樹脂粘土で簡単スイーツデコガトーショコラの作り方

アクセサリーキャンドル資格

樹脂粘土でガトーショコラを作ろう

スポンジ自体か甘くてちょっぴりほろ苦いチョコレートの味がして、カットすると中からトロリと溶け出すチョコレートがまた美味しいですよね。今回は、トロリと溶け出すガトーショコラの樹脂粘土を使った作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でガトーショコラの材料

(全て100均)

・樹脂粘土の白(あれはチョコレート色も)
・水
・歯ブラシ
・クッキングシート
・ピンセット
・ティッシュ
・アクリル絵の具の白、茶、黒、黄土色
・カッター又はデザインナイフ
・石粉粘土(無ければ重曹又はベーキングパウダーでもいい)
・ファンデーションのスポンジ
・筆
・ベーキングパウダー
・グルーガン
・グルーガン用チョコレート色のスティック
・クリアファイル、10×10㎝ほどにカットしたクリアファイル数枚
・アルミホイル
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート

樹脂粘土でガトーショコラの作り方

*粉砂糖

石粉粘土を取り出して良くこねます。クリアファイルに挟み、CDケース又は平たく固い物で押させて平らにします。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*おろす

しっかり乾燥してから、おろし金で石粉粘土を細かく粉状にしておきます。バラバラになりますので、ラップにまとめて包んでおきます。

*チョコレートのスポンジ

①まずはしっかり手を洗ってから樹脂粘土の白を取り出してこねます。(チョコレート色の樹脂粘土があればそちらを使ってください。)アクリル絵の具の白を混ぜてこねましょう。

②小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の茶と黒をそれぞれ出します。水を加えたら、チョコレート色になるように調節してください。出来るだけ沢山作っておきましょう。

③①の樹脂粘土に②で作ったチョコレート色のアクリル絵の具をたっぷり混ぜてこねましょう。沢山入れないと、中々チョコレート色にはなりませんので思い切って混ぜてください。そこに、ベーキングパウダーを少量入れて混ぜてこねましょう。

④手のひらでコロコロ転がして丸めたら、クリアファイルにのせて指で押さえて形を整えましょう。歯ブラシと、クシャクシャに丸めたアルミホイルで、ボコボコとした質感をしっかり付けます。サイドは焼いた時の凹みや膨らみも作ると、よりリアルになります。

*レンジ

クッキングシートにのせて、レンジで10秒ほど加熱します。取り出したらもう1度形を整えてください。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*焼き色

チョコレート色でも、スポンジには焼き色を付けます。小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の黄土色と茶をそれぞれ出します。黄土色に水を加えたら筆で混ぜてファンデーションのスポンジに付けます。ティッシュで余分な水分を取り除いてから、焼き色を全体に付けます。黄土色に茶を混ぜて、同じように全体に焼き色を付けましょう。

*ニスと粉砂糖

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って、すぐに石粉粘土で作った粉砂糖をパラパラかけておきます。

*トロリとしたチョコレート

①カッター又はデザインナイフでスポンジをケーキを切るようにカットします。真ん中をピンセットで取り除いてください。カットした方も少し取り除いておきましょう。グルーガンにチョコレート色のスティックをセットして温めます。

②チョコレート色のスポンジをクリアファイルの上にのせて、ピンセットで取り除いた場所にグルーガンで溶け出したようにたっぷり出します。カットした方にも付けます。

*乾燥

グルーガンは冷めると固まりますので、そのまましっかり冷まして完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル手作り資格

口コミや評判で人気!キャンドルアドバイザー認定試験を卒業と同時に資格取得!

仕事でキャンドルアドバイザーの資格を取得する事になり独学で勉強したのですが落ちてしまい、 ネットで調べていると試験を受けずに資格の取得方法…

ページ上部へ戻る