樹脂粘土で簡単スイーツデコアップサイドダウンケーキの作り方

樹脂粘土でアップサイドダウンケーキを作ろう

ケーキを焼くときに、ケーキの型に最初にフルーツを並べてから焼き、ひっくり返すと言う意味のケーキです。焼き上がりはおしゃれですが、とても簡単なスイーツだそうです。今回は、樹脂粘土を使ってパイナップルのアップサイドダウンケーキの作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でアップサイドダウンケーキの材料(全て100均)

・樹脂粘土の白
・筆
・ファンデーションのスポンジ
・ティッシュ
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶、黒、黄色
・ラップ
・カッター又はデザインナイフ
・歯ブラシ
・クッキングシート
・ベーキングパウダー
・爪楊枝
・ストロー(パイナップルの穴の大きさ)
・水
・ボンド
・クリアファイル、10×10㎝ほどにカットしたクリアファイル数枚
・CDケース又は平たく固い物
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート

樹脂粘土でアップサイドダウンケーキの作り方

*パイナップル

①まずしっかり手を洗ってから、(パイナップルの大きさを決めてから)樹脂粘土の白を取り出してこねます。(ケーキの直径にパイナップルのスライスが2枚のるくらいの大きさです。)5〜6個分の量を用意しましょう。そこにアクリル絵の具の黄色を、少しずつ様子を見ながら混ぜてこねましょう。パイナップルの色よりも、少し薄めの色をイメージして下さい。

②手のひらでコロコロ転がしてまるめたら指で押さえて、決めたパイナップルの大きさ、厚さにします。

③ストローで真ん中をくり抜いて下さい。ゆっくりネジを回すようにするとやりやすいです。

④カッター又はデザインナイフで、真ん中から放射線状に、線を裏表に付けて行きましょう。刃が切れにくいと形が崩れますので、出来るだけ切れ味の良い刃にして下さい。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*ケーキのスポンジ

①パイナップルがしっかり乾燥してから作り始めましょう。樹脂粘土の白を取り出してこねます。次に、アクリル絵の具の白を混ぜてこねたら、黄土色を少しずつ様子を見ながら混ぜてこねましょう。スポンジを焼く前の色をイメージして下さい。

②手のひらでコロコロ転がしてシワや割れ目が無いように丸めたら、クリアファイルにのせます。

③パイナップルを1つはそのままで、3〜4個は半分にカットします。丸めたスポンジ用の樹脂粘土の真ん中にカットしていないパイナップルの裏にボンドを塗って、指で押さえて表面だけが見えるように埋めます。その周りに半分にカットしたパイナップルを、同じように裏にボンドを塗って埋めてください。

④クリアファイルに挟み、CDケース又は平たく固い物で、押さえて平らにします。取り出したら、ケーキの周りを指で形を整えて下さい。

⑤歯ブラシでパイナップル以外の場所に質感をしっかり付けます。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*焼き色

小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の黄土色と茶をそれぞれ出します。黄土色に水を加えて筆で混ぜたら、ファンデーションのスポンジに付けます。ティッシュで余分な水分を取り除いてから、全体に焼き色を付けてください。パイナップルにも付けます。黄土色に茶を混ぜたら、同じように焼き色を付けてください。特に濃くしたい場所は、筆でやりましょう。

*仕上げ

焼き色が乾いたら、水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル手作り資格

口コミや評判で人気!キャンドルアドバイザー認定試験を卒業と同時に資格取得!

仕事でキャンドルアドバイザーの資格を取得する事になり独学で勉強したのですが落ちてしまい、 ネットで調べていると試験を受けずに資格の取得方法…

ページ上部へ戻る