樹脂粘土で簡単スイーツデコアサイボウルとアイシングクッキーの作り方

樹脂粘土でアサイボウルを作ろう

カフェのモーニングのような、朝からリフレッシュ出来るフルーツたっぷりな、アサイボウルを樹脂粘土を使って作る作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でアサイボウルの作り方(全て100均)

・樹脂粘土の白
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶、赤、緑
・筆
・ドットペン(ネイルコーナー)又は、ペンの丸い所)
・クリアファイル、10×10㎝ほどにカットしたクリアファイル
・歯ブラシ
・ラップ
・水
・ボンド
・ストロベリー、ブルーベリーパーツ(市販品でもいいが、出来れば粘土で作った物の方がいい)
・ポイントスタンプ
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート

樹脂粘土でアサイボウルの作り方

*マグカップ

①まずしっかり手を洗ってから、樹脂粘土の白を取り出してこねます。次に、アクリル絵の具の白を混ぜてこねましょう。取手分をラップに包みます。手のひらでコロコロ転がしてシワや割れ目が無いように綺麗に丸めて下さい。

②クリアファイルにのせたら、指で円錐台を逆にした形(プリンを逆にした形)に整えましょう。ドットペン又はペンの丸い所を使ってカップの穴を開けていきます。ドットペンの先に少し水を付けて円を描くようにすると綺麗に丸い穴が開きます。

③ポイントスタンプを使ってカップにデザインして下さい。

④取手用に取って置いた樹脂粘土を取り出して、クリアファイルの上で転がして細長くします。マグカップの横にボンドを付けて取手を丸く付けましょう。ドットペンで綺麗に馴染ませて下さい。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*コーンフレーク

①樹脂粘土の白を取り出してこねます。アクリル絵の具の白を混ぜてこねます。次に黄土色を少しずつ様子を見ながら混ぜてこねましょう。

②小さくちぎってクリアファイルにのせたら、指で押さえて平らにします。ドットペンを使ってボコボコした質感を付けて下さい。次に歯ブラシを使って上から質感を付けましょう。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*ドライフルーツなどのパーツ

①樹脂粘土の白を取り出してこねます。1つは赤を混ぜてこねます(ラズベリーやストロベリー)。1つは緑を少し混ぜてこねます(ピスタチオ)。1つは黄土色を混ぜてこねます。(ナッツ)ラップにそれぞれ包みます。

②赤を混ぜた樹脂粘土は、小さくちぎって丸めてドットペンでドライフルーツの凹みを付けましょう。全体に凹みを付けた方が、フルーツをドライにした感じが良くでます。緑を混ぜた樹脂粘土は、小さく丸めて楕円にしておきましょう。黄土色を混ぜた樹脂粘土は、小さくちぎって丸めて歯ブラシで軽く質感を付けておきます。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。1つずつくっ付かないようにして下さい。

*接着

マグカップの内側にボンドを塗ってコーンフレークを全体に敷き詰めます。ドライフルーツ、ピスタチオ、ナッツなどのパーツをばらばらにボンドで接着して下さい。その上に更にフルーツパーツを綺麗に並べてボンドで接着しましょう。

*乾燥

ボンドが乾くまでしっかり乾燥させましょう。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

紙粘土でお花のアイシングクッキーを作ろう

シンプルなクッキーもいいですが、今回は、プレゼントにも喜ばれる様な、可愛いお花のアイシングクッキーの作り方をご紹介致します。

紙粘土でお花のアイシングクッキーの材料(全て100均)

・紙粘土
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶、赤、青、黄色
・水
・筆
・ファンデーションのスポンジ
・クリアファイル、10×10㎝ほどにカットしたクリアファイル数枚
・爪楊枝
・ティッシュ
・ラップ
・紙コップ数個
・割り箸数個
・ボンド
・歯ブラシ
・軽量スプーン
・定規・軽量スプーン
・CDケース、又は平たく固いもの
・両面テープ
・クッキーなどの丸い型抜き

紙粘土でお花のアイシングクッキーの作り方

①紙粘土をお話しのクッキーの大きさを決めてから、軽量スプーンで1個の量を測ります。4個分測り、まとめてください。まとめた紙粘土にアクリル絵の具の白を混ぜてよくこねます。そこに、黄土色を少しずつ様子を見ながら混ぜてこねます。クッキーを焼く前の色をイメージしてください。こねたら、もう1度軽量スプーンで測り、ラップに包みます。1つ取り出して、手のひらでコロコロと転がして丸めてください。

②クリアファイルに挟みます。上からCDケース又は平たく固いものでグッと押さえます。お好きな厚みにしてくださいね。

③出来たらクリアファイルの上にのせて、ラップを粘土にピタッと被せてから、クッキーなどの丸い型抜きで抜きます。ラップを被せることで、縁周りが斜めになり、ドーム型に抜くことができます。ラップを外して定規で横に窪みを8箇所付けます。等間隔に付けてください。窪みを付けた箇所に、カッター又はデザインナイフでもう少し溝を深くします。

④歯ブラシで、全体にボコボコとした質感を付けましょう。窪みはやりにくい場合は、爪楊枝で少しずつさして付けましょう。

*乾燥2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*焼き色

小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の黄土色、茶をそれぞれだします。黄土色に水を加えて筆で混ぜます。ファンデーションのスポンジに付けたら、余分な水分をティッシュで取り除いてから中心以外に全体に付けてください。中心からグラデーションにするイメージです。黄土色に茶を少し足して、縁周りに付けてください。裏表両面行いましょう。

紙粘土でお花のアイシングの準備

紙粘土を紙粘土4個にそれぞれだします。1つだけ少し多めにいれてください。それぞれに、白、赤、青、黄色をいれてください。黄色は、多めに入れたところに入れます。出来上がりの色は薄めにしてください。それぞれに水を足して、とろっとさせます。上からラップをかけておきましょう。

*アイシング

クッキーの土台が乾いたら、クリアファイルに両面テープを貼って、間をあけてクッキーを付けます。花びらの所に爪楊枝で、白、赤、青、黄色をそれぞれに付けていきます。少しずつ落ち着いてやりましょう。付けすぎると垂れてしまいますので、注意してくださいね。5〜10分位置いたら、黄色のアイシングに、更に黄色を足して濃くします。爪楊枝で花びらの真ん中になるように全てにのせてください。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス、又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピキャンドルレジン

キャンドルデザインマスター認定試験の口コミや評判まとめました!合格してアーティストの仲間入り?

女性に人気のアイテムのキャンドルを使用して、癒し効果などを作り上げる人気のキャンドルデザインマスターについて ご紹介させていただきます!人…

ページ上部へ戻る