樹脂粘土で簡単スイーツデコトロペジェンヌの作り方

樹脂粘土でトロペジェンヌを作ろう

フランスの代表的なスイーツ。ブリオッシュのパンは日本で言うと、菓子パンに近いですがとてもおしゃれでシンプルな懐かしい感じのスイーツです。今回は、樹脂粘土でトロペジェンヌの作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でトロペジェンヌの材料

(全て100均)

・樹脂粘土の白
・紙粘土少し(あれば)アクリル絵の具の白、黄土色、茶
・ティッシュ
・水
・筆
・ファンデーションのスポンジ
・生姜などの小さなおろし金
・歯ブラシ
・爪楊枝
・ボンド
・プレゼント用のフィルム
・セロファンテープ
・ラップの刃(数センチ)
・紙コップ
・割り箸
・ラップ
・軽量スプーン
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート・カッター又はデザインナイフ

樹脂粘土でトロペジェンヌの作り方

*絞り出し袋

①先に絞り出し袋を作ります。プレゼントを包むのによく使われている透明フィルムを10×10㎝くらいにカットします。それをクルクルと筒状になる様に丸めていきます。絞り出し袋をイメージして、先を細くします。先は後でカットするので、穴が見えなくて大丈夫です。出来たらセロファンテープで止めて下さい。

②次に金属のラップの刃を2㎝くらい〜お好きな大きさにカットします。丸めて絞り出し袋にセットしますので丸めながら好きな大きさにしてもいいです。いらないところは金属ハサミ、又はニッパーでカットします。丸めたら、セロファンテープで固定して下さい。

③刃をペンチで軽く内側に曲げます。先程筒状に作った先端をハサミで少し切り取り刃と、フィルムをセロファンテープで空気が入らない様にぴったりくっつけて下さい。

*ブリオッシュ

①まずしっかり手を洗ってから樹脂粘土の白を取り出してこねます。ブリオッシュの大きさを大体きめてから、軽量スプーンで2枚分測り、1度まとめます。(それとは別にほんの少し平らにして乾燥させておきます。)アクリル絵の具の白を混ぜてこねたら、黄土色を少しずつ様子を見ながら混ぜてこねます。パンを焼く前の色をイメージして下さい。

②もう1度軽量スプーンで2枚分測り、1枚分ラップに包みます。手のひらでコロコロ転がして丸めたら、クリアファイルにのせて歯ブラシでボコボコとした質感を付けましょう。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*ザクザク砂糖

平らにして乾燥させておいた樹脂粘土を半分おろし金でおろし、半分は、カッター又はデザインナイフで小さくランダムにカットします。

*焼き色

小さくカットしたクリアファイルにアクリル絵の具の黄土色と茶をそれぞれ出します。黄土色に水を加えて筆で混ぜたら、ファンデーションのスポンジに付け、ティッシュで余分な水分を取り除き焼き色を付けます。黄土色に茶を混ぜたら、同じように焼き色を付けます。

*カスタード

紙コップに白の樹脂粘土とアクリル絵の具の白、水少量、ボンドを入れて、割り箸でしっかり混ぜ合わせます。少し硬めにして下さい。絞り出し袋に入れて、乾燥したブリオッシュに綺麗に絞り出して下さい。出来たら上にもう1枚のブリオッシュをのせます。

*トッピング

小さくカットしたザクザク砂糖をボンドでのせます。更におろした物をパラパラと接着して下さい。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

手作りハンドメイドピックアップ記事

手作りレシピキャンドルレジン

キャンドルデザインマスター認定試験の口コミや評判まとめました!合格してアーティストの仲間入り?

女性に人気のアイテムのキャンドルを使用して、癒し効果などを作り上げる人気のキャンドルデザインマスターについて ご紹介させていただきます!人…

ページ上部へ戻る