樹脂粘土で簡単スイーツデコチョコレートケーキの作り方

樹脂粘土でチョコレートケーキを作ろう

ほろ苦いチョコレートケーキもいいですが、やっぱりケーキは甘い方がいいですね。今回は、チョコレートパーツのトッピングも作りながら、樹脂粘土を使ったチョコレートケーキの作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でチョコレートケーキの材料(全て100均)

・樹脂粘土白、チョコレート色(あれば)
・アクリル絵の具の白、黄土色、黒、茶、
・お好きなネイルパーツ
・ストロベリー
・ブルーベリー(100均のパーツでもいいが、樹脂粘土で作ったストロベリーやブルーベリーだと更にいい)
・カッター又はデザインナイフ
・クリアファイル、10×10㎝くらいにカットしたクリアファイル数枚
・歯ブラシ
・軽量スプーン
・ラップ
・水
・ボンド
・マジックなどの表面がツルツルした丸い物
・ネイル用の筆
・ピンセット
・CDケース又は平たく固いもの
・紙コップ
・割り箸
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート
・両面テープ

樹脂粘土でチョコレートケーキの作り方

*スポンジ

①小さくカットしたクリアファイルの上にアクリル絵の具の茶と黒を出して、様子を見ながらチョコレート色にします。手を洗ったら、白の樹脂粘土を取り出して、軽量スプーンで、ケーキの大きさを決めてから2個分測り1度まとめます。(スポンジを2枚重ねてケーキを作ります。)こねたら、アクリル絵の具の白を混ぜてこねます。次に黄土色を混ぜてこねます。更にチョコレート色を様子を見ながら混ぜてください。チョコレートのスポンジをイメージするといいですね。(チョコレート色の樹脂粘土がもしあれば、そちらを混ぜてもいいですね。)もう1度軽量スプーンで測り、丸めてからラップをします。

②測ったスポンジ用の粘土を2つともクリアファイルに挟み、CDケース又は平たく固いもので半分位の厚さまで押さえます。クリアファイルの上にのせて、歯ブラシでボコボコとした質感を付けましょう。横は、質感を付けながら平らにしてください。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

樹脂粘土でチョコレートのパーツの作り方

①最初に作ったチョコレート色の要領でアクリル絵の具で作っておきます。(チョコレート色の樹脂粘土があればそちらをそのまま使います。)白の樹脂粘土にアクリル絵の具の白を混ぜてこねます。先に作ったチョコレート色を多めに混ぜてこねます。こねたら丸めます。思った以上にチョコレート色を入れないと、色が付かないので思い切ってたくさん入れましょう。

②クリアファイルに丸めた粘土をのせて指で押さえ、転がしながら細長く伸ばします。クリアファイルに挟み、CDケースでグイッと押して薄くします。クリアファイルの上に戻し、カッターで真っ直ぐな長方形になるようにカットします。ペンなどの丸みを使って、クルクルと巻きつけてチョコレートパーツの形を作りましょう。巻く前にアクリル絵の具の白でラインや絵などを描いておくのもいいと思います。

*乾燥

巻いたまま2〜7日ほど乾燥させます。

チョコレートクリームでデコレーションをしよう

チョコレート色の粘土を作り、紙コップに入れます。水とボンドを入れて、割り箸で混ぜます。ドロッとするまで、様子を見ながら水を足します。クリアファイルに両面テープを貼り、スポンジ用粘土をのせます。クリームを爪楊枝を使ってたっぷりのせてスポンジで挟み、上には平らになるようにのせます。横にとろりと垂らしてもいいですね。クリームが乾く前に、用意したトッピングパーツを好きなようにのせます。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピ作り方資格

子どもから大人まで楽しめるキャンドルの資格取得

子供も大人も大好きなキャンドル作りで癒されながら資格を取得 キャンドルの灯りは、電気の明るさとはまた違う良さがあります。揺らめく灯りを眺め…

ページ上部へ戻る