樹脂粘土で簡単スイーツデコクレープの作り方

樹脂粘土でクレープを作ろう

甘いものが大好きな方にとって、クレープは絶対外せないスイーツではないでしょうか?
今回は、樹脂粘土を使います。
樹脂粘土は、手触りがよく、乾燥させると透明感がでます。見ためも甘くて美味しそうなクレープを作ってみましょう。

樹脂粘土でクレープの材料(全て100均)

・樹脂粘土の白
・紙粘土(出来ればかるい紙粘土、なければ普通の紙粘土でいい)
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶
・ラップ
・クリアファイル(そのままのを1枚、約10×10㎝くらいにカットした物数枚)
・水
・ペンなどの丸みがあるもの
・ティッシュ
・筆
・ファンデーションのスポンジ
・歯ブラシ
・スイーツパーツ
・ボンド
・クッキーの丸い型抜き
・CDケース、又は平たくて固い物
・生地を伸ばす棒
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート

樹脂粘土でクレープの作り方

①まずは、白い樹脂粘土を袋から取り出して、よくこねます。(樹脂粘土というのは紙粘土とは違い、初めは固くなっています。よくこねる事で扱いやすくなってきます。そして、そのまま使ってしまうと、ひび割れがおきやすくなるようです。)よくこねた樹脂粘土に、アクリル絵の具の白、を混ぜます。よく混ざったら、黄土色を少しずつ入れていきます。出来るだけ薄めで大丈夫です。

②着色した樹脂粘土を手のひらでクルクルと丸めたら、クリアファイルに挟みます。(クリアファイルは綺麗な物を使って下さい。使い古したものだと、小さなゴミや汚れが付いて汚くなりやすいです。)挟んだら、上からCDケース又は平たく固い物でグイグイと押し付けて下さい。クレープ生地のように薄く薄くしていきます。ある程度まで薄く伸ばしたら、さらに生地を伸ばす丸い棒を使って薄く薄く伸ばして下さい。

③伸ばしたら、クリアファイルから取り出し、上に置きます。歯ブラシで全体にボコボコとした質感を付けて下さい。あまり強くやり過ぎると粘土に穴が開いてしまうので、軽くポンポンと弾くようにするといいと思います。裏返しにすると質感が取れやすいので、今回は片面のみに付けましょう。クレープ生地には、焼いた時に丸い焼き跡ができるので、ペンなどの丸いところを使って円になる様に、所々に軽く凹んだ場所を作りましょう。

④クッキーの丸い抜き型を使ってくり抜いて下さい。今度は、くり抜いた丸い生地の周りをペンなどの丸みがあるものでグイグイと押し付けて皺を作ります。

*焼き色を付ける

まだ乾いていない状態ですが、先に焼き色を付けましょう。なぜかと言えば、クレープ生地を折り曲げるため、折り曲げてしまった後では、焼き色が上手く付けられないからです。小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の黄土色、茶をのせます。水をたらして黄土色とよくまぜたら、ファンデーションのスポンジにつけます。ティッシュで余分な水分をとり、全体にポンポンとして下さい。裏も同様にします。今回は薄めの焼き色にしますので、茶単品では付けません。黄土色と茶を混ぜたもので、盛り上がった所や、縁周りを中心に付けましょう。

樹脂粘土でクレープの成形

①出来たクレープ生地が乾かないうちに少しずらして半分に折り曲げます。中の方にボンドを薄く伸ばして接着して下さい。半分にした片側を少しクルクルと巻き、その中をボンドで接着します。クレープ屋さんの店頭に並んでいる食品サンプルのイメージと言えばお分かりになるでしょうか。

②クレープ生地が乾いたら、クリームを作ります。紙粘土に水少々とボンド少々を混ぜたものを作り、クレープの上にお好きな量をのせます。その上にフルーツなどのトッピングパーツをのせます。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス、又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

アクセサリーキャンドル資格

仕事と趣味を活かしたキャンドルアドバイザー

仕事と趣味を活かしたキャンドルアドバイザー 心や体を優しい光で癒してくれるキャンドルは、自分で形や色、香りなどを自分好みに自由に組み合わせ…

ページ上部へ戻る