樹脂粘土で簡単スイーツデコソフトクリームとチョコレートクグロフの作り方

樹脂粘土でソフトクリームを作ろう

甘くて冷たいスイーツの定番。柔らかいクリームと、パリパリのワッフルコーンのソフトクリームの作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でソフトクリームの材料(全て100均)

・樹脂粘土の白
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶
・水
・筆
・ティッシュ
・クリアファイル、10×10㎝くらいにカットしたクリアファイル数枚
・軽量スプーン
・ラップ
・ラップの刃
・ラッピング用のフィルム
・セロファンテープ
・ペンチ
・ニッパー
・歯ブラシ
・ボンド
・紙コップ
・割り箸
・消しゴム
・カッター又はデザインナイフ
・クッキーの丸い型抜き
・CDケース又は平たく固いもの
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート

樹脂粘土でソフトクリームの作り方

①まずは絞り袋の準備からします。ラッピング用のフィルムを折り紙くらいの大きさにカットします。筒状にクルクルと巻いて、片方だけ穴が開いてない状態にします。円錐の形になります。外側をセロファンテープでしっかり止めて下さい。ラップの刃を、クリームの太さ分の長さにニッパーでカットしたら、丸めて金口を作りセロファンテープで止めます。刃の先をペンチで少し内側にいれて下さい。円錐にしたフィルムの先を少しカットして、金口をセロファンテープで固定します。

②ワッフルコーンの準備をします。小さくカットしたクリアファイルを、絞り袋同様に、円錐にします。セロファンテープでしっかり止めたら、穴が空いてる方を真っ直ぐにカットして下さい。ワッフルコーンをのせて乾燥させる時に使います。

③消しゴムをカッター又はデザインナイフで、ワッフルの四角い溝の大きさにカットして、ハンコを作ります。四角の大きさは、大体ワッフルの幅の4分の1程度がいいと思います。

④しっかり手を洗ってから、樹脂粘土を取り出してこねます。アクリル絵の具の白を混ぜてこねたら、黄土色を様子を見ながら混ぜてこねましょう。ワッフルを焼く前の色をイメージして下さい。1度丸めておきます。

⑤クリアファイルに丸めた粘土を挟み、CDケース又は平たく固いもので押さえて薄くします。クリアファイルの上に取り出して、歯ブラシで軽く質感を付けましょう。クッキーの丸い型抜きでくり抜きます。縁周りにもう1度歯ブラシで質感を付けて下さい。四角にカットした消しゴムを等間隔に真っ直ぐに押していきます。質感が取れた所は付け直しましょう。

*焼き色

今回は、重なる所があるので、乾く前に付けます。スポンジだと崩れやすいので、筆を使います。アクリル絵の具の黄土色、茶を小さくカットしたクリアファイルにそれぞれのせたら、黄土色に水を加えて筆で混ぜます。ティッシュで余分な水分をしっかり取ってから、全体に付けます。黄土色に茶を混ぜて、焼き色が濃くなる所を中心に付けます。

*乾燥

クリアファイルの上で、5分ほど乾燥させます。

*ワッフルコーンの形

まだ柔らかいうちに、ワッフルコーンの形にして、重なる所をボンドで接着して下さい。

*乾燥

最初に作ったクリアファイルの円錐にコーンを被せて、2〜7日ほどしっかり乾燥させます。

*クリーム

樹脂粘土の白を紙コップに適量入れて、水、ボンドを少し入れて割り箸で混ぜます。今回のクリームは固めです。作った絞り袋に入れて、ワッフルコーンにぐるぐると、本物のクリームの様に丁寧にのせていきます。

*乾燥

余った樹脂粘を丸めてクリアファイルにのせ、丸めた粘土に円錐にしたクリアファイルをさします。中にワッフルコーンのソフトクリームを入れて、そのまま2〜7日ほどしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

樹脂粘土でチョコレートクグロフを作ろう

名前からしてとってもおしゃれなスイーツですよね。そんな、ふわふわして甘くて美味しそうなチョコレートクグロフの樹脂粘土を使った作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でチョコレートクグロフの材料(全て100均)

・樹脂粘土の白、チョコレート色(あれば)
・定規
・歯ブラシ
・爪楊枝
・ファンデーションのスポンジ
・水
・筆
・ボンド
・ラップ
・ストロー(クグロフの真ん中をくり抜くのに使う)アクリル絵の具の白、黄土色、黒、茶
・紙コップ
・割り箸
・クリアファイル、10×10㎝くらいにカットしたクリアファイル数枚
・軽量スプーン
・両面テープ
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート

重曹樹脂粘土でチョコレートクグロフの作り方

①まずは小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の黒と茶を混ぜてチョコレート色を作ります。(もし、樹脂粘土のチョコレート色があればそちらを使ってもいいです。)

②手を洗ってから樹脂粘土の白を取り出してこねます。チョコレートクグロフの大きさを決めてから、軽量スプーンで測り、アクリル絵の具の白を混ぜてこねます。次に黄土色を少し混ぜてこねます。次に、先ほど作ったチョコレート色をたっぷり混ぜてこねましょう。(黄土色を入れるのは、チョコレートではなく、チョコレート色のスポンジだからです。)こねたら、手のひらでコロコロ転がして丸めて下さい。チョコレート色の樹脂粘土がある場合は、そちらに、樹脂粘土の白と黄土色を混ぜたものを1対1で混ぜてもいいです。

③クリアファイルにこねた粘土をのせて円錐(えんすい)にし、円錐台(えんすいだい)の形になるように、上から定規で軽く押さえて下さい。(円錐台とは、プリンの様な形の事をいいます。)

④ストローで円錐台の真ん中をくり抜きます。崩れない様に少しずつ回しながら押さえるとやりやすいです。くり抜いた粘土は、ラップに包んでおきます。

⑤チョコレートクグロフに溝を付けます。定規をチョコレートクグロフの横に、斜めのラインになる様に添えたら、下から上に向かって湾曲する様に押さえて溝を付けます。等間隔に一周全てに付けて下さい。チョコレートクグロフの下の方に、定規で横に一周溝を付けます。

⑥溝を消さない様に、歯ブラシで全体にボコボコした質感を、しっかり付けます。溝に歯ブラシが入らない場合は、爪楊枝や針などを使って何度も刺して質感を付けて下さい。くり抜いた真ん中もしっかり付けましょう。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*チョコレートをかける

①クグロフの真ん中をくり抜いた時に余った樹脂粘土を、紙コップにいれます。水とボンドも少し入れて、割り箸で混ぜます。ドロッとするまで水をたしましょう。

②クリアファイルに両面テープを貼り、チョコレートクグロフをのせます。先ほど作ったチョコレートを、爪楊枝で天辺に付けて下さい。横に垂れた感じにすると、よりリアルになります。乾く前に重曹をパラパラとかけると、粉砂糖のようになります。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

ページ上部へ戻る