4本

輪ゴム一つ

新聞紙

キッチンペーパー

はさみ

チャッカマン

なべ敷き

紙コップで簡単に作るカラーキャンドルの作り方(初心者向け)

ロウソクを溶かします

1.なべ(大)に水を入れ、火にかけます。お湯はロウソクを湯煎で溶かすために利用します。火はお湯が沸騰したらとろひにしておきます。
2.ろうそく4本をなべ(小)に入れます。

3.ろうそくの入ったなべ(小)をお湯の入ったなべ(大)に入れ、湯煎でロウソクを溶かします。

4.芯を一本取り、キッチンペーパーで覆いながら、余分なロウソクをそぎ取り、芯をまっすぐにします。
5.割りばし2本を輪ゴムでとめ、(4)の芯を挟んで紙コップの中心にたらします。

ロウソクを削って鍋の中に入れます

6.クレヨンをカッターで削ります。
7.削ったクレヨンを溶けたロウソクの中にいれます。
8.たまに湯煎をしながら、クレヨンを完全に溶かします。色の濃さはお好みに調整して下さい。
9.色のついたロウソクを紙コップに流しいれます。このとき、割りばしを使って注ぐとこぼれにくくなります。
10.ロウソクが入っていたなべは、熱いうちにキッチンペーパーできれいにしておきます。

11.常温でおいておけば約1時間半ー2時間で固まります。

12.はさみで紙コップに切り込みを入れ、あとははずします。

13.このときまだ芯は長いままなので、はさみで芯を約1センチ残して切り取ります。

香り付きのキャンドルの作り方(中級車向け)

ロウ蜜アロマキャンドルは見た目がかわいいだけでなく、体に優しい自然素材のロウ蜜を使って作ります。お部屋のおロウ蜜キャンドルに火を灯しているだけで、その周りがマイナスイオン化して心地よい空間を作り出します。

材料

精製済蜜蝋:( 精製済みは白色です)

型(シリコン製・おかずカップ) : 1個

タコ糸 : 10cm(適当な長さ)

精油(お好み) :  6滴

作り方

1.おかずカップに蜜蝋を入れて、電子レンジに6分間かけます。

2.蜜蝋が完全に溶けたら、タコ糸でキャンドルの芯を作ります。

溶けた蜜蝋にタコ糸を浸して蜜蝋をコーテイングします。そして取り出してまっすぐに固定しておきます。そのあと、溶けた蜜蝋にアースピグメント、精油を入れてよくかきまぜます。

3。蜜蝋の表面が白くなって固まり始めたころに、先ほど蜜蝋をコーテイングしておいた芯を真ん中にさして固定させます。

4.蜜蝋が完全に固まり、型から外せば出来上がりです。このキャンドルは、そのままお皿において使ってもよいです。様々な色のキャンドルを作って水に浮かべて「フローテイングキャンドル」にしてみれば、見た目にもとてもきれいです。

ゆっくり時間を過ごしたいときに、あなたは何をしますか?読書・音楽・映画…することは、たくさんあります。でも、心身ともに癒されたいときは、やはり、キャンドルですね。キャンドルの灯りが、日ごろのストレスをやわらげてくれますよ。

お家で過ごす時間

お仕事を終え、お家に帰って、お休み前のひと時、あなたは何をして過ごしますか?一日を締めくくる大切な時間にしたいこと…

疲れていると、ついゴロゴロしてしまいますね。でも、疲れたまま眠ると、翌日にまで持ちこすような気がしませんか?なんとか疲れを癒してから眠りにつきたいものです。

そんな時…キャンドルが効果的なのです♪

心身ともにリラックスして、疲れを癒してくれるボタニカルキャンドルをご紹介します。

ボタニカルキャンドル…?

草花やハーブをキャンドルのなかに入れたものがボタニカルキャンドルです。見た目も可愛いので、お部屋に飾るだけでも素適なキャンドルです。

お店だと、だいたい4,000円くらいはしますね…でも、手作りだと、ずいぶんお安くできちゃいます。ぜひトライしてみてください!

お花の色や形がそのままのデザインになった可愛らしいキャンドルです♪

ボタニカルキャンドルの作り方

・押し花の準備

花が重ならないように注意して、紙の上に裏向きに置いてください。その上に紙をのせ、本などに挟みます。重しになるようなものを置き、乾燥させればできあがりです。使用する紙は、花の水分を吸収する吸取紙のようなものがベスト!

実際に、お家で活けたお花を利用するのも経済的ですね。

・貼りつけて作るボタニカルキャンドル

少し太目のキャンドルに押し花を置いてください。その上から熱したスプーンで軽く押さえます。すると、スプーンの熱でロウが溶け、キャンドルに押し花が貼りつくのです。

・空き瓶で作るボタニカルキャンドル

材料

空き瓶・ロウソク・押し花・エッセンシャルオイル・芯・割り箸・筆

作り方

ロウソクを湯煎で溶かし、エッセンシャルオイルを数滴落として混ぜてください。瓶の内側に押し花の表が外を向くようにあて、筆で溶けたロウソクを塗って張りつけます。

芯を割り箸で挟み瓶の中心にたらします。最後に溶けたロウソクを瓶に流しこんで冷やし固まればできあがりです。

・紙コップで作るボタニカルキャンドル

作り方は、ほとんど、空き瓶で作るボタニカルキャンドルと同じなのですが、溶けたロウソクを紙コップに流しこんでから、一度、もとのお鍋に戻します。そして紙コップについたロウに押し花を貼り付けるのです。

そして、最後に、キャンドルが冷えて固まれば、紙コップをはがしてできあがりです♪

ボタニカルキャンドルの使い方

・クリスマスなどのイベントに

パーティーの雰囲気を盛りあげてくれるアイテムです。また、プレゼントにしても喜ばれます。

・サシェとしてインテリアに

ぶらさげて香りを楽しむワックスサシェ。お部屋のインテリアにすると可愛いですね。

・ちょっとしたプレゼントに

小さいキューブ型の芯にタグをつければ、いかにもプチギフトの雰囲気です。

クッキーの型に入れて作った、ハート型のボタニカルキャンドルです。可愛いギフトになりそうですね♪

ボタニカルキャンドルのまとめ

お店で買うと、いいお値段のボタニカルキャンドルが、かなりお安く作れたのではないでしょうか?キャンドルを作るための材料は、ほとんど100円ショップで購入可能です。手作りのボタニカルキャンドルで素適なキャンドルタイムを過ごしてくださいね…♪

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

ページ上部へ戻る