樹脂粘土で簡単スイーツデコチュロスの作り方

樹脂粘土でチュロスを作ろう

お祭りなどのイベントによく屋台で販売されているチュロス。とっても美味しいですよね。今回は樹脂粘土を使って美味しそうなチュロスの作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でチュロスの材料(全て100均)

・樹脂粘土の白
・アクリル絵の具の白、赤、黄土色、茶
・ラップ
・ラップの刃(金属)
・プレゼント用の透明フィルム
・水
・クリアファイルを1枚にしたものと、10×10㎝くらいにカットしたもの数枚
・カッター、又はデザインナイフ
・ティッシュ
・筆
・ファンデーションのスポンジ
・セロファンテープ
・歯ブラシ、又は針
・金属用のハサミ、又はニッパー
・ペンチ
・水性透明ニス、又はマニキュアのトップコート

絞り出し袋の作り方

まずは、準備から始めましょう。綺麗な線が入ったチュロスを作るには、材料が必要になります。プレゼントを包むのによく使われている透明フィルムを10×10㎝くらいにカットします。それをクルクルと筒状になる様に丸めていきます。絞り出し袋をイメージして、先を細くします。先は後でカットするので、穴が見えなくて大丈夫です。出来たらセロファンテープで止めて下さい。次に金属のラップの刃を2㎝くらい〜お好きな大きさにカットします。丸めて絞り出し袋にセットしますので丸めながら好きな大きさにしてもいいです。いらないところは金属ハサミ、又はニッパーでカットします。丸めたら、セロファンテープで固定して下さい。刃をペンチで軽く内側に曲げます。先程筒状に作った先端をハサミで少し切り取り刃と、フィルムをセロファンテープで空気が入らない様にぴったりくっつけて下さい。これで、チュロスの絞り出し袋が出来ました。

樹脂粘土でチュロスの作り方

①しっかり手を洗って下さい。手に埃や汚れがある場合、樹脂粘土につきやすく、取れにくいです。樹脂粘土を取り出して、よくこねて下さい。両方の親指と人差し指でつまんで伸ばしてまとめる、を繰り返していくといいと思います。よくこねたら、アクリル絵の具の白を混ぜてよくこねて下さい。そこに黄土色を少しずつ混ぜて、またこねます。ほんの少しだけ水を混ぜて柔らかくして下さい。ピンク色のチュロスを作りたい方は、ほんの少しだけ赤を混ぜましょう。

②混ぜた粘土を始めに作った絞り出し袋に入れていきます。クリアファイルの上に絞り出して下さい。同じ強さで絞るのがポイントです。お好みの長さになったら止めて、形を整えましょう。丸みがあるチュロスにしたい方はこの時に形を決めて下さい。

③柔らかいので、表面が少し固くなるまでそのまま放置してから、質感を付けます。歯ブラシの先を使って、絞った形が崩れない様に優しくポンポンとします。崩れそうで怖いと思ったら、針でひたすら刺していきます。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*焼き色を付ける

小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の黄土色、茶をそれぞれ出します。先に黄土色に水を少し入れて筆で混ぜましょう。ファンデーションのスポンジに付けたら、余分な水分を軽く取り除きます。チュロス全体に付けましょう。丸みがあるチュロスの場合、重なった所は付けにくいので、筆を使って下さい。スポンジ同様に、ティッシュで水分を取り除いてから付けましょう。次に、黄土色に茶を混ぜたもので同じ様に付けて下さい。

*乾燥

絵の具がしっかり乾くまで置いておきます。

*仕上げ

しっかり乾燥させたら、水性透明ニス、又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

レジンキャンドル作り方

大人気のアロマヒーリングセラピストについての口コミや評判まとめ

本当に大人気のアロマヒーリングセラピスト、アロマは心を落ち着かせてくれたりストレス発散などの効果があるようで、 ストレス社会といわれている…

ページ上部へ戻る