樹脂粘土で簡単スイーツデコベリータルトの作り方

樹脂粘土でベリータルトを作ろう

ほんのり甘酸っぱいブルーベリーとラズベリーのたっぷりのせたタルトの作り方をご紹介致します。

樹脂粘土でベリータルトの材料

(全て100均)

・100均の樹脂粘土の白(あれば赤、青、黒)
・水
・ラップ
・アクリル絵の具の白、赤、青、黒、黄土色、茶
・クリアファイル、10×10㎝ほどにカットしたクリアファイル
・定規
・歯ブラシ
・爪楊枝、又は竹串
・ドットペン(ネイルコーナーにある)
・ボンド
・水性透明ニス、又はマニキュアのトップコート
・CDケース、又は平らな固いもの
・クッキーなどの丸い型抜き
・カッター、又はデザインナイフ

樹脂粘土でベリータルトの作り方

①まずタルトの土台を作りましょう。手を洗ったら、樹脂粘土を取り出して、こねます。アクリル絵の具の白を混ぜてよくこねたら、黄土色を少しずつ様子をみながら混ぜて下さい。手のひらでコロコロと転がして丸めて下さい。クリアファイルに挟んで、CDケースなどの平たく固いものでグッと押さえつけます。クッキーなどの型抜きを使い、丸くくりぬきます。残った粘土をカッター又はデザインナイフで細長くカットしたら、丸くくり抜いた粘土に巻きつけてその円の長さでカットして下さい。

②丸い方と、細長い方に歯ブラシでボコボコと質感を付けます。片側だけで大丈夫です。細長い方に、定規でギザギザになるように、等間隔に押さえて溝を付けます。みぞの部分にもう1度歯ブラシで質感を付けます。丸いほうの周りにボンドを薄く付けて、細長い方をぐるっと一周接着します。これがタルトの土台になります。

*ブルーベリー

①樹脂粘土の白に少しだけアクリル絵の具の白を混ぜてこねます。アクリル絵の具の赤と、青も様子をみながら混ぜてこねます。ブルーベリーの暗い色合いを出すため、少し黒を加えて下さい。たくさんの絵の具を混ぜるので、硬くなりやすいため、手早く行いましょう。タルトの土台に合わせた大きさのブルーベリーをイメージして、同じ大きさで沢山丸めます。

②丸めたら、爪楊枝を刺して粘土を軽く掘るように刺した所を中心に5箇所行います。星型のような感じですね。粉っぽい表現をする場合は、重曹を馴染ませるといいと思います。

*ラズベリー

①樹脂粘土の白に、アクリル絵の具の白を少し混ぜてこねます。そこに、赤を混ぜてこねます。ブルーベリーよりもかなり小さく丸めたものを沢山作ります。1個のラズベリーを作るのに10〜15個ほど必要になります。

②半日ほど乾燥させたら、爪楊枝の先にボンドをつけて小さく丸めたものを隙間なく接着します。

*乾燥そのまま2〜7日ほどクリアファイルの上で乾燥させます。

(爪楊枝から取るときは、軽くねじりながら取りましょう。)

*ベリータルトのパーツの接着

①乾燥したタルトの土台内側全体にボンドを付けて、樹脂粘土の白に、アクリル絵の具の白を混ぜてこねた粘土を埋めます。ブルーベリーとラズベリーにボンドを付けながら、その上にもりもりっと接着しましょう。沢山のせたほうが美味しそうに見えます。

*乾燥

そのまま2〜7日ほどクリアファイルの上でしっかり乾燥させます。

*仕上げ

水性透明ニス又は、マニキュアのトップコートを塗って完成です。

樹脂粘土でベリータルトの豆知識

グリーンを加えると色合いが良くなるので、もしあれば、100均の造花コーナーにある小さな葉っぱを1〜2枚のせるといいと思います。

キャンドル  キャンドル

関連記事

キャンドルの作り方を学ぼう!

手作りハンドメイドピックアップ記事

レジンキャンドル作り方

大人気のアロマヒーリングセラピストについての口コミや評判まとめ

本当に大人気のアロマヒーリングセラピスト、アロマは心を落ち着かせてくれたりストレス発散などの効果があるようで、 ストレス社会といわれている…

ページ上部へ戻る