樹脂粘土で簡単スイーツデコみかんタルトの作り方

樹脂粘土でみかんタルトを作ろう

そのまま食べても美味しいみかんですが、みかんをたっぷりのせた甘酸っぱいタルトも美味しいですね。今回は樹脂粘土を使ってみかんタルトの作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でみかんタルトの材料

(全て100均)

・樹脂粘土の白
・アクリル絵の具の白、赤、黄色、黄土色、茶
・水
・ファンデーションのスポンジ
・筆
・定規
・クリアファイル、10×10㎝ほどにカットしたクリアファイル数枚
・紙コップ
・割り箸
・クッキーの丸い型抜き
・ラップ
・カッター又はデザインナイフ
・CDケース又は平たく固いもの
・ボンド
・歯ブラシ
・ピンセット

樹脂粘土でみかんタルトの作り方

*タルトの土台

①まず、しっかり手を洗ってから、樹脂粘土の白を取り出してこねます。アクリル絵の具の白を混ぜてこねたら、黄土色を少しずつ様子を見ながら混ぜてこねます。タルトを焼く前の色をイメージして下さい。手のひらでコロコロ転がして丸めておきましょう。

②丸めた粘土をクリアファイルに挟みます。上からCDケース又は平たく固いものでグッと押さえて下さい。クリアファイルにのせ直して、クッキーの丸い型抜きでくり抜きます。

③余った粘土をこねます。指で押さえながら細長くして下さい。クリアファイルに挟み、CDケース又は平たく固いものでグッと押さえて下さい。クリアファイルの上に置き直し、カッターで細長くして下さい。

④②で丸くくり抜いた樹脂粘土の縁周りに立てて、一周ぐるっと囲むようにしたいので、長さを確認します。確認出来たら、その長さでカットします。定規で等間隔に溝を作って下さい。

⑤丸くくり抜いた樹脂粘土と、③の細長い粘土に、歯ブラシで質感を付けて下さい。溝をつける前でもいいですが、付けにくい場所は、爪楊枝や針を使って質感を付けましょう。

⑥丸くくり抜いた樹脂粘土の縁周りにボンドを付けて、細長い粘土を接着しましょう。これがタルトの土台になります。

樹脂粘土でみかんの作り方

①小さくカットしたクリアファイルに、赤と黄色を混ぜてみかんの色を作ります。白い樹脂粘土にみかん色のアクリル絵の具を混ぜてこねます。余り入れすぎると濃くなりやすいので、注意して下さい。

②タルトの土台の大きさに合わせて、みかんの大きさを決めたら、ひと粒ずつに丸くこねて分け、ラップに包んでおきましょう。定規で測ると同じようになります。

③まずひと粒分の粘土を出して、指で半分摘んでみかんの形にしましょう。カッター又はデザインナイフで、みかんの線をたくさん描いて下さい。必要な個数分だけ作って下さい。(大きいみかんを作りたい方は、ストローの穴を半分潰した物を使って下さい。)

*乾燥

タルトの土台とみかんを、2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させて下さい。

*トッピング

紙コップに白の樹脂粘土とアクリル絵の具の白、水、ボンドを割り箸で混ぜて下さい。タルトの土台に爪楊枝で隙間なく埋めます。みかんをその上にたっぷりのせましょう。重なる所はボンドで接着しましょう。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格

口コミや評判でも話題のアロマライフインストラクター認定試験とは

アロマライフインストラクターの認定試験のネットや評判でも話題で人気のようです、仕事のためやより良い生活を送るためにアロマライフインストラクタ…

ページ上部へ戻る