樹脂粘土で簡単スイーツデコクリームサンドワッフルの作り方

キャンドル手作り資格

樹脂粘土でクリームサンドワッフルを作ろう

ワッフルは意外と簡単で、身近にある材料で形を作ることが出来ますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。今回は、クリームをたっぷり挟んだワッフルの作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でクリームサンドワッフルの材料
(全て100均)

・樹脂粘土の白
・CDケース又は平たく固いもの
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶
・消しゴム
・カッター又はデザインナイフ
・クリアファイル、10×10㎝くらいにカットしたクリアファイル
・歯ブラシ
・水
・ファンデーションのスポンジ
・筆
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート
・ティッシュ
・爪楊枝
・紙コップ
・割り箸
・フルーツパーツ(粘土で作った物でも、100均にある物でもいいですが、粘土で作った方が馴染みやすいです。)
・両面テープ

樹脂粘土でクリームサンドワッフルの作り方

①まず、ワッフルの凹みを作る為の物を作ります。消しゴムを用意します。ワッフルの大きさに会う四角い凹みのサイズになるように、カッター又はデザインナイフでカットします。大体ワッフルの長さ4分の1程度がいいと思います。これをスタンプの様に使います。

②手を洗ってから、樹脂粘土を取り出してこねます。軽量スプーンでワッフルの大きさを決めてから測ります。2個分測って1度まとめます。アクリル絵の具の白を混ぜてこねます。次に黄土色を少しずつ様子を見ながら混ぜてこねます。ワッフルを焼く前の色をイメージしてください。出来たらもう1度軽量スプーンで測りましょう。手のひらでコロコロと転がして丸めてラップに包んでおきましょう。

③クリアファイルに挟み、CDケース又は平たく固いもので押さえます。厚みはお好みで決めてください。

*ワッフルの型を付ける

クリアファイルの上にのせ、①で作った消しゴムハンコを使い、均等に間を空けながら押していきます。カッター又はデザインナイフで型を崩さない様に長方形にカットしましょう。歯ブラシで全体に質感を付けていきます。ワッフルなので、あまりボコボコさせない程度に軽く付けましょう。付けにくい溝部分は、爪楊枝などを使うと付けやすいです。2枚分同じものを作りましょう。

*乾燥2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*焼き色

10×10㎝くらいにカットしたクリアファイルに、黄土色、茶をそれぞれ出します。黄土色に水を足して筆で混ぜてください。ファンデーションのスポンジに付けたら、余分な水分をティッシュで取り除いてからワッフルに焼き色を付けます。凹んだ場所は、筆で付けるとやりやすいです。黄土色に茶を混ぜて全体に付けましょう。

*乾燥

絵の具が乾くまでそのまま乾燥させます。

生クリームを挟む

①まずは生クリームを作りましょう。紙コップに白の樹脂粘土を入れて、水少々とボンドを加えます。割り箸でよく混ぜてください。少し硬めの方がいいです。

②クリアファイルに両面テープを貼り、ワッフルを付けて、生クリームを爪楊枝でのせていきます。もう1枚のワッフルで挟んでください。その上にも生クリームをちょこんとのせて、ボンドでフルーツパーツを付けます。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

レジンキャンドル作り方

大人気のアロマヒーリングセラピストについての口コミや評判まとめ

本当に大人気のアロマヒーリングセラピスト、アロマは心を落ち着かせてくれたりストレス発散などの効果があるようで、 ストレス社会といわれている…

ページ上部へ戻る