樹脂粘土で簡単スイーツデコフルーツエクレアとロールクッキーとポットの作り方

キャンドル資格

樹脂粘土でフルーツエクレアを作ろう

爽やかなフルーツとクリームをたっぷり挟んだふわふわサクサクのフルーツエクレアの樹脂粘土を使った作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でフルーツエクレアの材料

(全て100均)

樹脂粘土の白
・ピンセット
・爪楊枝
・ゴールド又はシルバーのブリオン
・ピンセット
・割り箸
・紙コップ
・水
・ボンド
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶、赤、緑、青
・油性ペン
・フルーツパーツ(市販品でもいいが、出来れば粘土で作ったストロベリー、ブルーベリー)
・クッキングシート
・ベーキングパウダー・クリアファイル、10×10㎝ほどにカットしたクリアファイル数枚
・歯ブラシ
・軽量スプーン
・ラップ
・カッター又はデザインナイフ
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート

樹脂粘土でフルーツエクレアの作り方

*キウイ

①まずしっかり手を洗ってから、樹脂粘土の白を取り出してこねます。半分にして、1つには、アクリル絵の具の白を混ぜてこねます。もう1つには、緑を少し混ぜてこねましょう。

②緑にした樹脂粘土を、好きな大きさ(エクレアに合わせた大きさ)のスライスしたキウイの大きさにします。1度丸めてから楕円にして、指で押すと綺麗に出来ます。

③真ん中に爪楊枝を刺して穴を開けて下さい。やりにくい場合は、ピンセットで少し真ん中の粘土を取り除いてから爪楊枝で整えましょう。①で白を混ぜた樹脂粘土を真ん中にうめます。

④カッター又はデザインナイフででキウイの筋を真ん中に向けて沢山入れて下さい。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルのスライスでしっかり乾燥させます。

*種

キウイの白い所の近くの緑の所に、油性ペンで沢山種を描きます。

*エクレアの生地

①樹脂粘土の白に、アクリル絵の具の白を混ぜてこねたら、黄土色を少しずつ様子を見ながら混ぜてこねましょう。エクレアを焼く前の色をイメージして下さい。そこに、ベーキングパウダーを少量入れて混ぜてこねます。

②手のひらでコロコロ転がしてシワや割れ目が無いように丸めてから、クリアファイルの上で軽く押さえながら、細長くエクレアの形にして下さい。

③歯ブラシで全体に質感を軽く付けます。次に、爪楊枝で凹ませたり割れ目を作ってリアルな感じの質感を付けましょう。

*レンジ

クッキングシートの上にのせて、レンジで10秒ほど加熱します。取り出して形を整えましょう。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*エクレアカット

乾燥したエクレアの土台を、カッター又はデザインナイフで横に半分にカットします。

*クリーム

①樹脂粘土の白を取り出してこねます。次に、アクリル絵の具の白を混ぜてこねます。

②紙コップを3個用意して下さい。①の樹脂粘土を3個に分けてそれぞれに入れます。アクリル絵の具で色付けします。1つには、赤を少し入れます。1つには、緑を少し入れます。1つには、赤と青で紫にして入れます。それぞれに、水少量、ボンド少量入れて割り箸でしっかり混ぜ合わせて下さい。

*挟む

紙コップに作ったクリームを、エクレアにそれぞれ爪楊枝でのせていきます。ピンセットで、ピンクにはストロベリー、緑にはキウイ、紫にはブルーベリーをのせていきます。更にクリームを塗ってから、エクレアを上からのせて挟みます。ブリオンを間に付けます。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って、ベーキングパウダーを上からパラパラかけたら完成です。

樹脂粘土でロールクッキーとポットを作ろう

サクサクしてほんのり甘いロールクッキーとポットを一緒に飾ると、ちょっとしたティータイムの演出が出来ますよね。カップとお皿は別で紹介させて頂きますので、今回は、目で見て癒されるような、シンプルなロールクッキーとポットの作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でロールクッキーとポットの材料(全て100均)

・樹脂粘土の白
・アクリル絵の具の白、黄土色、茶、
・ドットペン(ネイルコーナー)
・水
・ティッシュ
・水性透明ニス又はマニキュアのトップコート
・カッター又はデザインナイフ
・歯ブラシ
・ファンデーションのスポンジ
・筆
・クリアファイル、10×10㎝くらいにカットしたクリアファイル数枚・CDケース又は平たく固いもの
・ラップ
・クッキーの丸い型抜き
・ボンド

樹脂粘土でロールクッキーとポットの作り方

まずはロールクッキーから作りましょう。

*ロールクッキー

①まずは手を洗ってから、樹脂粘土の白をこねて、アクリル絵の具の白を混ぜてこねます。次に黄土色を少しずつ様子を見ながら混ぜてしっかりこねます。クッキーを焼く前の生地をイメージして下さい。手のひらでコロコロ転がしながら丸めます。

②丸めた粘土をクリアファイルに挟んで、上からCDケース又は平たく固いものでグッと押さえて薄くします。

③クリアファイルにのせて、クッキーの丸い型抜きで必要な枚数だけくり抜きます。歯ブラシで質感を裏表しっかり付けます。

*焼き色

まだ乾燥する前に、焼き色を付けていきます。小さくカットしたクリアファイルに、アクリル絵の具の黄土色と茶をそれぞれだします。黄土色に水を加えて筆で混ぜます。ファンデーションのスポンジに付けて、ティッシュで余分な水分を取り除いてから、焼き色を付けていきます。黄土色に茶を混ぜて、円の縁周りにポンポンと付けて下さい。

*クッキーを丸める

焼き色を付けたら、クルッと筒状にします。重なり合った所をボンドで接着して下さい。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

*ポット

①樹脂粘土の白を取り出してこねたら、アクリル絵の具の白を混ぜてこねます。取っ手部分の粘土を少し残してラップに包んでおきましょう。手のひらでコロコロ転がしながら丸めたら、クリアファイルの上でも、手で押さえながらコロコロ転がして、少し長くします片方を少し狭くして下さい。

②太い方が下になるように置き直し、ドットペンで上から少しずつ穴を開けていきます。やりにくい場合は、ペンなどの丸くなった部分があれば、そちらを使って下さい。入り口に注ぎ口が欲しいので、指で少し摘んで三角にして、ドットペンで形を整えて下さい。

③残しておいた取っ手部分の樹脂粘土をよくこねてから、クリアファイルの上で指で押さえながらコロコロ転がして、棒状にします。ポットの注ぎ口と反対側にボンドを少しつけたら、棒状にした樹脂粘土を、取っ手の形になるように接着して下さい。全体にシワや割れ目が付いていたら、水を少し付けた指やドットペンを使って綺麗に整えましょう。

*乾燥

2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又はマニキュアのトップコートを塗って完成です。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

レジンキャンドル作り方

大人気のアロマヒーリングセラピストについての口コミや評判まとめ

本当に大人気のアロマヒーリングセラピスト、アロマは心を落ち着かせてくれたりストレス発散などの効果があるようで、 ストレス社会といわれている…

ページ上部へ戻る