樹脂粘土で簡単スイーツデコチョコレートクグロフの作り方

アクセサリーキャンドル資格

樹脂粘土でチョコレートクグロフを作ろう

名前からしてとってもおしゃれなスイーツですよね。そんな、ふわふわして甘くて美味しそうなチョコレートクグロフの樹脂粘土を使った作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でチョコレートクグロフの材料(全て100均)

・樹脂粘土の白、チョコレート色(あれば)
・定規
・歯ブラシ
・爪楊枝
・ファンデーションのスポンジ
・水
・筆
・ボンド
・ラップ
・ストロー(クグロフの真ん中をくり抜くのに使う)アクリル絵の具の白、黄土色、黒、茶
・紙コップ
・割り箸
・クリアファイル、10×10㎝くらいにカットしたクリアファイル数枚
・軽量スプーン
・両面テープ
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート

重曹樹脂粘土でチョコレートクグロフの作り方

①まずは小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の黒と茶を混ぜてチョコレート色を作ります。(もし、樹脂粘土のチョコレート色があればそちらを使ってもいいです。)

②手を洗ってから樹脂粘土の白を取り出してこねます。チョコレートクグロフの大きさを決めてから、軽量スプーンで測り、アクリル絵の具の白を混ぜてこねます。次に黄土色を少し混ぜてこねます。次に、先ほど作ったチョコレート色をたっぷり混ぜてこねましょう。(黄土色を入れるのは、チョコレートではなく、チョコレート色のスポンジだからです。)こねたら、手のひらでコロコロ転がして丸めて下さい。チョコレート色の樹脂粘土がある場合は、そちらに、樹脂粘土の白と黄土色を混ぜたものを1対1で混ぜてもいいです。

③クリアファイルにこねた粘土をのせて円錐(えんすい)にし、円錐台(えんすいだい)の形になるように、上から定規で軽く押さえて下さい。(円錐台とは、プリンの様な形の事をいいます。)

④ストローで円錐台の真ん中をくり抜きます。崩れない様に少しずつ回しながら押さえるとやりやすいです。くり抜いた粘土は、ラップに包んでおきます。

⑤チョコレートクグロフに溝を付けます。定規をチョコレートクグロフの横に、斜めのラインになる様に添えたら、下から上に向かって湾曲する様に押さえて溝を付けます。等間隔に一周全てに付けて下さい。チョコレートクグロフの下の方に、定規で横に一周溝を付けます。

⑥溝を消さない様に、歯ブラシで全体にボコボコした質感を、しっかり付けます。溝に歯ブラシが入らない場合は、爪楊枝や針などを使って何度も刺して質感を付けて下さい。くり抜いた真ん中もしっかり付けましょう。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*チョコレートをかける

①クグロフの真ん中をくり抜いた時に余った樹脂粘土を、紙コップにいれます。水とボンドも少し入れて、割り箸で混ぜます。ドロッとするまで水をたしましょう。

②クリアファイルに両面テープを貼り、チョコレートクグロフをのせます。先ほど作ったチョコレートを、爪楊枝で天辺に付けて下さい。横に垂れた感じにすると、よりリアルになります。乾く前に重曹をパラパラとかけると、粉砂糖のようになります。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格

口コミや評判でも話題のアロマライフインストラクター認定試験とは

アロマライフインストラクターの認定試験のネットや評判でも話題で人気のようです、仕事のためやより良い生活を送るためにアロマライフインストラクタ…

ページ上部へ戻る