樹脂粘土で簡単スイーツデコパリブレストの作り方

キャンドル作り方

樹脂粘土でパリブレストを作ろう

シュー生地の様なパリパリで香ばしい食感の生地にクリームがたっぷり入ったスイーツです。今回は樹脂粘土で生クリームと、カスタードクリームの2種類のクリームを挟んだパリブレストの作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でパリブレストの材料

(全て100均)

・樹脂粘土の白
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶、
・水
・ボンド
・ラップ
・筆
・歯ブラシ
・紙コップ2個
・割り箸
・クリアファイル、10×10㎝ほどにカットしたクリアファイル数枚
・カッター又はデザインナイフ
・ベーキングパウダー
・軽量スプーン
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート
・ストロー(真ん中に穴を開けるので、パリブレストの大きさに合わせて用意して下さい。)
・針
・爪楊枝
・ピンセット
・ティッシュ

樹脂粘土でパリブレストの作り方

*クランブル

①まずはしっかり手を洗ってから、樹脂粘土の白を、少量取り出してこねます。アクリル絵の具の黄土色を少し混ぜてしっかりこねましょう。

②クリアファイルの上にのせて、歯ブラシで全体的にボコボコとした質感を付けたら、歯ブラシで樹脂粘土の隅から書き出すようにしてボロボロに細かくしましょう。

*乾燥2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*パリブレストの土台

①樹脂粘土の白を取り出したら、パリブレストの大きさを決めてから、軽量スプーンで2枚分量を測って1度まとめます。

②アクリル絵の具の白を混ぜてこねたら、黄土色を少しずつ様子を見ながら混ぜてこねましょう。パリブレストを焼く前の色を、イメージして下さい。

③もう1度軽量スプーンで2枚分に分けたら、1枚分は丸めてラップに包んでおきましょう。もう1枚分を丸めてクリアファイルの上にのせて下さい。ストローを使って、真ん中に穴を開けます。ゆっくりとねじりながらくり抜くとやりやすいです。

④歯ブラシで表面全体にボコボコとした質感をしっかり付けて下さい。くり抜いた穴は、爪楊枝や針を刺して質感を付けましょう。もう1枚分も同じように作って下さい。この時に、円の大きさが同じになるように気をつけて下さい。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*パリブレストに挟むクリーム2種類

①樹脂粘土の白を取り出して、こねたら、アクリル絵の具の白を混ぜてこねます。

②紙コップに①の粘土と、水、ボンドを入れて割り箸でしっかり混ぜ合わせます。あまり柔らかいとやりにくいので、水を入れすぎないように注意して下さい。

③半分取り出して、別の紙コップに入れます。アクリル絵の具の黄土色を少し入れて、カスタードクリームの色にして下さい。

*トッピング

乾燥したパリブレストの土台に、カスタードクリームを爪楊枝で丁寧にのせていきます。多少はみ出るくらいなら大丈夫です。

*乾燥

半日ほどそのまま置いておきましょう。

④カスタードクリームが少し固まったら、その上に爪楊枝で生クリームをのせて下さい。同じくらいの厚さになるようにして下さい。

⑤生クリームの上にもう1枚のパリブレストの土台をのせて下さい。表面に爪楊枝で所々ボンドを付けたら、1番最初に作ったクランブルを接着していきます。沢山載せるとさらに美味しそうになります。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗ってベーキングパウダーをパラパラとかけたら完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

キャンドル資格人気

キャンドル資格ランキング

たまには電気を消してキャンドルのもとで幻想的な時間を・・。お風呂に浮かべて優雅なバスタイムを・・。枕元に置いてリラックス効果を・・。今、日常…

ページ上部へ戻る